記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

会社の研修中の給料が出ないのは法律違反?その対処法とは

2018.6.4

会社の研修で給料が出るか出ないかについては、それが労働時間に当るかどうかがポイントだそうです。

研修とはいえ、会社に拘束されている場合は給料は出るのが当然のように思いますが、そうではない会社も多いようです。

そこでここでは気になる研修中の給料についてや、研修中の給料が出ない場合の対処法についてまとめてみましたので、モヤモヤ悩みを抱えている人は、ぜひ参考にしてください。

こんな記事もよく読まれています

会社の研修で給料が出ないのは法律違反?判断のポイントとは

新人の頃は研修も多く、自己啓発のための研修から営業社員研修まで、色々な研修を受ける機会があります。

研修を受ける側としては、研修期間といっても会社に入社しているわけなので給料も発生するのでは?と思ってしまいます。しかし会社によってまちまちで、研修期間は労働時間としてカウントせず給料を支払わない、というところも実際あります。

研修中の給料は法律でどのように決まっているのでしょうか。

重要なポイントは、研修が労働時間に当たるかどうかという点です。

労働時間中は会社の命令に従う必要があるため給料も発生しますが、労働時間外は命令に従う必要もないため給料を受け取ることはできません。

では研修は?となりますが、研修が会社の命令によって強制参加させられているものであれば、当然給料を支払わないと違法となります。

「研修」といった名前がついている以上、それは法的に通常業務を行っている事と同じになるので、給料が発生しなければ労働基準法違反となるのです。

研修が自由参加で、参加・不参加を選べるようなもの程度であれば、労働時間としてカウントされなくても法的に問題ないとなります。

研修中の給料が出ない場合の対処法

強制参加の研修の場合は給料が発生するものですが、研修中の給料が出ないという可能性もあります。

例えばアルバイトの面接時に、「研修期間が終わるまでは給料は出ません」と予め言われることもあります。本来は支払われるべきところ、振り込みを確認すると研修期間の給料は含まれていない状態になります。

そのまま泣き寝入りしてしまうことの方が多いですが、会社の人事担当者などに給料の振込について訴えてみましょう。
「研修期間でも法律で給料が支払われることになっている」ということを伝えてみましょう。

例え事前に雇い主と労働者の間で同意をしていたとしても、法律に違反しているため契約としては認められません。
上司や担当者に訴えても同意してくれない場合は、会社に悪意があるとしか思えません。

各都道府県の労働局内に「総合労働相談コーナー」が設置されていますので、そちらに相談することも検討するといいでしょう。

バイトの研修中に仕事を辞めた場合は給料は出ないもの?

研修を受けて「自分には向いていない」と感じて辞めてしまうこともあると思います。研修中は給料が発生するものと説明してきましたが、研修中に仕事を辞めてしまった場合の給料はどうなるのでしょうか。

結論から言えば、研修によって拘束されたことに変わりはないので給料は貰えるはずです。上記で説明したとおり法律でも決まっていますので、支払わないのは違法になります。
優良企業ならこちらから何も言わなくても普通に支払ってくれることもありますが、全ての会社が給料を支払ってくれるわけではありません。

事前研修というのは、研修後に現場で働くことが前提で行われるものです。
研修だけ済ませて辞められてしまっては、会社側になんのメリットもありません。むしろ給料を払うとなるとマイナスでしかありません。

簡単に給料を支払ってしまうと、事前研修の給与をもらう目的で応募してくる人も出てきます。
それを阻止するため、「事前研修を終えて○日間以上(○ヵ月以上)勤務した方のみ給料を支給します」といったルールを設けている会社もあります。

研修中の給料がどうなっているのか、これは事前に確認しておくべき項目の一つです。

研修時の給料、派遣社員の場合は?

派遣の仕事が決まった後の説明で、2日間事前研修を受けるよう言われることもあります。

給料に関して何も説明がないため当然支給されるものと思いがちですが、必ずしも支給されるとは限りません。
受ける側としては、これからの業務に役立つと思って参加を希望したわけですが、2日間拘束されるのに無償というのは納得できないものです。

研修が終わってからでも研修中の給料を請求することはできるのか。

ポイントは、その研修が任意参加の研修か、それとも義務付けられたものなのかになります。
当然義務付けられたものだと給与が発生しますし、任意参加の研修でスキルアップ的な意味合いのものであれば給与は発生しないということになります。

派遣先で言われた2日間の研修が任意参加の通知もなく、派遣業務に就く際の条件とされていれば、労働時間として認められるため給与も発生します。
派遣会社の担当者に相談してみましょう。

研修を受ける際は、その研修が義務なのかそれとも任意なのかを事前に確認することが大切です。

内定者を対象にした研修では、給料が出ないケースが多いってホント?

内定研修について

研修が目的というよりも、内定者の囲い込みという目的が強い感じがしますが、この内定研修でも給料は発生するのでしょうか。

結論からいえば、こちらも強制参加の研修であれば、参加した時の時間に応じた給料をもらうべきです。
強制力もなく自由参加の研修なら、法律上は賃金の有無は会社の判断に任されることになります。

とはいっても、新人が企業側に「この研修は強制参加ですか?出なくてもいいですか?」なんてなかなか聞けないものです。
入社前に不利を受けて嫌われたら元も子もありません。

内定研修があると言われれば、それに従うしかないのが現実ではないでしょうか。入社する前も入社した後も強いのは企業側です。

学生は半強制的に参加してしまう状況ですが、研修と言っても一種の仕事です。強制力が伴わないと言われたとしても、一定時間拘束されて指揮命令に従うわけですから給与は発生するはずです。
でもどれだけの会社が研修に対して対価を支払っているのか、実際にはわかりません。

研修中の給料に関しては、会社によっても違うので具体的にいくらとは言えません。

ただ多いのは、初任給を時給に換算する方法です。時間分を時給に掛けて支払うものです。

 - 職業・仕事