記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

ファーストフードとファストフードの違い!正しい呼び方は○○!

2018.5.27

「ファーストフード」と「ファストフード」、この二つの言葉を使う時、イメージしているのは有名ハンバーガーチェーンなどですよね!

つまり、このどちらの言葉も同じ形式のお店を意味して使われている言葉になりますが、実際は「ファースト」と「ファスト」のどちらが正しい言葉になるのでしょうか。違いは何?

今まではなんとなくニュアンスで使っていたという人も、この機会にどちらが正しい呼び方なのかチェックしてみましょう!

こんな記事もよく読まれています

ファーストフードとファストフードの違いは?

ファーストフードなのかファストフードなのか、どっち呼び方が正しいのかわからないまま使用している人もいますよね!

イギリス読みでは「ファーストフード」は「fast food」と書きます。この読み方では「ファースト」と伸ばして呼ぶのが正しい呼び方になります。

では「ファストフード」は間違えた呼び方になるのでしょうか。

「ファストフード」はアメリカ読みになり、アメリカ読みの場合は「fast food」を「ファストフード」と読むようになります。

英語の辞書で「fast food」を引いてみると、「ファストフード」も「ファーストフード」もどらも同じ発音記号で示されていますので、どっちの読み方でも問題はないということになります。

「fast food」はどっちの読み方をしても間違ではないということになります。

違いは明確?ファーストフードとファストフード

ファーストフードとは、英語の「fast food」から来ているカタカナの言葉になります。君も英語と同じで「注文して待たずに食べることが出来る食事、持ち帰りが出来る食品」というものになります。

「first」ではなく「fast」から来ているので、「ファストフード」が正しいという意見もありますが、日本ではイギリス読みの「ファースト」が定着しています。

ですが、イタリアでのスローフード運動が日本でも浸透している中で、「スローフード」と言う言葉に対して「ファーストフード」と呼ぶのはおかしいという考え方から、意図的に「ファストフード」と呼ぶこともあります。

本来はアメリ読みの「ファストフード」とが正しいということです。

また、「fast food」の反対の言葉は「slow food」になり、「スロー」の反対ということからも「ファスト」と呼ぶようになります。

ファーストフードとファストフードは意味が違います!

「fast」と「first」と言う単語は、どちらも発音がよく似ています。

このため間違われやすいという一面もありますが、この二つの言葉の意味は全く違うものになります。意味を見てみましょう。

  • fast(ファスト)  「速い」という意味
  • first(ファースト) 「最初の」という意味

「ファーストフード」という言葉を直訳すると、「最初の食べ物」という意味になりますが、この意味は本来の意味とは違います。

元々は「fast food(ファストフード)」という英語になります。

日本では「ファーストフード」という呼び方が定着していますが、英語で表記すると「fast」になります。

本来は「速い食べ物」ということになりますね!

手早く提供されて手早く食べることが出来るものを「fast food(ファストフード)」と言います。

ファストフードとスローフード

1986年、北イタリアにある「ブラ」と言う小さな村で生まれたのが「slow food(スローフード)」です。

スローフードは、「fast food(ファストフード)」に対極するものになります。

ファストフードは「手早く調理されて注文してすぐに食べることが出来る食事」を意味しています。

安い値段で手軽に食べることが出来、味もそこそこ美味しいということから、世界的にも広がりを見せているものですよね!

ですが、食材の生産者や料理を作った人たちの顔が見えることがないため、食材や添加物に対しての不安があるのも事実です。

スローフードというのは、「ゆっくり食事をする」というものではなく「その土地に合った生産方法で丁寧に作られた食材を食べ、その土地の文化や魅力について見直してみましょう。」という食事です。

最近ではファストフードに対してスローフードが浸透してきています。

ファストフード誕生の経緯

一番最初にファストフード店が出来た場所はアメリカと言われています。

ファストフードの代表的なものと言えば「ハンバーガー」ではないでしょうか。

ハンバーガーが誕生したのは、1904年頃に開催された「セントルイス万国博覧会」の会場になります。

丸いパンにハンバーグを挟んで作ったサンドイッチのようなもので、これをきっかけに誕生したという説があります。

また、このほかにもウィスコンシン州のレストランの料理人が短い時間でミートボールを調理するためにあらかじめつぶした状態で焼き上げ、食べやすいようにパンにはさんでお客さんに提供したのがはじまりという説もあります。

他にも色々な説がありますが、どの説も20世紀初頭のアメリカで誕生したというもので、この時のことが原型になってハンバーガーが誕生したと言われています。

20世紀初頭のアメリカは不況の真っただ中にいました。

今日急な料理よりも、手軽に庶民が食べられる料理が求められていたということも、ハンバーガーが誕生した背景にあるのかもしれませんね!

 - 雑学