記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

夜のオムツはいつまで?外すタイミングについて紹介します

2018.4.28

子育てをしているママなら夜のオムツをいつまでしていいのか不安になりますよね。夜のオムツを外すタイミングはいつ頃が適切なのでしょうか。

しかし発達には個人差があるので年齢だけを目安に夜のオムツを外すのはいかがなものかと思います。

夜のオムツ外しについての目安を調べてまとめてみましたので参考にしてみて下さい。

こんな記事もよく読まれています

夜のオムツはいつまでするの?外すタイミングは?

まず『昼間のオムツがとれた イコール 夜のオムツはいらない』には、なりません。

起きている時のオシッコと寝ている時のオシッコは別物だと考えましょう。

昼間のオムツがとれていても、夜は心配だからつけて寝ているという場合、どのタイミングで外したらよいのか、ママとしては悩みどころですよね?

目安としては、まず、昼間のオシッコは完璧にトイレでできること。
次に、夜、とりあえずのオムツをぬらさない日が10日間続いたら、外してみることを試すタイミングが来たと判断してもいいでしょう。

その時に、子どもに「今日の夜オムツ外して寝てみようか?」ときちんと相談することが大切です。
子どもが夜おもらしすると不安がればオムツはつけて寝るべきです。
子どもに夜、オムツを外す気持ちの準備ができていなければ意味がありませんから。
そして、子どもが夜、オムツをしないで寝てみるという気持ちになったらチャレンジしてみましょう。

もちろん、トレーニングパンツをはかせたり、おねしょシーツを敷くという準備は忘れてはいけません。

夜のオムツを外したい!いつまでオムツをするの?

夜、大人は寝ている間におもらしをしない、布団にオシッコをしてしまわないのはどうしてか考えたことは、ありますか?
大人だからしないのではありません。
抗利尿ホルモンの分泌により、夜おしっこをしないのです。

体の機能が未発達の子どもですから、抗利尿ホルモンの分泌が十分ではないために寝ている間にオシッコをしてしまうのです。

ですから、昼間のオシッコの失敗は「トイレに行くのが面倒で、我慢しきれずに漏らしちゃった」と言うこともありますが、夜のオシッコは、子どもの意志とは全く関係ないところで出てしまうので、トレーニングのしようがありません。

ですから、子どもの成長を待つしかないというのが結論で、夜のオムツは○歳で外せますと言うマニュアルは存在しません。

夜のオムツよ…。いつまで続くのか…

そうは言っても、はずれて欲しいですよね、夜のオムツ。
子どもに罪はないとわかってはいても、シーツが濡れて洗濯物が増えるとイライラしますし、月に2,000円程度だとしても夜用オムツへの出費は正直痛いですものね。

子どもは悪くないとわかっていても「またしたの?」的に責めてしまうような一言が、口を突いて出てしまうこともあります。

ですが、おねしょをしてしまっても絶対に叱ってはいけません。
また、「早く取れて欲しい」と言う気持ちから「いつになったらオムツ卒業できるの?」や「早くオムツをしないで寝られる日がくればいいね」など、子どものプレッシャーになる言葉を掛けてしまうことがありますので、十分に注意しましょう。

また、夜中にオシッコが出てしまう前に、寝ているところを起こしてトイレに連れて行くママもいるかもしれませんが、これは絶対にしてはなりません。

眠っているところを起こすと、寝ている間に分泌される抗利尿ホルモンを十分に分泌できなくなり、結果成長を遅らせてしまっているということにもなりかねません。

夜のおねしょに関しては、もう一人子供を育てているつもりで付き合っていきましょう。
そのうちに、本当にそのうちにあっさりと取れるものです。

夜のオムツを外したいなら、親がしっかりと食事のコントロールを

抗利尿ホルモンの分泌に左右されるおねしょですが、そもそもオシッコは何で出来ていますか?
食べたものにより、オシッコが作られますよね?

ですから、食事の内容、食事の時間、おやつなど、口に入れるものも見直してみましょう。

子どもが寝る2時間前には、食事は済ませるようにしましょう。
食事の味付けも、できるだけ薄味にしましょう。
塩分を摂り過ぎると、オシッコがたくさん作られてしまいます。
大人が思うよりも、薄味にしないと子供の身体に負担がかかっているものです。
また、お風呂上りに「アイス」を食べるような習慣はありませんか?
このアイスがおねしょの原因だとは言いませんが、せっかく温まった子供の身体は冷やさずに、温かいままで寝かせてあげましょう。

昼間も、時間と量を決めずに、食べたいだけおやつをダラダラと食べさせてはいませんか?
口からモノを入れると、身体は常に排せつ物を生産していることになりますよね?

食べるものをしっかりと管理することもおねしょ対策には必要です。

そして、一番大切なのは「寝る前にトイレに行く」と言うこと。
出ても出なくても、寝る前には、絶対にトイレに行くという習慣をつけるようにしましょうね。

夜のオムツはいつまでつけていいの?嫌がらない場合はOK?

幼稚園に通わせていれば、年長さんの夏休みなどに「お泊り会」が開催されることありませんか?

保育士の友達に聞いたところ、半分とまでは言わないけれど、クラスの3分の1くらいのお友達は夜、オムツを使っていてそのまた半分くらいの子はしっかりとそのオムツにオシッコをするそうです。

子どもは、自分が夜オムツをしていることがイレギュラーなんだと感じれば、意外とあっさり外すことができるかもしれません。
身体の成長と、タイミング、親の食事管理で夜のオムツは卒業できる日はきちんと来てくれます。

焦らないでくださいね!

 - 子育て・学校