記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

共働きを理由に家事しない嫁が増えている!

2018.4.13

今の時代共働きをしている家庭が多いですよね。あなたのお宅では家事や育児が原因の揉め事はありませんか?

共働きの場合、家事も夫婦で分担している家庭も多いのではないでしょうか。

共働きの家庭で家事しない嫁も増加しています。共働きの場合旦那さんが家事をする割合も多くなっています。共働きの家庭の家事についてまとめてみました。

こんな記事もよく読まれています

共働きの家庭が多くなり家事しない嫁も急増中?

近年共働きの家庭が多くなりました。家事を分担している家庭も多いのではありませんか?しかし残念なことに、多くの家庭での家事の割合について妻が夫に不満を持っています。

家事は女性のやることで、夫はそれを手伝う役だと思っている男性も多いのです。ほとんどの家庭では文句を言いながらでもどちらかが妥協して、毎日を過ごしています。

日本は夫は家事をする時間が世界でもとても短い国。その分妻の家事時間が多いと言うことになります。そのことが要因なのか専業主婦になりたい妻の割合も他の国より多いです。

外国では共働きが当たり前というのは日本ほど長い時間働いていないので、夫も家事に参加できるのです。妻も夫もきちんと分担して生活しています。もう少しゆとりのある働き方になると、家にいる時間も長くなり家事分担も上手く出来ると思います。勤務体制が良くなるのはまだ先の話になりそうです。

共働き!家事しない嫁…。共働きでイライラする原因は?

共働きで家事分担がうまくいかない

私は家事でイライラすると「何もしないでゴロゴロして」と言う目で夫を見ていました。夫にとってこの行動はとてもイライラしたそうです。夫の主張は「仕事から帰って来て少しくつろぎたいのに、文句を言われるのが腹が立つ」でした。そして私は「ご飯を食べる時にひじをつかない!」という一言から大喧嘩になりました。

お疲れ様の言葉で関係は良くなる

我が家の夫ははじめから家事を全然手伝わないわけではありませんでした。しかし当たり前のように言われるのは嫌だったそうです。「それは私だって同じ!」と言う声も聞きます。結局家事うんぬんではなく「ねぎらって欲しい」のではありませんか?

私だって仕事をして毎日ご飯作りに洗濯、掃除と頑張っている。夫も毎日朝から夜まで仕事をして頑張っている。お互いが「男なんだから稼いで当たり前」「女なんだから家事をするのは当たり前」になり日頃の感謝を口にしない。このことが「本当のイライラの原因」です。

もし夫が休みの日に子供を連れて出かけてくれても、ねぎらってくれないからイライラが解消されることはありません。「お疲れ様」「ありがとう」は毎日言うようにしてみてはいかがですか。

共働きで家事しない嫁に夫がとった行動とは?

母親に家事の助けを求める

結婚当初から家事分担を進んで行っていた夫。共働きなので家事は夫婦でやるのはあたり前と思っていました。子供が生まれてからは妻の負担を少しでも軽くしようと以前より家事を積極的に行うようにしました。しかし気が付くと妻は家事も育児も全くしていない事に気が付きました。仕事から帰ると疲れたと言い全然動かない日が増え、いつしかそれが普通になってしまったのです。

夫は会社で移動になったのを機に妻にもう少し家事をやってくれるように頼みましたが妻は「これ以上無理」の一言。

そこで夫は妻がやらないのならと自分の母親に家事の助けを求めます。掃除や洗濯などの家事をするために姑がいつもやって来るようになり居心地の悪くなった妻。妻は母親に手伝いを頼むのは辞めて欲しいと言って来ました。夫は2人とも家事ができないのだから仕方がないと話をしました。困った妻は少しづつ家事をやるようになったとのことです。

家事をしない嫁!SNSで後悔

今はSNSは日常生活の一部になっていますよね。妻に面と向かって言いたい事を言えない夫はSNSで怒りを発散させていることもあります。妻がやらない家事を黙々とやって来た夫。妻はだんだん家事をやらなくなり、気が付くと夫ばかり家事をしている状態。妻から感謝されることはなく当たり前と思われることに腹を立てたのです。

そんなストレスを発散させるために利用したのがSNS。妻が全く片付けをしない様子をSNSに公開したのです。もちろん妻はSNSに公開されていることにはまだ気が付いていません。

共働きの家庭の家事や育児の分担の方法とは?

我が家の家庭の家事育児と生活費の分担方法

お金の負担をどうするのかは同棲前に話し合い、同じ額を出し二人の生活費に使うと言うことにしています。でも実際に足りない分を旦那が出してくれています。

出産前と産後はしばらく働けない時期は生活費は払えないと夫に言いました。私は自営業なので、出産手当金も育児休業給付金もありませんでした。収入のない出産前後も健康保険料や国民年金の支払いもありました。産後はしばらくは夫が3人分の生活費を出してくれました。

子供が保育所に通い出したので、私が早めに仕事を切り上げて育児に時間を割いています。そのため生活費の支払いはかなり少なくしています。

夫婦でお互いに協力してると言っても色々な夫婦があります。もしかすると話あうことでほんの少し楽になる、もしくは気分が軽くなることもあります。

共働きで家事をしない嫁や夫に効果のある方法とは?

一番効果があったのは「共通の目的をもつ」です。
お互いに協力しあえる関係を作るのに一番大切なのは「共通の目標や目的をもつこと」と言われています。

今まで「家事を手伝ってほしい」と言う私「もっと自由に過ごしたい」という夫。向いている方向が真逆でした。ですから夫の意識の中には「やらされている感」があり、いつも受け身になっていたのです。

でも私達夫婦に「副業で収入を増やしたい」と共通の目的が出来てから夫はびっくりするほど変わりました。

副業についやせる時間は子供が寝てからになるので、子供が寝るまでいかに家の用事を終わられるかがカギになります。すると自然に私と子供達がお風呂に入っている間に夫が食器を片づけてくれたりして協力してくれるようになりました。

夫婦で共通の目標を持ちましょう。

 - 暮らし・生活