記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

給料日が土曜日の時の振り込みは、いつ?知識や注意点を知ろう!

2018.7.6

給料日が土曜日の時、給料はいつ振り込みされるのだろう?と思いますよね。
だいたいの企業は、前日の金曜日になる場合が多いようです。

しかし企業によって違いがあるので、会社に入社した際に確認しておくと慌てずにすみます。

今回ここでは、給料に関しての知識や注意点についてのお役立ち情報を調べまとめてみましたので、是非参考にされてみてください。

こんな記事もよく読まれています

土曜日が給料日の時の振り込みは、いつ振り込まれるの?

初めてお給料をもらう際に、土曜日が給料日の場合には銀行が休みのため、いつ振り込まれるかと思う方もいるのではないでしょうか?

アルバイトの学生さんや、社会人1年目の方は特に「給料」にまつわる知識などわからない方も多いかと思います。

では、早速ですがそんな疑問についてご紹介していきたいと思います。

給料日が土日祝日の場合は給料は前営業日に振込みされることが多いのですが、それは各企業によって違いがあるようです。

特に中小企業の場合には、従業員が少ないことから当日の銀行窓口まで直接振込みに行くことがあるため、実際に引き出すことができるまでに、時間を要することがあるようです。

基本的には労働基準法に基づき指導されているのは、給与振込をする場合には、給料日の当日午前10時までに、給料を引き出せるようにしなければならない」という基準に従て、前営業日に振り込むことが決められているとされているのです。

給料日が土曜日の際の振り込みは前日に支払われるが、振り込まれていない時にはどうすべき?

先ほどの記事でもご紹介したように、給料日が土曜日の際の振り込みはほとんどの企業が前日に支払われるとされていますが、例外として週末明けの月曜や、祝日が明けた翌日に振り込む会社もあるので、各企業によっては違いがあるので、支払いなどの不安がある方は事前に、会社の総務部に確認しておくと良いかもしれませんね。

では、万が一お給料が振り込みされていない場合はどうすればよいのでしょうか?

その時に考えられるのは、システムエラーなどや銀行でのデータ入力ミスが原因の場合が考えられます。

例えば、この時に考えられるのは結婚して名字が変わったなどの場合には、銀行では名義変更をしているのにも関わらず、会社で変更手続きをしていない場合など、手続きが遅れたなどの場合に、契約者名と口座名義が一致しないため振り込みできないこともあるのです。

そのような場合には、会社で早急に対応してもらい、慌てずに経理担当者へ連絡を取り解決をしましょう。

給料日が土曜日の場合振り込みは何時に振り込まれるの?

給料日が土曜日や日曜日、祝日の場合のお給料はいつ振込まれるのでしょうか?
時間はだいたい何時なのか?についても知りたい方はたくさんいるかと思いますが、給料が振込まれる時間は、一般的には給料の午前0時頃になっており、朝の銀行のATMが開く時間帯には、引き出すことができるのです。

しかしこの時間帯は、法律などで定められている時間ではありませんので、ご注意ください。
金融機関によっては、上記の時間とは違う場合で振込んでいる所もあるようです。

1ヶ月の仕事の頑張りがお金になって返ってくるお給料は、誰にとってもその鹿が結果として現れる日でもありますよね。その頑張りを自分のご褒美にして欲しいものを買ったり、ご飯を食べたりできる楽しい日でもありますよね。

お給与を有効に使い、次のお給料日までまた頑張って仕事をする糧にしたいものですね。

給料日の当日、AM9時になればお金を引き出すことができる

給料日の当日に、給料を引き出すことがAM9時に引き出せるようにと、労働基準法によって、労働基準監督署からその指導がされていますので、窓口が開く午前9時には給与が引き出せる仕組みとなっています。

基本的に振り込みは通常、「全国銀行データ通信システム」を介して行われるのでこのシステムでは銀行の窓口と同じく、平日の9時から15時の間にはデータのやりとりがリアルタイムでされるのです。

しかし上記時間外になると、翌営業日の9時になってから口座に反映されますのでご注意を。

多くの会社のほとんどは、振込日の1週間前には入金作業を終えてるので、大手都銀の場合日付の変わった午前0時には、自動的に各個人の口座に入金される仕組みとなっているのです。

給料日当日、給料が振り込まれてない時にはこんな理由が考えられる。

給料日当日、給料が振り込まれていないと頭が真っ白になってしまいますよね。
そんな時には、まずみなさん会社の経理部の方に聞かれるかと思います。

振り込みがされていない理由には、どのような理由が考えられるのでしょうか?

①振込担当者が、銀行の混み具合で遅れている。
②銀行のシステムにトラブルなど。
③会社による遅延や未払い。

特に中小企業の場合は、当日に銀行窓口でお給料を振り込む方も多いので、当然銀行は混みあってますので、振込みする時間も遅くなってしまのが現状です。

しかしこのような状態が続き、何度も給料が遅れる会社の場合は「いつか振り込まれる」と信じて待つのではなく、労働基準監督署に相することをおすすめします。

働いた成果が自分へのご褒美としてもらえるお給料は、振り込まれて当たり前なのですから、当日に振り込まれてない不安を感じない対策としても、経営者にどうなっているのかを直接確認をしておくように心がけておくことも大切です。

 - 経済・お金