記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

海外滞在中にパスポートの期限切れは?更新方法や注意点

2018.7.5

海外に滞在している間に気がついたらパスポートの期限切れをしてしまっていたときは、どうしたらいいのでしょうか?

海外在住でパスポートの期限が切れてしまったときは、どのように更新手続きをしたらいいのでしょう?必要書類とはなにか?

また、パスポートの有効期間で気をつけたいトラブルとは?

そこで、パスポートの期限切れについての更新方法や注意点などについてまとめてみました。

こんな記事もよく読まれています

海外在住でパスポートの期限が切れてしまったら?

パスポートの有効期限が海外にいる間に切れてしまった場合、書類を揃えるだけでも大変なことになります。

申請には6か月以内の登記簿謄本(全部証明書)が必要になるのですが、日本から送ってもらわなくてはなりません。

日本に両親がいる人の場合は委任状は不要となりますが、もし他の人に頼む場合は委任状も必要となります。

この委任状は本人が書かなくてはいけない(直筆)ので、自分で書いて日本に送付しなくてはいけません。それも手間がかかります。

もし日本に依頼できる人がいない場合は市役所から戸籍謄本を直接送ってもらうことも可能ですが、時間はかかるでしょう。

パスポート申請は、有効期限内にしておいた方が手続きもラクになります。特に海外在住の人は注意しましょう。

海外に行く前にパスポートの期限切れ!更新方法は?

有効期限が切れてしまったパスポートは更新手続きではなく新規発券となります。そのため、更新の場合よりも必要な書類も違います。

パスポートの新規発行の必要な書類は6種類

  • 一般旅券発給申請書 (一通)
  • 戸籍抄本又は戸籍謄本 (一通)
  • 住民票の写し(一通)
  • 未使用の郵便はがき(一人1枚)
  • 本人確認書類(運転免許証など。詳しくは市役所のホームページなどで確認しましょう)
  • 前回取得したパスポート

新しいパスポートを受領する場合に必要なもの

  • 申請した時にもらうに旅券引換書(10年用パスポートで申請した場合はピンク色の紙です )
  • 手数料分の収入印紙(市役所やパスポートセンターなどで販売しています)

10年用パスポートの場合は16,000円かかります。

市役所等で収入印紙を買う場合はクレジットカードは使用できないでしょう。現金を用意するようにしましょう。

海外滞在中のパスポートの期限切れ!注意点や必要書類とは

万が一海外滞在中にパスポートの期限が切れてしまった場合は、現地の日本大使館や日本総領事館で更新又は新規発行できる場合が多くなっているようです。日本に帰国する必要はありません。

ただ、VISAを持っている場合は新しいパスポートを取得した時にイミグレーション(入国管理)で貼り替えてもらわなくてはいけません。

古いパスポートは返納しますが、VISAなどがある場合はそのページ以外を失効処理(穴を開ける)してから返してもらうことができます。

海外でパスポート発給してもらう場合に必要となる書類

  • 一般旅券発給申請書 一通(大使館などでもらえます。)
  • 戸籍抄本又は謄本 一通(申請前6ヶ月以内に取得したもの)
  • 写真 二枚 (サイズは縦4.5cmx横3.5cm。カラー、白黒どちらでも可。申請前6ヶ月以内に撮影したもの。)
  • 有効なパスポート原本(切り替え時に返納、失効処理が必要)

海外在住で紛失や盗難、焼失した場合は新規発行となります。切り替えについては、有効期限が1年未満になった場合にできますが、ページを増やしたいなどの場合でも可能です。

パスポートの有効期間で気をつけたいトラブル

パスポートの有効期間はしっかりと自分で管理しておかないとトラブルとなってしまいます。

海外航空券は出発よりも早く購入することで安くなるものもありますが、行き先のパスポート残存有効期限をしっかりと確認しないことで飛行機に乗れなくなってしまうこともあります。

例えばバリ島などのインドネシアのパスポート残存有効期限は、入国の時に6ヶ月以上必要です。航空券を買った時には大丈夫だと思っても、あとでチェックしてみたらアウトなんてこともあるのです。

また、乗継地がある場合も気をつけましょう。乗継の空港を出ない場合は問題ありませんが、時間があるからちょっと観光でも・・・と考えている場合はその国のパスポート残存有効期限を満たしていないと入国できません。

せっかくの旅行を台無しにしないためにも、渡航先のパスポート残存有効期限は事前チェックしておきましょう。

パスポートに氏名や本籍等の変更があったときは?

結婚などの理由により氏名に変更があった場合や本籍地の都道府県に変更が生じた場合は新規のパスポートを申請するか記載事項変更旅券を申請する必要があります。

以前はスタンプとタイプ印字で有効パスポートの記載事項の訂正を行っていましたが、法律の一部改正によってできなくなりました。

もしパスポートを申請したばかりであれば、記載事項変更旅券の申請の方が良いでしょう。記載事項変更前のパスポートの有効期間満了日と同じ新しいパスポートを作るということになります。その場合の手数料は6,000円となります。

有効期限がもう残り少ないのであれば、新規発行の方が良いでしょう。

以前のタイプの訂正旅券を持っている人は使うことはできますが、記載事項の変更がICチップた機械読取部分に反映されていないため、国によっては国際標準外とみなされる場合もあるようです。そうなると、渡航先で別室へ、なんてことになるかもしれません。

海外旅行の予定があるのであれば、早めに新規パスポートを申請するようにしましょう。

 - 地域・旅行