記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

足首を柔らかくする方法『 サッカー』でのストレッチ方法

2018.6.10

サッカー選手になりたい!と思うお子さんも現代には多く見られますが、サッカー選手を見ていると、足首のしなやかなドリブルやパス裁きに見とれてしまうことはありませんか?

サッカー選手になる為には、足首が柔らかいこともが重要で、捻挫予防をすることもできるのです。

ここでは足首を柔らかくする方法の、ストレッチ方法について調べまとめてみました。

こんな記事もよく読まれています

サッカーが上達する為に足首を柔らかくする方法とは!

サッカー選手になりたい!というお子さんも沢山いるでしょう。
サッカーに限らずスポーツをする場合に重要なのは柔軟性です。

特にサッカーの場合は、足首の柔軟性が必要です!
足首が柔らかいと、捻挫することが減ります。捻挫をしたとしても、治りが早いことが言えます。

逆に足首がかたい人は、動きがぎこちなく感じますね。

サッカーをやっている人や、上手くなりたい人は足首を柔らかくしましょう!

柔らかくするには?
「足首周りのストレッチ」をオススメします。毎日、丁寧にやることが大事ですよ。

朝起きたら、サッカーをする前、サッカーをした後、お風呂から上がったときなどやってみて下さい。
すぐに結果はでませんが、毎日続けることで間違いなく差は出るでしょう。

筋肉がしっかりと動くように動かしてください。

  • 足首を大きく曲げてから伸ばすというストレッチを20回繰り返します
  • 足首を回します。外回しとうち回しを10回ずつ繰り返します

サッカーが上手くなりたい時、足首ストレッチで柔らかくする方法

足首ストレッチの良いところ

  • ケガをしにくくなる
  • 足首の可動域が広がる
  • むくみがとれる
  • 血の流れが良くなる

またストレッチを続けて行うことで色んなメリットがあります。

捻挫の予防になる
足首ストレッチを続けていると、柔軟性が付きます。足首や柔らかいと動きもよくなります。
足首がかたいと、つまづいたり転倒しやすくなってしまいます。また捻挫しやすいこtがあります。

血流がよくなる
血流がよくなることで、むくみもとれます。
血流がよくと全身の筋肉へと運ばれる酸素の量が増えます。筋肉の修復がおこなわれて足が軽く感じるでしょう。

足のむくみも取れて細くなる人もいます。立ち仕事が多い女性には嬉しい効果ですね。

足が張っていると感じた時に、足首ストレッチを試してみてください。

サッカーをする時に足首が固いと怪我の原因になることも!柔らかくする方法はコレ!

サッカーをしていて、足首が固い選手は色んなリスクがあります。

まず第一に捻挫しやすい事です。
ケガのリスクが大きいといえます。またプレーにも影響があります。

足首が固い人の原因はなんでしょう?

考えられることの一つとして、「前脛骨筋の疲労の可能性」があります。

速いスピードで走るためには、母指球で地面を捉えるラットな着地が重要です。
前脛骨筋が疲労していると、足のつま先がさがった状態で着地してしまいます。
その状態では、地面からの反力を得ることは困難になってしまいますので、速い走りが出来なくなります。

ですので前脛骨筋を柔らかくすることをオススメします。
足首の柔軟性を付けるために毎日やってみて下さい。テニスボールを使って行っている人もいますよ。

足首を柔らかくするストレッチ効果でサッカーが上手になる!

足首が柔らかいと、サッカーがうまくなる!サッカーが上手い人は足首が柔らかい!ということはよく聞きますね。

足首が柔らかいと、サッカーがうまくなる!というのは間違っていないと思います。

足首が柔らかい人と固い人では、ボールタッチが違います。

ボールタッチが柔らかいと、間違いなくプレーの幅もひろがりますね。

またサッカーにつきものの捻挫もしにくいといえます。
足首の固い人は、よく捻挫をしていると思います。

足首が柔らかいともし捻挫をしても症状が軽くすんだり治りも早く、痛みがとれるのも早いでしょう。

足首を回したり、伸ばしたりするストレッチをして柔らかい足首を手にいれてサッカーもうまくなりましょう!

練習と同じく、毎日コツコツを続けることが大事です。
気が付くと、努力した分結果は出るでしょう。

サッカー選手になりたいなら足首を柔らかくし、まずは腰も柔らかく!

サッカー選手にとって重要な柔らかい足首。
プロの選手や一流の選手をみていると、ものすごい足首が柔らかいと思いますね!
足首のしなやかなドリブルやパス裁きは素晴らしいですね。

じつは足首を柔軟にするには、腰の柔軟も大事です。

  • 腰を前後左右に動かします。
  • 腰を左右から回します。

この動きをやってみて固い、滑らかじゃないと感じる所はありませんか?
その部分を集中して行ってみて下さい。
※むりな動きで腰を痛めないように注意して行ってください。

前後左右の動きがスムーズにいくようになったら、次は股関節を柔らかくしていきます。
それと同時に足首回しとアキレス腱伸ばしもやってみて下さいね。

足首を柔軟、腰の柔軟、体の柔軟性はケガを防ぐのには大事なことです。
足首一部分だけではなく、体全体の柔軟性があったほうがいいですね。

ケガをしなくてすむように、自己管理をしっかりとしましょう!

 - スポーツ・アウトドア