記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

サッカーテクニックのトレーニングを磨き技術力をUPさせよう!

2018.6.30

サッカーが上手になり、『プロの選手になりたい』という夢を目指している人も多い時代ですが、その為にはどんなトレーニングをして、テクニックを磨けば良いのでしょうか?

今回ここでは、サッカーテクニックのトレーニング技術を磨くための練習方法について、調べまとめてみました。

テクニックや足技を身に付け、今よりもっとサッカーが上手になるようにぜひ参考にしてみてください。

こんな記事もよく読まれています

サッカーテクニックを磨くトレーニングとは?

ボールをコントロールする。
自分の思うようにボールをコントロールするには、まず「ボールを止める」テクニックを磨いて欲しいと思います

パスを出すには、ボールを受け取らなければなりません。
そのボールを受け取る時に、まずはしっかりと足とにボールをキープさせなければなりません。

そして、そのボールをキープさせ、パスを出すというパフォーマンスを瞬時に判断し、行わなければなりません。
ですから、ボールを思うように止めることが、一番重要なのです。

足元に止めたいのに、足元に思ったように止められないと、パスを出すことができません。
ですから、まずは、止めたいように足元にボールを止められる練習をしましょう。

受け止めてから次の動作のことは考えやすいのですが、どのように受け止めるべきなのかをまずは考えてみましょう。

サッカーのフェイントテクニックのトレーニング方法

上半身を大きく、左右のどちらかに振りながら、素早いタッチで振った上半身と反対に抜けていくのを「フェイント」といいます。
テレビで放送されているような、プロサッカー選手のプレーを見ていると、何事もないように、フェイントで相手を交わしながら、ドリブルしているように見えますが、これは本当に難しい動きなのです。
ですが、練習を重ねれば誰でもできるので、しっかりと練習を積むようにしましょう。

コツは、上半身のフリをできるだけ大きく見せようと動くことです。
そうすると、ディフェンスの重心を動かしますから、逆に抜ける動きを見抜くタイミングをつかみやすいのです。
上半身をしっかりと振って、相手を惑わせるようにしましょう。

自宅では、鏡の前で練習してみましょう。
自分が思っているよりも、上手に上体を振ることができていないかも知れません。
自分がどう動かすかよりも、相手にどう動いているのか見えているということを、意識することが大切です。

サッカーのテクニックを磨くにはイメージトレーニングが大事

サッカーのテクニックを磨き、パフォーマンスを上げたいのなら、イメージトレーニングも重要なポイントになってきます。

自分の思い描くプレーを想像したことがありますか?
自分の思い描くプレーを自分に意識させておくと、実際の試合の時に考えなくても身体が動いてくれることがあります。

イメージトレーニングを行う時は、自分のプレーだけではなく、相手の動きや、芝の感覚、天候やボールの柄など、細かいところまでしっかりと思い描くようにします。

このように具体的な状況・具体的な相手・具体的なプレーをイメージトレーニングすることによって、考えながらプレーしなくとも、身体が勝手に動いてくれることにつながってきます。

サッカーの技術を磨くためのトレーニングポイント

憧れのサッカー選手はいますか?
憧れのサッカー選手のプレーを見て、練習に取り入れたり、真似したりしてみましょう。

日本人選手の他にも、海外の選手のプレースタイルを取り入れることができれば、個人的にスキルアップすることができるかも知れません。

ボールを止める・蹴るコントロールなどの個人プレーはそれぞれに練習に練習を重ねて上達を目指していく意識が重要となってきます。

チームプレーですから、自分がミスしても誰かがフォローしてくれるでしょう。
ですが、ミスすることによって失点することもあります。

個人、一人ひとりがプレーの質を高めることに寄って、フォローではなく攻撃に力を使うことができるようになります。

チームで練習していることと思いますが、思い切ってプロの個人指導を仰いでみるのも良いでしょう。
スキルアップするには、様々な方法があります。
ですが、どの方法でも上達できるとは限りません。
自分にあった方法を見つけるためには、色々な方法を試す必要があると思います。

サッカーのドリブルを上手にできるようになるには体幹力が基盤となる

体幹鍛えてますか?

ボールを扱うことは、サッカーのプレー歴に比例して上手になっていくでしょう。

ですが基礎体力を上げたり、体幹を鍛えたり、柔軟性を上げたりすることは、ボール以外の練習を重ねなければなりません。

ボール以外の練習は、トレーニングジムへ通うことをおすすめします。
小さな子どもなら、自宅で腹筋や背筋をすることでも十分ですが、大人なら自分で筋肉トレーニングをしたり、体幹を鍛えることには限界があります。

子どもは成長過程にありますから、どんなやり方でもある程度続ければ筋肉が付いてきます。
ですが大人で、ある程度小さな頃からサッカーをしてきたなら、自分で鍛えることのできる筋肉は鍛えられているはずです。

ですから、サッカーのプレースタイルを向上させたいと、本気で考えているなら、半年間だけでも、プロのトレーナーに付いてもらい体作りを行うことをおすすめします。

 - スポーツ・アウトドア