記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

スキレットでふっくらハンバーグ!魚焼きグリルを活用しよう

2018.7.1

スキレットでハンバーグ!ハンバーグレストランのようですね。これがIHでも魚焼きグリルを使えば可能になるんです。

スキレットとは?という方もいらっしゃると思いますが、簡単に言うと鉄製の厚みのあるフライパン!これが今、使い勝手がいいと人気なんです!

ハンバーグ以外にも、いろいろな料理に使えるスキレットの魅力をご紹介します。

こんな記事もよく読まれています

スキレットでハンバーグ!魚焼きグリルを使うことも可能です。

まずはスキレットですが、最初に少し触れたように鉄製のフライパンのようなものの事です。

ハンバーグレストランなどに行くと鉄板の上にのって来ますよね。「鉄板が熱くなっているので御注意ください」と言われる、アレです!

お店ならではのものでは?と思ってしまいますが、お家でも魚焼きグリルを利用してハンバーグを焼くことが可能なんですよ。

ちなみにスキレットを使うと、普段のハンバーグとはどのような違いがあるのかというと、水分や肉汁がお肉の中にとどまり、いつもよりふっくらと、そしてジューシーなまさにお店のようなハンバーグを食べることが出来るんです。

フライパンで焼いたときのようなパサパサ感がないんです。もしかするとお店のハンバーグよりも美味しいものが作れてしまうかも!

ぜひスキレットを試してみてください。

スキレットと魚焼きグリルでハンバーグ以外も調理可能!

スキレットはお肉料理だけではありません。お魚だって美味しく焼けますよ。

スキレットを使用すれば面倒な魚焼きグリルの掃除も簡単です!そしてグリルの網に魚がへばりつくこともナシ!

そして味ですが、ハンバーグのときと同じように旨みや脂が外に出ずに、ふっくらとジューシーに仕上がります。

このときの注意点ですが、魚は裏返さなくても大丈夫!途中で裏返してしまうと身や皮がボロボロになってしまうので注意をしてくださいね。

裏返さなくてもしっかりと熱が入り、もちろん焦げ目もつきます。

また、わずかですが鉄分ももしかすると摂取できるかもしれません。コレはチョット期待しすぎですね・・・。

ハンバーグだけでなく、魚も他の鶏肉などのお肉を美味しく焼けるスキレット、またパンを焼いているという方もいらっしゃいます。コレは挑戦する価値ありでは!?

スキレットで作ったハンバーグを仕上げに魚焼きグリルを使う方法

IH調理器の方は魚焼きグリルで使えるスキレットですが、ガスレンジをお使いの方はスキレットを直火で使うことが、もちろん可能です。

一人分のハンバーグなら、お肉の横にインゲンや人参などを一緒に焼いてもいいですよね。中火にして蓋を閉めておけば、しっとりジューシーなハンバーグの出来上がりです。

そしてそのまま食卓へ!インスタ映えするおしゃれな夕食が出来るだけでなく、美味しくて、洗い物も少なくてすんじゃいます。

チーズハンバーグにしたい場合は、魚焼きグリルを使ってもう火と手間、ハンバーグにたっぷりとチーズをかけて魚焼きグリルにIN!わずかな時間でチーズがとろりと溶けだし、美味しそうな焦げ目も付けることが出来ます。

スキレットは一人ご飯にも大活躍ですね。

スキレットは使う前にシーズニングをして下さい

お肉やお魚が美味しく焼けるスキレット!今話題になっていて購入をしたという方もいらっしゃるのでは?

すぐに使って料理を作ってみたいですよね!でもチョット待って、普通のフライパンのように洗ってすぐに使うわけには行かないんです。

スキレットは使う前にシーズニングを行ってください。シーズニングとは、焼入れをして油をしみこませ、皮膜を作る作業のことです。この作業をすることで焦げにくく、サビずらいスキレットになります。

まずは購入したスキレットを洗い、火にかけて水分を飛ばします。そして油を塗ってください。

しっかりと、とってまで油をしみこませるといいですよ。

次にスキレットで野菜をいためましょう。コレは焼入れのためのものなので、捨てる部分などのくず野菜でOKです。このときもしっかりと油を塗ってからいためてくださいね。油がしみこむようにいためた後は、キッチンペーパーなどで汚れをふき取って、さらに空焚きをします。

煙がたつと思いますが、気にせずできれば30分ほど空焚きをしてください。

コレでシーズニングが終了です。コレをするとしないでは、スキレットの使い具合に違いが出ること間違いありません。

スキレットは100均で、お求め可能です!

スキレットのよさをご紹介してきましたが、鉄製ですからお値段もいいのでは?と思いますよね。

実は意外と安く購入することが出来たり、また100均でも手に入れることが出来るんです。

100円ではなく200円からになるようですが、サイズも選べますし、形も丸やスクエア型などがあり、好みのものを選ぶことが出来るようです。

また取っ手を外すことが出来るものも販売されています。コレは取っ手が邪魔だという方には便利ですよね。

ハンバーグにムニエル、餃子やパンまでスキレットを使って美味しく調理することが可能です。

また今人気のアヒージョもスキレットを使って、おしゃれにテーブルへ!コレは女子力がアップしますね。

その他にはナポリタンやお好み焼き、スキレットの使い方は無限大!?です。どんな料理もスキレットを使うことでおしゃれになり、ワンランクアップ間違いなし!というと事です。

 - 暮らし・生活