記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

要注意!教習所の期間は○ヶ月。過ぎても延長はしてもらえない!

2018.7.6

そのうちなんとかなるという楽観的な気分で教習所に通っていると、いつの間にか免許取得ができる期限が切れてしまうこともあります。
期間が切れてしまったら基本的に延長の制度はなく、支払った費用も水の泡。これまでの講習にかかった時間も全部白紙の状態になるのでしょうか。

教習所で定められた期間と、最短・最低費用で免許を取得する方法、免許取得に関わる気になる話しをご紹介します。

こんな記事もよく読まれています

教習所の在籍期間は9ヶ月。基本的に延長はありません!

自動車教習所に入校してから卒業するまでの教習期限は決まっています。それは「9ヶ月」です。その間に学科教習と技能教習を修了させる必要があります。

型や中型、バイクの場合も同じです。9ヶ月あれば、運転免許を取得するために必要な知識や技能の習得ができると判断されているからです。

そのため9ヶ月の期間内で免許が取得できない場合は、自動車運転の適正がないと判断されてしまうこともあります。

実際にはそうではなく、バイトが忙しくて通えなかった、途中で通うのが面倒になってしまったなどの理由かもしれませんが、個人的な事情で9ヶ月以上延長することはできません。

また、教習期限を過ぎたからお金が戻ってくる、と考える人もいるようですが、返金もされません。

教習所の在籍期間は9ヶ月ということをしっかり覚えておきましょう。

教習所の期間を超えてしまった!理由によっては再入校で実質の延長?

9ヶ月を超えてしまった場合は、もう一度入校して費用を支払わなくてはいけなくなります。

ただ、未教習分の費用は返金してくれるという教習所もあるようです。確認してみましょう。

再入校する場合は、同じことにならないようにしっかりとスケジュールを立てるようにしましょう。

基本的に教習期間の延長はできませんが、仮免許を取得している場合は特例として再入校の費用はかかっても第2段階からのやり直しができるようです。

また、個人的な事情ではなく急病や入院などの健康上の問題の場合や急な転勤などのようなやむを得ない理由の場合は延長してくれるかもしれません。

ただしあくまでも通っている教習所次第です。まずは相談してみましょう。良い解決策を提示してくれる可能性もあります。

卒業前に教習所の期間が終了。延長は無理だけど再入校なら?

9ヶ月以内に卒業できなかった場合、運転免許の取得をあきらめるか教習所に再入校するかのどちらかしかありません。

しかし、先ほども説明しましたが、教習期限が切れたのが第二段階(仮免取得後)であれば再入校の費用も安くなるかもしれません。第二段階分と諸費用ということになるからです。

運転免許自体をあきらめるとなると、最初に払った約30万円は捨てたも同然です。仮免まで取得しているのであれば、再入校で免許を取得した方が良いでしょう。

ただ、第二段階の途中だったとしても、第二段階の最初から受け直すということになります。

また、仮免許の有効期限は6ヶ月です。仮免許を持って再入校した場合でも教習期限は9ヶ月ですが、仮免許の有効期限の6ヵ月が過ぎてしまうとまた仮免許を取得しなければならなくなります。

仮免許取得日から起算して6ヵ月となります。再入校するかどうかは早めに決断するようにしましょう。

教習所に通わずに「一発試験」で運転免許は取得できるか?

短期間で免許を取得できる「合宿免許」。しかしそれよりも早く取得できるのは運転免許センターで直接試験を受けるという方法です。

教習所や合宿免許を卒業した人が、学科試験を受けるために訪れる場所が運転免許センターなのですが、ここで学科・技能・適正試験の3つを一発で合格することができれば、その日に免許を取得することができます。

しかし、今まで一度も運転したことのない人だと一発試験で合格することはできないでしょう。

学科試験や適性試験は、自力で本やサイトなどで勉強すればなんとかなるかもしれません。しかし、技能試験についてはそうはいかないでしょう。実際に運転して体で覚えないと不可能です。

この一発試験は、免許を持っていたものの何らかの理由で更新手続きができなかった人などが利用することが多いようです。運転したことがない人が受験したとしても受かる可能性はほとんどないでしょう。

教習所の費用・期間は最低限。合宿免許という方法

一発試験は無理だけど、なるべく早く免許を取得したいという人は「合宿免許」に参加しましょう。最短だと13日で免許を取得できる教習所もあるようです。

それ以外の教習所でも、普通車ATであれば14~16日間で卒業できるプランを設定しているようです。

また、費用の面でも通学の教習所よりも安くなっていて、合宿免許のオフシーズンと言われる4月~7月上旬や9月下旬~1月上旬はさらに安くなっているといいます。冬休みを利用して免許を取得であれば安く済むかもしれませんね。

教習所に通うと、補習となった場合の追加料金が心配になりますが、合宿免許であれば追加料金がかからないというところが多いようです。これも安心ではないでしょうか?

合宿免許を実施している教習所は、郊外又は地方ににある場合がほとんどなので、観光も楽しむことができるかもしれません。

旅行気分で免許取得できる?一石二鳥で合宿免許に参加してみるのも良いでしょう。

 - 子育て・学校