記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

柿を収穫するタイミングはいつ?美味しい柿の見分けるポイント

2018.6.17

秋の味覚のひとつでもある柿。お庭で柿の木を育てて収穫するのを楽しみに育てている人も多いのではないでしょうか?
柿は甘くて美味しい上に、栄養も豊富!しっかり色づき一番熟して美味しいタイミングで収穫したいものですよね。

柿は収穫のタイミングを間違うと渋みの強い柿となってしまい、美味しく食べるのが難しくなってしまいます。

そこで柿の収穫するタイミングの見極め方やポイントについてお話していきたいと思います。

こんな記事もよく読まれています

柿の収穫のタイミングの見極め方について

柿はどのような状態が収穫時期の見極めポイントなのでしょう。

スーパーなどに売られている柿を思い出してみて下さい。柿は濃いオレンジ色でずっしりと重い感覚のものが売られていますよね?

自宅のお庭などの柿の木に実が付いたときにはこの柿を目安に色が柿全体に均一になるまで待ちましょう。

表面の色がまだらになっているようでしたら回りの葉っぱを数枚取り除きよく日が当たるようにしてあげて色づきが均一になったら収穫するようにしましょう。

また夏至を過ぎた頃は午後の太陽は柿を赤みが強いように見せますので近くでよく観察してから収穫するようにして下さい。

品種によっては柿の木の葉が落ちた後に収穫するものがありますがそういった品種は収穫が遅れないよう美味しいうちに取りきってしまいましょう。

柿の収穫でお勧めのタイミングは11月?

柿は10月の中ごろから11月の上旬に収穫のピークを迎えます。

収穫の目安の一番のポイントは先ほどもお話したように柿の色になります。
まだ収穫時期ではない柿は表面が緑色になっています。この見た目ですと食べる気にもなりませんがこの色づく前の柿が旬の時期になると少しずつオレンジ色に色づき柿全体が村なく綺麗に染まります。

全体的に綺麗なオレンジ色となれば収穫しても大丈夫でしょう。
確かめたいときはひとつ収穫して味見をしてから収穫を進めると良いですよ。
切って味見をしてみて下さい。渋みがなく甘みを感じることが出来たらOK。

ただ1つの木になる柿の実はすべて同じ時期に旬を迎えるわけではありません。味見をした柿が美味しかったからとすべてとってしまうのではなくしっかりオレンジ色になったものだけを選び、まだ色づきが微妙なものはもう少し待っておくと良いでしょう。

柿は家でも育てられる?収穫のタイミングは色に注意

柿には甘柿と渋柿がある

甘柿

  • 不完全甘柿 受粉し種が多く入っているものほど甘くなる柿
  • 完全甘柿 種が入っても入らなくても甘くなる柿

渋柿

  • 不完全渋柿 種が少し入っても少ししか渋みが抜けない柿
  • 完全渋柿 種が入っていても常に渋い柿

このように甘柿の場合は生でそのまま食べることが出来ますが、渋柿の場合は渋抜きをしないととても食べられるものではありません。

また柿はとても寒さに強いので東北よりも南の地域であれば比較的広い範囲で庭先でも柿の栽培は出来るでしょう。

甘柿は気温の高い地域で栽培しないとしっかり甘くならない傾向になっています。そのためしっかり甘い柿を収穫したいなら関東よりも西の地域で栽培することをお勧めします。
収穫時には柿の色がオレンジ色になっていることを確認して取りましょう。

柿はどんな果物?名前の由来について

柿は元々中国が原産で高さ2~5メートルほどの落葉性の低木です。

北海道と沖縄以外の地域で広く栽培されており日本人には身近な果実ではないでしょうか。葉っぱは秋になると紅葉して葉が落ちます。

そんな柿の名前の由来はどこから来たのでしょう。一説には柿の黄の中心が赤いことから「赤木」がカキへと変化したという説と、秋に紅葉した「赤い葉」や「黄色い実」が合わさって「赤黄(あかぎ)」となり、それが変化してカキになったという2つの説があると言われています。

また旬の柿はみずみずしく、甘くて美味しいですが食べすぎには注意が必要です。
柿には食物繊維が豊富に含まれていますから食べ過ぎるとお腹がゆるくなり消化不良を引き起こしてしまう原因にもなります。

沢山収穫できたからと言って一度にたくさん食べ過ぎないように注意して下さいね。

柿の渋みの原因とは?収穫時期について

甘柿と渋柿の違いはタンニンが関係している

甘柿も渋柿もタンニンは同じくらいの量が含まれているのですが、甘柿のタンニンは水に溶けない仕組みになっているのです。

よく実に黒い斑点のようなものが含まれていますがそれはタンニンが固まったものになります。

渋柿の場合はこのタンニンが水に溶けるのでそのままの状態で実の中にとどまります。そのため渋抜きをしてから市場に出ることになります。
渋抜きの方法には炭酸ガス法、加温法、アルコール法などがあるそうで、天日干しによるものが干し柿となるのです。

柿は早い時期のものですと8月の中ごろから収穫が始まります。9月になると筆柿や刀根早生などの露地物も収穫が始まり、様々な柿が本格的に収穫のピークを迎えるのは10月中旬頃からのスタートになります。富有柿などは少し遅く11月頃の収穫になります。品種によって収穫時期にはばらつきがあるので、8月頃からいろいろな品種の柿を楽しむ事ができるのではないでしょうか。

栄養満点の柿を一番美味しい時期に食べ比べするのも秋の楽しみの一つとなりますね。

 - 暮らし・生活