記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

ソフトテニスのサーブを打つコツを掴んで、試合で勝とう!

2018.6.15

ソフトテニスにおいて、サーブが入らなければ始まりません。上手に入れるコツはあるのでしょうか?

ファーストサーブはスピードが大事だと思っている方も多いかと思いますが、それよりもまずは確実に入れることが重要になります。

ソフトテニスのサーブを打つ際のグリップの握り方や、サーブを打つコツ、効果的な練習方法についても調べてみました。

こんな記事もよく読まれています

ソフトテニスのファーストサーブを入れるコツは?

ソフトテニスのサーブは、スピードが上がるほどコントロールが難しくなります。しかし、コントロールを意識するとスピードが落ちやすくなります。

ファーストサーブを打つときには、まず基本を練習しましょう。

トスは、肘を伸ばして自分の目の高さくらいでボールを離します。上げる高さの目安は身長の約2倍ですが打ちやすい高さでいいでしょう。

ラケットを後ろに回し、打ちます。ファーストサーブは、ボールの右上を打つ(スライス)が入りやすいですが個人差があります。まずは自分の得意な打ちやすいサーブを打ちましょう。

サーブの種類

  • フラットサーブ(ボールに直角に当てます)
  • スライスサーブ(ボールの右上に当てます)
  • リバースサーブフラット(ボールの左側に当てます)

イメージトレーニングも忘れずにしましょう。また、どこに落とすかをイメージすることも大切です。

サーブのスピードを上げたいときには、肘を上げるよう意識しましょう。

ソフトテニスのセカンドサーブで、カットサーブを打つ時のコツ

カットサーブを打つ方法

ボールの表面を切るイメージで打つといいでしょう。ボールの表面を薄く切るような感じです。

薄ければ薄いほど回転がかかりますが、きちんと当たっていなければボールが飛びません。

注意しなくてはいけないのが、ボールが飛ぶ方向です。カットサーブは、ラケットを振る方向に必ずボールが飛ぶわけではないので気をつけましょう。

ボールが飛ぶ方向は、ラケットの面が向いている方向となります。ラケットを横に振ったとしても、面が前を向いているのであればボールは前に飛びます。

回転を強くするには、ラケットのスイングスピードを速くする必要があります。

「ラケットを早く振る」=「思いっきり力を入れる」ということではありません。腕のしなりを利用して打つようにしましょう。

コンチネンタルグリップで握り、短く持つことでラケットを操作しやすくなります。

腕に力を入れすぎたり、体を大きく動かさないようにしましょう。

ソフトテニスのファーストサーブのコツは、速さよりも正確さ!

ソフトテニスのファーストサーブで大切なこと

それは正確さです。

ソフトテニスは硬式テニスと違いネット付近で急激に速度が落ちます。ですので、スピードを重視してサーブが入らないことよりもファーストを毎回入れてプレッシャーを与えていくほうがいいでしょう。

プッシュサーブのような、当てるだけのサーブではいけませんがしっかり振り抜き入るサーブを打つようにしましょう。

ボールにしっかりとラケットの面を当てることが大切ですがスピードを上げたいときには手が離れないよう意識して打ちましょう。平手打ちの状態であるとスピードがないサーブとなります。耳に手を近づけるイメージです。

スピードアップのポイントは、インパクトの直前に腕をひねることです。腕をひねるとラケットが大きく動くのでスピードが上がります。安定性も上がるのでぜひ練習してみてください。

腕の使い方を見るには、ヒザ立ちの状態でファーストサーブを打ってみましょう。

ソフトテニスのサーブを打つ際のグリップの握り方について

サーブ時のグリップの握り方

握りやすいグリップが良いと言われていますが、フラットサーブを打つ場合はイースタングリップがおすすめです。

イースタングリップは、まずラケットを左手で持ちます。右手をラケット面に当てそのまま右手をグリップまで移動させて軽く握りましょう。手のひらでボールを打つ感覚に近いのがイースタングリップとなります。

サーブ時のグリップとしてなぜイースタングリップがよいのでしょうか?

イースタングリップは、自然なドライブ回転をかけることができます。腕の捻りを上手く使うことができます。最も高い打点で打てるのも特徴です。

体のひねりや腕のしなりなども生かすことができます。始めたばかりであれば、スライス回転がかかってしまうこともあるでしょう。しかし、イースタングリップは綺麗なフォームが身につきやすいので何度も練習してみてください。

ラケットを自分の手のように使えるのが理想のソフトテニスです。イースタングリップの感覚を身に付けることが上達の近道になるでしょう。

ソフトテニスのサーブ、腕の使い方を覚える為の練習方法とは

ヒザ立ちでサービスの練習をしてみよう!

ヒザが痛い場合はタオルを敷いて行いましょう。椅子に座って行うのもおすすめです。この練習で上に振るラケットスイングを身に付けることができます。

威力と確率を上げるのに大切なのは、ドライブ回転をかけることです。

ドライブ回転がかかっていることでネットを越えたあたりで落ちやすくなります。バウンド後には大きく跳ねるので、相手を詰まらせることができるでしょう。

ドライブ回転をかけるにはラケットを振り上げてください。下から上へラケットを振り上げます。放物線の軌道をイメージして打つといいでしょう。

強くボールを打とうとすると地面へ叩き付けるようなスイングとなってしまいます。この地面へ叩き付けるようなスイングは、ドライブがかかりくくネットフォルトの原因でもあります。インパクトの瞬間は、ラケット面を残すように心がけましょう。

ヒザ立ちサービスでは、サービスボックスに入るように意識して打つことが大切です。。
最初はまともに打つことが出来ない人のほうが多いようです。正しい体やラケットの使い方が出来ていれば、サービスコートに入れることができます。

 - スポーツ・アウトドア