記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

浪人生は可能な限りバイトに時間を取られるな!

2018.5.1

浪人生の中には少しでも経済的な負担を考えてバイトを始める人もいるでしょう。しかし、勉強するための時間を削ってでも必要なことでしょうか。

受験に成功することでその後得られるものを考えて、いくばくかのバイト代のだめに時間を取られるのは避けたいところです。

どうしてもバイトする必要がある場合は、いかに勉強への影響を最小限にするかを考えましょう。それは時間的なものだけでなく、バイトによるストレスなども考慮するべきなのです。

こんな記事もよく読まれています

浪人生がバイトするのはお金だけじゃない?孤独な時間が嫌だから

浪人生がバイトするのは「学費」のためという人が多いようです。

しかし、勉強する時間を割いてまでバイトするよりも、大学に合格してから思いっきりバイトした方が稼げるはずです。もしバイトのせいで不合格となってしまえば、かえって親にも迷惑がかかってしまいます。

もし学費のためにバイトをした方がよいのでは?と考えている浪人生は、合格してからにしましょう。

浪人生は、正直勉強以外にすることがありません。たとえ勉強が思うように進まないという気分であっても、大学に合格するために勉強するしかないのです。

そこで、気分転換にバイトでも始めよう!と考える浪人生もいるようですが、バイトも仕事です。かえってストレスが溜まってしまうことにもなりかねません。

「一人過ごす時間が長すぎてうんざりする。」という理由でバイトを始めようとする人もいますが、合格してしまえばそんな時間もなくなります。

1年間浪人すると決心したのであれば、どんな理由であってもバイトをせず勉強に打ち込んだ方が効果があります。

第一志望の大学に入学すれば、楽しい大学生活が待っています。そのために勉強しましょう!

浪人生がバイトするなら長時間バイトは避けるべき

浪人生のバイトはおすすめできないのですが、どうしてもバイトをするという場合でも長時間勤務するのは避けましょう。

土日のような週末のみバイトすると効率が良いように見えますが、長時間の仕事は疲れがたまります。翌日まで疲れが残り、勉強に影響が出てしまうかもしれません。

浪人生になる前から同じバイトをしているといった場合以外は、短時間のバイト(約3~4時間)を選んだ方がよいでしょう。浪人生の目的はバイトではありません。

時給の高さに惹かれてバイト先を選ぶ人もいるでしょうが、時給が高い=多忙というところも多くあります。都市部の接客業や力仕事などは疲れもたまります。よく考えてバイト先を選びましょう。

居酒屋など夜の仕事を選ぶ人も多いようですが、大学生が多く働いている場所だと仕事が終わった後で誘われることも多くなります。パートさんが多いスーパーなどでバイトした方が誘惑は少ないでしょう。

浪人生はバイトに時間を割くべきではない!

自宅浪人生は、当たり前ですが家で勉強しなくてはいけません。受験に失敗した経験を二度としないために勉強するしかないのですが、より勉強に集中できるようにするためには気分転換も多少は必要になるでしょう。

脳を活性化させるために家でストレッチをする、ジョギングや筋トレをするということが大切です。

勉強に対するストレスを軽減するために、友達と会って話をするのもよいでしょう。リラックスできることで、長い受験生活を耐えることができます。

そう考えると、バイトも気分転換になるのではないか?と考えてしまいますが、バイトは勉強のためにはなりません。ファミレスなどでの接客業やコンビニ・スーパーでのレジ係、新聞配達などいろいろな仕事がありますが、どのバイトをしても大学に合格するためにはならないのです。

勉強のためになるようなバイトはありません。どの仕事をするにしても、最初は覚えることが山のようにあります。そんなことを覚えるくらいなら、受験勉強に必要なことを覚えた方がよいでしょう。

浪人生はレギュラーバイトは避けて短期的なバイトなどを選ぼう

お金が必要でバイトしたい・・・という浪人生は、1か月だけなど期間限定のバイトを選んだ方がよいでしょう。「週2回」などのレギュラーのバイトではなくてもよいのです。

例えば3か月だけ集中的に働いて50万円稼いでも、週2回のバイトで1年働いて50万円稼いだとしても同じことです。それであれば3カ月働いて、残りの9カ月間は勉強に集中した方がよいでしょう。

夏休みだけリゾートで働く・・・などよく考えてバイトするようにしましょう。

単発で日給1万円といったバイトもあります。自分の性格を考えて、どんなバイトをするのが良いのか、勉強のじゃまにならないようなバイトを選ぶようにしましょう。

シフトの融通が利くバイトであれば、空いた時間に働くことができます。コンビニやファストフード店の早朝バイトなどであれば浪人生であっても働きやすいでしょう。

浪人生のバイトは短時間で日数も少なめに。そしてストレスフリー

浪人生はあくまでも大学合格のために勉強するのがメインであって、バイトはしない方がよいでしょう。

実際に私の友人で浪人時代にバイトをしていた人がいましたが、第一志望の大学に不合格となり、二浪することになってしまいました(皆がそうだとは限りませんが・・・)。

そのくらい浪人生にとってバイトと勉強を両立することは難しいことなのです。そのため、バイト先選びは慎重にしましょう。

レギュラーのバイトであれば、週2回までの勤務にしましょう。シフトの融通が利きやすい職場がベストです。

接客業はストレスがたまりやすい仕事です。できれば対人ストレスのない職場を選ぶようにしましょう。

1週間で10時間くらい働こうと考えている場合でも、何度も出勤するよりも週2回と絞った方が勉強にも集中しやすいようです。

 - 暮らし・生活