記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

幼稚園の年少でまさかの仲間はずれ。こう対処しよう!

2018.5.1

やっと幼稚園に通うようになった、と安心していたのもつかの間、可愛い我が子が仲間はずれにされているらしい・・・。

ショックで心配ですが、ママとしてどう接してあげたらいいにでしょう?

幼稚園の年少さんといっても、仲間はずれにされる、するということはよくみかけるといいます。特に女の子に多いのだとか。

みんなはどうしてる?先輩ママのお話も見てみましょう。

こんな記事もよく読まれています

幼稚園の年少さんくらいの仲間はずれはどう考える?

かわいい大事な我が子が幼稚園で仲間外れにされていると知ったら、親としては心配でたまりませんね!

ですが年少さんくらいのころは悪意がなくて、仲間外れをする子もいます。

一時仲間外れになっても、すぐに仲直りして仲良く遊んでいるというパターンも多くみられます。
なので、それも経験の内ととらえるのがいいといいます。

先輩ママの意見を紹介します。

  • 仲間外れにされても、何分かたったら一緒に遊んでいましたよ。
    そんな中で、お友達のことを考えていくんだなと思いました。
  • 家に子が「入ーれーてー」とお友達に言ったら、「ダメ」と言われて悲しかったようで、つぎの日は幼稚園を休みました。
    担任の先生に相談しましたが、次の日登園したら普通に仲良く遊んでいたそうです。
    年少さんの子はそんなものだなと思いました。お友達がダメって言ったのは、その瞬間なのかもしれません。
    違う場面では仲良く遊んでいますので。なので、「ダメ!」じゃなくて「待って!」というように子どもに言っています。

幼稚園の年少さんの女子は仲間はずれがよくあります

女の子グループと男の子グループでは、同じ年少さんでも全く違うといいます。

女の子グループの場合は、遊んでいる輪の中に入っていくのはかなり高度な人間関係のスキルがいります。

女の子グループでは、空気のよめない子が仲間外れにされやすいようです。

女の子には、空気が読める力が必要なのだそう。年少さんなのに大変ですね!

仲間外れにされてり、友達や集団の中に入れないということは悲しい事です。

空気が読める、読めないというのは個性でもあり、それが苦手な子もいれば、とても上手な子もいます。

それで子どもの良し悪しが決まることではありませんが。

年少さんなら、仲間外れにされたときに、先生や大人が介入することで解決することが多いです。

幼稚園の年少でも仲間はずれはある?こんな子がターゲットに

「良い子にしなさい!」といつも言われている子

親に、こうありなさい!と押し付けられて育った子はターゲットになりやすいかもしれません。

押し付けられて育つと、いじめられていることさえ親に言えません。

幼稚園で友達にいやなことをされてもガマンして何も言わずに黙っている子よりも、「わーん!」と泣き出す子の方がいいでしょう。

そして泣いた子に対して、「そんなことですぐに泣かないの!」というのはやめましょう。
感情を表さない子は、「あの子はいじめても先生に言わないから大丈夫」と思われてしまいターゲットになりやすくなってしまいます。

なので、反撃できる子はいじめのターゲットにはなりにくいといえます。

ママの気が利きすぎる子

子どもの様子がちょっとでもおかしいと、「どうしたの?おしっこ?どこか痛いの?お腹は空いたの?」など子どもが言う前にあれこれ気が付くママは気を付けてください。

黙っていてもおとなが助けてくれる、何とかしてくれると子どもは思ってしまいます。
ピンチのときには自分で何とかする力を付けてあげたいものです。

幼稚園に通い始まるとグループで仲間はずれにならないために

幼稚園で、女の子の仲良しグループってどうやってできましたか?

先輩ママに聞いてみました。

・共通点があるといい!
兄弟姉妹がいる、ママ同士が知り合いや仲良しなど何か同じ部分があると、仲良しグループになりやすいです。

他に、幼稚園バスのバス停が同じ、徒歩で通園しているなども仲良くなりやすいですね。
また、同じ習い事をやっていつ場合も話しがあいますね。

・知り合いのグループで仲良し!
兄弟姉妹が同じ年代だった、以前からのしりあいだったという3~4人のグループでした。
その日によってメンバーが変わることもありましたよ!

幼稚園の年少で仲間はずれに。先輩ママに意見を紹介

「年少の娘が幼稚園で仲間はずれになっていると聞きました。どう接したらいいですか?」

うちの子も、年少の時期に同じことがありました。
娘には、「何で仲間外れにするの?」っって聞いてごらんて言いました。
理由がないのに、仲間外れにするのはおかしいよ。それでもまだ続くなら、先生に相談してごらんと言いました。

子どもには、友達にちゃんと意見を言えるようになって欲しいし、困ったら先生に相談できるようになって欲しいと思います。

先生に言うのはチクリとかではないと思います。本人の真剣な相談です。

後日先生に聞いたところ、娘ははっきりと友達に意見して、友達も驚いたようでそれ以来仲間外れにされることもなく仲良く遊んでいるとのことでした。

先生も状況を知って、見守ってくれているようです。

 - 子育て・学校