記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

女の職場で陰湿ないじめが多いのはなぜ?陰湿ないじめの対処法

2018.4.17

女性が多い職場では陰湿ないじめが多いと言われていますよね。女性が多い職場のすべてがそうだというわけではありませんが、実際に女性が多い職場では陰でいじめや嫌がらせをしている人もいます。

女性の多い職場で陰湿ないじめや嫌がらせが起きてしまうのはどうしてなのでしょうか。効果的な対処法は?ターゲットになりやすい人ってどんな人?

そこで今回は、女性の多い職場で起きるいじめや嫌がらせへの対処法についてお伝えします。

こんな記事もよく読まれています

女性の職場が陰湿!女が抱える悩み

女性の多い職場では陰湿ないじめがあるという話はよく耳にします。

もちろんすべての職場がそうだとは限りませんが、トラブルが多いのは事実のようです。

仕事をするうえで伝えなくてはならないことをわざと伝えなかったり、上司にわからないように陰でこっそり意地悪をしたり、根も葉もないうわさを流されていたり・・・。とっても嫌な話です。

あるカウンセラー協会が発表した「仕事をしている人の相談内容」によりますと、30代~40代の女性に多い悩みは「人間関係」「パワハラ」「いじめ」が多いようで、電話で相談してくる女性の半数以上が仕事の業務内容ではなく職場での人間関係ということでした。
男性と女性を比べると、女性の方が同僚との関係に悩む割合が多く、女性が安心して仕事をするためにはスキルはマナー以外にも「同僚から悪意ある行動への対策」を身に付けることが大切なようです。

自分の心を守りながら仕事をする方法について考えなければならないという、なんとも世知辛い世の中なのです。

女性の職場で陰湿ないじめのターゲットになりやすい人の特徴

女性の多い職場でターゲットになりやすい人にはいくつかの特徴があります。

まず、キラキラと輝いている女性。

自分と同じくらいのレベルなのに、自分よりも輝いている女性は、女性から嫉妬をされていじめのターゲットになりやすいです。

また、容姿もスタイルも普通、学歴も家柄も普通。どこにでもいそうなごく普通の女性なのに、素敵な恋人がいる、結婚をしている、オシャレで毎日充実した様子で過ごしているという女性も標的になりやすいです。
更に言うと、誰にも愚痴をこぼさず、悩みもなさそうないつもニコニコ笑顔の絶えない人もいじめの標的にされやすいです。

特徴としては、自分とそんなに変わらないのに自分よりも優れている女性は狙われやすい傾向にあります。

「私とそんなに変わらないのにあの人の方が幸せそう!」そんな状態に対抗心が燃え上がり、陰湿ないじめへと発展してしまうのです。

女性が職場で陰湿な行動をとる理由

陰湿ないじめをしてしまう人は、ターゲットになった人を「羨ましい」と感じてるものです。

陰湿ないじめに合った時の対処法について考えてみましょう。

もしも自分が陰湿ないじめに合ってしまったら、自分の心の中だけにそのことをしまっておくことはやめてください。

家族や友達、恋人など、自分が信頼できる人に悩みを打ちあけて下さい。

誰かに相談すると、その人から客観的なアドバイスをしてもらえることがあります。

自分以外の人に相談して話を聞くことで「いじめを気にしなくていいんだ!」と前向きに考えられることがあります。

いじめなどの陰湿な行動の陰には、色んな意味が隠れていることがあります。

陰湿な行動の原因が自分にあることもあれば、相手の心にあることもあります。

陰湿ないじめをされてしまうことの原因が分からないこともあるでしょう。

ですが、大切なのは自分が追い詰められないということ。

病気になって仕事を辞めなければならないなんて、悲しいですよね。

辛いかもしれませんが、気にしないでおきましょう。
前向きに考え、追い詰められないようにして乗り越えることが大切です。

日本の女性は集団で行動したがる

女性の多い職場には陰湿ないじめが多いという話をよく聞きますが、どうしてそんなことが起きてしまうのでしょうか。

それには日本人女性のこんな特徴が影響しています。

日本人の女性というのは、集団で一緒に行動したがるという特徴があります。

みんなで群れていないと、不安を感じてしまうからなのですが、その集団の中でターゲットに対する悪口やいじめが出てきてしまうのです。

そして、その集団の中で誰かの悪口を言っていると、自分がその集団の中から離れたときに、今度は自分が標的にされてしまうのではないかという不安にさいなまれます。

このため、ますますその手段から離れることが出来なくなり、自分が優位な立場に立っていたい、みんなの動きをしっかり知っておきたいという気持ちが起こり、集団の中にいるようになります。

日本人の女性は共感を大切にしますので、自分の意見に共感してくれた人に親近感を抱くという特徴もあります。

陰湿ないじめへの対処法

誰かをいじめている人の最大の目的はご存知ですか?人をいじめる人は、自分が嫌いだと感じている人が悲しむことや、傷つく姿を見て楽しんでいます。

嫌いな人をいじめて、その人が辛そうにしている姿を見ることが最大の目的なのです。

ですから、標的にしたターゲットが反応を示さなかったり、気にしない様子で生活していると「つまらない」と感じていじめをしないようになります。

もしも自分がターゲットにされていたのなら

  • 黙って仕事に打ち込む
  • 相手を認めてあげる
  • いじめに反応しない

ということが大切です。

このような姿勢で毎日を過ごしていれば、徐々にターゲットから外れるでしょう。

でも、一向に陰湿ないじめがなくならない時は、信頼できる上司や外部の期間に相談してみるのも良い方法です。

一人で悩むことはせず、進む道について考えてみましょう。

もしかしたら新しい職場に行った方が良好な人間関係を築けるかもしれません。

今の時代は、自分の職場を自分で選ぶことが出来る時代です。

いじめに屈しないで仕事に打ち込んでいてもなかなかいじめがなくならないときは、勇気を出して一歩前に進む事も大切です。

 - 職業・仕事