記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

自転車の交通違反。赤切符で1回目の場合について徹底調査!

2018.6.7

自転車の違反行為に関する取り締まりが厳しくなっていますが、もし警察に赤切符を切られた場合その後の流れはどうなるのでしょうか?

実は警察から交付される書類は2種類あり、それによってその後どうなるかが変わると言います。

1回目の赤切符でも前科がついてしまうこともあるのでしょうか?自転車の交通違反に関する現在の罰則について詳しく説明します。

こんな記事もよく読まれています

自転車は赤切符しかないから1回目でつかまる?それは昔の話?

自転車の信号無視などが警察に見つかったら、まずはすぐに横断を止めるように指示が出されるでしょう。それを無視した場合など悪質だと感じられる場合には交通切符がきられる事もあります。

赤切符を切られた場合は裁判所に出頭したのち、警察官に取り調べを受けて書類送検をされます。

自転車だから交通規則を守らなくてもいいなんて話はないんです。

しかも道路交通法が改正される以前は、自動車のように軽度な違反にで切られる青切符なる反則切符がなかったため悪質な違反に対しては赤切符を切られてしまうという事です。
実際に上記したように赤切符が切られたという事実もあります。起訴猶予が付く事もありますが、この場合でも前歴は付いてしまいます。

自転車の交通ルールだとあなどらす、しっかりと守りましょう!

1回目の自転車の違反行為で赤切符・・・。前科はつくの?

2015年の道路交通法の改正により自転車運転者講習制度が導入されています。

自動車で違反をした時に講習に行かなければいけないのと同じですよね。この自転車運転講習に行かなければいけないのはどんな時なのか!?

それは3年以内に2回以上、危険行為を行って検挙、または事故を起こした場合です。

「14の危険行為」という自転車の危険行為に当てはまった場合は検挙されるので、しっかりと確認をしておく必要があります。

また警察からもらう書類によっても処分が違ってくるので、こちらもしっかりと覚えておきましょう。

1つは道路交通法の改正によって耳にする事が多くなった自転車指導警告カード、地方によっては警告カードやイエローカード、レッドカードと呼ばれる場合もあるようです。

そしてもう1つは赤切符、交通切符の事です。

最初に紹介したように赤切符を切られた時は略式起訴が行われ刑罰が科される可能性があります。

検察庁や裁判所の交通分室、交通警官室などで簡略化された取り調べを受けて、検察官が刑罰を科すかどうかを判断します。起訴されなければ起訴猶予で前科は付かず前歴が付き、罰金などの刑罰が科されれば前科が付くという事になります。

自転車の違反・・・。赤切符1回目なら講習は不要?

「14の危険行為」の罰則は「2万円以下の罰金または科料」「5年以下の懲役または100万円以下の罰金」まで、一つに限らず様々です。

しかし2015年に道路交通法が改正される以前は、ほとんどの場合が赤切符を切られることがなかったと言われています。

ここ最近では自転車での大きな事故が増え、道路交通法が改正されてからは自転車指導警告カードをもらったという話も耳にするようになりました。

また改正以降は赤切符を切られた場合、先ほどもお話をしたように3年以内に2回以上の危険行為を行って検挙されたり、交通事故を起こした場合には自転車運転講習を受けなければいけません。

この講習、たかが講習と侮ってはいけません。講習を受けなかった場合は5万円以下の罰金となっています。

こちらは刑事上の責任とは別の罰則です。

自転車で信号無視をしたら罰金はいくら?

信号無視で赤切符を切られて略式起訴を受けた後、刑罰が確定すると5000円前後の罰金となる事が一般的なようです。

普通自動車が信号無視をしたらどうか?というと、同じ信号無視でも9000円の罰金が科せられます。

軽車両と言われる自転車ですが、同じ交通違反をしても歩行者の次に交通弱者と呼ばれる自転車であるからか罰金の金額は自動車と比べると低くなっているんです。

しかし違反をした場合は、上記のようにしっかりと刑罰があります。

略式起訴が行われて起訴猶予が付けば罰金などの刑罰を受ける事はありませんが、有罪となれば罰金などの刑罰が科されます。

刑罰が科されればそれが記録として残りますので、他の犯罪のような前科ではないとしても前科があるというのは気持ちがいいものではありませんよね。

自転車で違反切符を切られても罰金を支払わないと

違反切符を切られると自動車と同じように罰金を払わなければいけません。これを払わずに放っておくと刑事事件とされて逮捕されて身柄を拘束される事もあります。

そして簡易裁判が行われ罰金刑が科せられるでしょう。

もしこの罰金刑の罰金も払わずにいるととどうなるのか?というと労役場留置所に留置される事となり働いて罰金を支払う事になります。

また何度も話しているように赤切符が切られた場合は反則金とは違い、その時点で刑事事件となります。

そのため簡易裁判などが行われ、罰金刑に課された場合はやはり罰金を支払わなければいけません。

この罰金を支払わなかった場合も、同じように留置されて罰金分を労働をして支払わなければいけなくなります。

もし自転車で人の物を走行中に壊してしまったなどという場合には、民事の事件となり所有者に弁償をしなければいけなくなる事があります。

この場合は犯罪ではありませんが、賠償額がお互いの話し合いによって決まったのに支払いをしないでいると裁判所に手続きをされて強制的に支払いをしなければいけなくなります。

 - 暮らし・生活