記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

バイトで不採用になってしまう理由とは?簡単なミスが原因かも

2018.4.8

今回のバイトの面接、上手くできたかなと不安になるのもわかります。できれば何度も落ちたくないバイト。

しかし、なかなか決まらないときはどんなことに注意したらいいのでしょうか?

たまたまタイミングが悪かったということもありますが、バイトで不採用になってしまいがちな理由について調べてみました!良い印象を与えるために、当てはまるところは直しましょう。

こんな記事もよく読まれています

バイトで不採用になってしまう理由はコレ!履歴書はきちんと書こう!

バイトで不採用にならない為には!履歴書をちゃんと書きましょう!

不採用になってしまう履歴書の書き方は「記入漏れや空欄が多い」「写真を貼ってない」「写真の表情が怖い」などです。

「記入漏れや空欄が多い」

履歴書に記入漏れや空欄が多いと、受かりたいという気持ちがないと受け止められてしまう事があるでしょう。特に、志望動機などが空欄に近い状態は、不採用になってしまうかもしれませんので、きちんと記入してください。

「写真を貼ってない」

履歴書に写真が貼っていないだけで、不採用になってしまう事が!
ただ、貼るのを忘れてしまったとしても一緒です。
写真がないのは、空欄と一緒です。必要事項に記入されていないのは、だらしがない人という印象が・・・

「写真の表情が怖い」

写真をせっかく貼っても、表情が怖いのはよくありません。
もし、表情が関係ない仕事だとしても、採用を担当している人の第一印象が良くないですよね?
同じスキルを持っている明るい表情の人と怖い表情の人。あなたならどっちを採用しますか?

バイトで不採用になる理由はひとつじゃない!

バイトで不採用にならない為に、気をつけてほしい事があります。

まずは電話です。
バイトの応募で、電話する事がありますよね?
その時は、忙しい時間帯を避ける事です。
もし、飲食店なら、お昼や夕方を避けて、15時~17時頃が良いと思います。

そして次は、バイトの志望動機についてです。
採用担当者が注目する所の1つです。

学生や主婦は「学校や自宅から近いから」と、このように書く事が多いと思いますが、それだけではちょっと弱いので、いつも利用していて、とてもお店の雰囲気が良いからなどの感想もプラスしましょう。

また、「稼ぎたいたから」という志望動機を書く人もいますが、それだけだと「他の仕事でもいいのでは?」と思われてしまうので、仕事に興味があって長く続けられそう、ここでしか学べない何かを得たいなどの理由をプラスして工夫してみてくださいね!

バイトで不採用になる理由を聞いてみました!

バイトではどんな理由で不採用になってしまうのでしょうか?

面接を担当している人に聞いてみました!

特に服装などの外見をチェックしているうようです。

  • 身だしなみのチェックはしています。
    スーツでなくてもいいのですが、だらしない服装は印象がよくありません。
    また、面接中の態度もチェックしていますよ!
  • スーツで働く仕事なので、できればスーツで来てくれると、仕事する時のイメージが沸きやすくていいです!
    どんな服装でいけばいいのか、事前に聞いてくれるのが良いと思います。
    スーツで仕事するので、面接はスーツ着用でお願いしているのですが、学生の場合はネクタイが変に結ばれていたりしても、それは後で慣れていくものなので大丈夫です。
    でも、髪型や髪の色については、金髪や長髪はお断りです。

面接に行く時は、服装と髪型、そして髪の色も気をつけましょう。

バイトで不採用になった理由は教えてくれるもの?

バイトで不採用になってしまった時、この場合、その不採用になった理由を聞く事ができるのでしょうか?

不採用になった理由は、単純な理由なら教えてくれることもあるようです。

大手チェーン店では難しいかもしれませんが、個人店の場合、教えてくれることもあります。
理由としては、シフトにもっと入れる人がいた、通勤に不便があると思ったなどです。
人格を否定する理由ではない場合、お店の人も言いやすいのでしょう。
(もし、理由を教えてくれなくても、人としてダメというわけではありません。)

不採用になった理由を聞いた時に、教えてくれない。
でも、ほとんどの場合、不採用の理由については教えてくれない物なので、すごく気にしてしまうなんて必要はありませんよ!

また、面接の時にあらかじめ不採用の理由については、一切お応えできませんと言われる事があります。
この場合は、そう言われているのですから、マナーとして、聞くべきではないので気をつけてください。

バイトの採用に不利となってしまう理由とは?

バイトの採用で不利になってしまう理由はどんな事があるのでしょうか?

それは「転職の回数が多い事」です。

転職の回数が多いのは、経験が豊富という事にはなりません。
すぐにやめてしまう人と思われてしまうでしょう。

このデメリットをカバーしようと、経験豊富とアピールするのは効果がありません。

期間限定の募集なら良いかもしれませんが、企業は長く勤めてくれる人を求めています。
しかし、転職の理由が結婚や出産なら、自己都合の退社とは区別されるので明記してください。

結婚や妊娠などの都合があって、長期では働けなくても仕事はしたいのであれば、期間限定の派遣の仕事などがオススメです。

このような事情で期間限定の仕事をしている回数が多い人は、長期で働けるようになった時に、一緒に働く人に迷惑をかけない人という印象を企業も持ってくれると思いますよ!

 - 職業・仕事