記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

高校受験の願書を提出するときのポイントや注意点

2018.6.22

高校受験の願書の提出ではどんなことに気をつけてらいいのでしょうか?

面接や試験の前にある願書の提出ですが、必要な書類はひとつではありません。願書の用意は前もって準備をしておきましょう。学校によってさまざまな決まりがあるので、そこのチェックも忘れずに。

高校受験の願書を提出するときの流れや注意点などを紹介します。

こんな記事もよく読まれています

高校受験をするときの願書の提出方法

高校受験をする際は、必ず願書を高校へ提出することになります。これをしなければ、受験すること自体出来ないのです。手続きの詳細に関しては、その学校によっても違うので、事前にきちんと入試要項を確認しておきましょう。

必要事項を記入したり書類を用意するのは意外と手間がかかりますので、「ただ書けばいいんでしょ」なんて甘く見ておくのは危険です。

出願の期限を過ぎてしまえば、いかなる場合も受けさせてもらえません。準備はしっかりと時間に余裕を持って始めましょう。

願書を出す際に必要なもの

  • 志願書
  • 受験票に貼る顔写真
  • 中学校の調査書
  • 受験料を振り込んだ領収書
  • その他、指定された書類があれば

期限が迫ってから書類を揃えようとしても、漏れが出てきてしまう可能性があります。それによって一生が左右される可能性だってあるのです。時間には余裕を持って準備を始めましょう。

また、実際の試験ですが、推薦入試の場合には面接や小論文などが中心となります。一方一般入試の場合は、学力テストが行われます。私立では3教科、公立では5教科受けるというのが一般的でしょう。

高校受験の願書提出の流れ

私の地域では、願書の提出期間は試験の2週間ほど前となっています。公立高校の願書に関しては、中学校で配られるというところも多いことでしょう。

願書を出す際に必要なものというのは、受ける高校によっても異なりますので、しっかりと募集要項を確認しておきましょう。

必ず必要となるのが、願書と調査書です。

願書には、一般的に名前・生年月日・住所・中学校名・保護者氏名・電話番号などを記入します。戸籍謄本と同じ内容になるようにしてくださいね。

そして、写真も貼り付けてください。

入試検定料は振込みをする学校もあれば、収入証紙を貼る学校もあります。私の子供の学校では先生に現金を預けてもOKということだったので、子供から先生に渡してもらいました。

また、調査書は中学校の先生に作ってもらうことになります。その為、ギリギリに提出を申し出れば先生にも迷惑がかかります。時間には余裕を持って相談しておきましょう。

高校受験の願書の提出をするときのポイント

願書を提出する際の注意点

友達とは一緒に行かず、一人で行くようにしましょう。一緒に行くと受験番号が近くなってしまい、集団討論の際などに同じグループになってしまう可能性があります。

同じ中学校の子が同じグループにならないように高校側で配慮してくれることもあるようですが、少しでもリスクを減らしておいて損はありません。

友達と同じグループで集団討論となれば、友達と戦うことになってとてもやりづらいと思います。

同じ高校に通いたいと思うような仲の良い友達がいるのであれば、余計にやめておいた方が良いでしょう。

願書の受付が終わって受験票が渡されたら、絶対に無くさないように大切に保管しましょう。これが無ければ受験することが出来ません。

願書を出すことに関しても、事前にイメトレをしておけば安心かもしれません。

願書の提出が終われば数日で試験となりますので、万全な状態で臨めるように体調管理には気をつけましょう。

高校受験の願書の提出するときには何て言えばいい?

願書提出をする際に、必ず本人が来て提出しなければいけないという高校もあるようです。しかし、一人で高校へ行って願書を提出するというのもなかなか緊張します。職員室へ行くのでしょうか?何と言えば良いのでしょうか?

そんな風に不安になる気持ち、よくわかります。

私も高校の願書を提出する際は、とても緊張したのを覚えています。しかし、意外にあっさりと終わりましたよ!

恐らく、どこの高校も事務室で手続きをすることが多いかと思います。特設受付(テーブル)などを用意しているところもあるでしょう。そして、受付するのは先生では無くて事務員の人になるかと思います。

平日であれば、基本的に高校の生徒も授業を受けていることかと思いますので、そんなに緊張する必要はありません!

しかし、もちろん礼儀は忘れないように心がけましょう。相手に好印象を与えられるように頑張ってください。

出願は面接でも無く、あくまで手続きといった感じです。お金を払ってチケットを交換するくらいのものですので、リラックスして行ってきてください。

高校受験の願書を提出するときにはこんなことに気をつけよう!

「願書提出締め切りの当日に書類を持ってきて、提出したいと言ってきた生徒がいました。急いで調査書を用意しましたが、受験料はまだ払ってないとのこと!15時過ぎで銀行も既に閉まっており、なんとか郵便局の本局で提出することが出来ました。生徒には、余裕を持って準備するようにしっかりと指導しました。」

「調査書は厳封となっているにも関わらず、生徒が開けてそのまま願書と一緒に送ったみたいです。後日大学から連絡が来て判明し、再び調査書を送ることになりました。」

「鉛筆書きのまま願書を提出した生徒がいます。大学に連絡をして、もう一度黒ペンで清書したものを送らせてもらいました。」

「願書は書留や速達などで送るのが大原則なのですが、ポストに投函して提出した生徒がいます。そしたら送り返されてしまいました。」

 - 子育て・学校