記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

洗面所のクッションフロアを掃除する時の注意点とコツについて

2018.4.19

洗面所やトイレなどの床材に使用されるクッションフロアの掃除についてご紹介します。
気付くとなんだか床が黒ずんでいる…。
そんなクッションフロアを掃除する時の注意点とコツをまとめてみました。

中性洗剤や重曹などを使って拭き掃除をすると、さっぱりキレイな床に大変身します!
メラミンスポンジでこする方法もありますが、傷が付きやすいので注意が必要です。

お掃除的には簡単ですので、汚れが気になる前に拭き掃除をするようにしましょう。

こんな記事もよく読まれています

洗面所のクッションフロアを掃除する時の注意点について

クッションフロアはビニール製

静電気で埃などが残りやすいのが特徴です。そのため、フロアモップや掃除機だけの掃除だけでなく、拭き掃除もするのがおすすめです。

拭き掃除の時に洗剤を使う時は洗剤成分が残ると滑りやすくなるので、残らないように注意してください。

キッチンの床がクッションフロアの場所は、油汚れが付着してべたつきやすくなります。食器用洗剤などの中性洗剤を少し入れたお湯で雑巾を濡らし固く絞って拭き掃除をします。セスキ炭酸ソーダ水もおすすめです。

洗面所やトイレの床がクッションフロアの場合は、埃などが掃除のし残しとなって黒ずみ汚れが残っているのを見かけます。黒ずみ汚れになってしまうと中性洗剤では簡単に落ちません。

使わなくなった歯ブラシに歯磨き粉を少しつけて円を描くように擦ると汚れが落ちやすいです。汚れが落ちたらしっかりふき取ってください。

広範囲の黒ずみ汚れを掃除する時は、セスキ炭酸ソーダ水とメラミンスポンジを使うと汚れを落としやすいです。ただし、メラミンスポンジは床材などに細かい傷をつけてしまいやすいので、その傷に汚れが付着しやすくなる可能性もあります。

洗面所のクッションフロアを掃除しよう!

掃除は埃やゴミを取るところから始めよう

フロアモップや掃除機を使って、床の上に落ちている埃やゴミを取ります。フロアモップをかけてゴミや埃を取ったら、掃除機で隅などの残った埃を吸い取りましょう。

その後雑巾をお湯につけて固く絞って水拭きをします。油などのべたべた汚れには中性洗剤を付けると落ちやすいです。洗剤が残らないようにしっかりふき取ってください。

クッションフロアの黒ズミ汚れには重曹を使う

日々のお掃除は上記の手順だけで充分です。気付くと溜まっている黒ずみ汚れには重曹を使って、定期的に掃除しましょう。

油汚れや皮脂汚れは酸性の性質を持っています。重曹はアルカリ性のため、重曹は酸性の汚れを中和して落としやすくしてくれます。

また、研磨剤の効果も持ち合わせているので、落としにくい黒ずみ汚れを落としやすくしてくれます。

黒ずみ汚れの上に重曹を振りかけたら、水で濡らしたメラミンスポンジで汚れの上をくるくる回すように擦ります。力を入れる必要はありません。力を入れてしまうと重曹やメラミンスポンジの研磨作用で床を傷つけてしまうので注意してください。

洗面所やトイレのクッションフロアを掃除するコツって?

家の中は場所によって汚れの性質が違います。そのため、掃除をするときはその汚れに合った方法で掃除しなければいけません。クッションフロアも同じで、場所によって汚れが違うので掃除方法も変えます。

キッチンや洗面所、トイレにクッションフロアが使用されやすいので、今回はキッチンと洗面所、トイレの掃除方法をご紹介します。

キッチンの掃除

  1. 掃除機やフロアモップで埃やゴミを取る
  2. 中性洗剤を含ませたお湯に雑巾を付けて固く絞る
  3. 拭き掃除をする

中性洗剤の代わりに、セスキ炭酸ソーダ水や重曹水をスプレーボトルに入れて、それを床に吹きかけて拭き掃除するのもおすすめです。

洗面所の掃除

  1. 掃除機やフロアモップで埃やゴミを取る
  2. お湯につけて固く絞った雑巾で水拭きする

トイレ掃除

  1. 掃除機やフロアモップで埃やゴミを取る
  2. クエン酸水を床に吹きかける
  3. お湯につけて雑巾を固く絞って拭き掃除をする

トイレの床には尿はねなどアンモニア臭の原因となる目に見えない汚れが付いていますが、クエン酸でこの汚れを落としましょう。また、床を綺麗にしてもアンモニア臭が消えない場合は壁が原因の可能性があります。同じように壁もクエン酸水スプレーで掃除しましょう。

クエン酸水は水500ccにクエン酸25gをとかします。スプレーボトルに入れて、床や壁に吹きかけます。

洗面所や台所などに使われているクッションフロアについて

クッションフロアと聞いてもどんな物か分からないという人もいるでしょう。フローリングのように見えるのに少し柔らかい素材の床材やキッチンや洗面所、トイレなどに使われている床材です。

クッションフロアはフローリングのように見える物だけでなく、色々なタイプがあります。木目、石目、土足用、室内用、防音などで、住宅や店舗など色々な所で使われています。

クッションフロアは居室にも使われていますが、特にキッチンやトイレ、洗面所などに使われていることが多いです。

その理由は、傷や汚れなどが付いたときにフローリングを交換するのは大変な作業になりますが、クッションフロアは比較的交換しやすいのも特徴です。

つまり、キッチンやトイレ、洗面所は居室よりも汚れが付きやすい場所なので、汚れや傷がつきやすい部分にクッションフロアが使われているということです。

交換しやすいと言っても掃除をさぼって良いわけではありません。むしろ、汚れやすいのでマメに掃除しなければいけない場所です。

洗面所のクッションフロアにワックスは必要?

フローリングのお手入れといえばワックスですが、クッションフロアにもワックスは必要なのでしょうか?

クッションフロアにワックスが必要かどうか、これはどちらが正解という事はありません。個人の考え方によって違いますが、個人的にはクッションフロアにもワックスを掛けるのがおすすめです。

ワックスをかけると、クッションフロアの表面をコーティングしてくれます。コーディングされると汚れや細かい傷から守ってくれる効果が期待出来ます。そのため、多少掃除が楽になるし、見た目もピカピカになって気分が良いです。

クッションフロアにワックスを掛けるときは、雑巾など布にワックスをしみこませて床を磨くだけです。床材に直接ワックスを散布すると変色やムラのリスクがありますので、布にしみこませて使いましょう。

また、ワックスとクッションフロアの相性次第ではクッションフロアの表面が滑りやすくなりますので注意してください。

 - 暮らし・生活