記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

テレビのイヤホンジャックが故障?そんな時にはこんな対処法を!

2018.5.25

テレビのイヤホンジャックの聞こえがなんだか悪い?そんな時には故障してしまったのかといろいろな方法を試行錯誤して試す方も多いかと思います。

そんな時にどんな方法を試せば、音が聞こえるようになるのでしょうか?

ここでは故障かな?と感じた時に試したい方法などのお役立ち情報をご紹介します。

こんな記事もよく読まれています

テレビのイヤホンジャックが故障した?そんな時に試したい方法とは

テレビのイヤホンジャックが故障したかも?そんな時には買い替えるしか方法がないのかな?と思いますよね。

そんな時にまず試してほしい方法があります。
イヤホンジャックの接触不良を調べていくとこんなことがわかりました。

検索結果に「接点復活剤」というものが出てきたので、どういうものなのかについて調べると、電気接点などからの汚れなどを除去し、接点の不良を低減する効果があるそうなのです。

しかしあくまでも応急処置なので、一時的に直したいときの方法と考えてくださいね。

イヤホンプラグとは差し込む側のオス端子の方です。間違えないように軽く気をつけてください。

イヤホンジャックはプラグを差し込む穴のメス端子には、間違ってもかけないように注意してください。

テレビやスマホのイヤホンジャックが故障の時にはエアダスターが◎

テレビやスマホのイヤホンジャックの聞こえが悪い時には、目に見えないホコリが付着していることがあるので、まずはそのホコリを取り除くことが大切です。

そんな時にはエアダスターを使い、エアダスターでとってあげるようにしましょう。
一撃でホコリをこっぱんみじんに吹き飛ばしてくれますよ!

考えたみたら普段、テレビやスマホのイヤホンジャックってそのまま置きっぱなしや、ポケットやカバンの中に入れっぱなしの状態になっていますよね。

なので、私達が思っているよりも意外にホコリは貯まってしまうのです。

イヤホンから音が聞こえなくなるほどのホコリがジャック内に溜まるなんて、あり得ない!と思ってしまいますよね。

もしそんな時には、是非エアーダスターでホコリを取り除いてみてください。

テレビやスマホ、パソコンのイヤホンジャックが故障した時にはまずは綿棒で掃除を

テレビやスマホ、パソコンのイヤホンジャックが故障した時には、エアーダスターがあれば良いのですが、もし自宅にない時には綿棒でも代用することができますよ。

一番良い治し方を解説します。

  1. テレビやスマホ、パソコンを再起動する。
  2. エアーダスターでキレイにする。
  3. 綿棒で掃除する。
  4. 接点復活材を使う。

以外にも1だけで、治ったと言う方も多いようです。
この原因は、はっきりとはわかりませんがずっと電源を入れっぱなしにしていると、動作が鈍くなったり不具合がおこる場合があるようです。

なので定期的にこの方法を掃除を行うことで、大事なOA機器を故障することから守ってくれますよ。

再起動しただけで治ったら、こんなに嬉しいことはないですよね。

ホコリを取り除く際には、綿棒がない時にはつまようじにティッシュをかぶせて代用してみましょう。

掃除する時に強くやりすぎてしまうと、端子部を痛めるので注意しながら行うようにしてください。

イヤホンが片方しか聞こえない時にはこんな原因が考えられる!

イヤホンってそんな簡単に壊れることはないと思ってしまいがちですが、実は大事に扱わないとすぐに壊れてしまうんです。

イヤホンがもし片方だけ聞こえないという場合の原因には、ヘッド部分が断線している可能性が考えられます。これはイヤホンコードを扱う時に乱暴に扱ったしまうと、このような原因が起きてしまいます。

イヤホンやヘッドホンは、機械に接続するプラグの部分は金属で作られており、次第に空気中の酸素と結合して、酸化しやすくなると言われています。

そのため、プラグの接続部分に薄い酸化膜ができて、うまく接続されないということがおこってしまうのです。こういった原因が考えられることから、片方が聞こえなかったり、音が小さくなったりすることがあるのです。

その時には、ラグとその近くのコードをちょっと動かしてあげると、接触不良の時には改善される場合があるので試してみてください。

イヤホンが片方しか聞こえない時にはこんな方法を試そう

イヤホンが片方しか聞こえない時には、プラグ部分が接触不良を起こしてしまい音が聞こえないことが考えられます。

その時には、メガネ拭きなどの柔らかい布でプラグ部分を優しく拭くようにしてみてください。意外にもこの方法で直る場合もあるようです。

また、音響機器によっては右と左部分がきちんと差し込みされてないと、音が聞こえない時がありますので、きちんと確認して差し込むように気をつけましょう。

長年イヤホンを使っていると、イヤホンの線は断線しやすくなることが考えられます。特にプラグの根元部分が断線しやすく片方が聞こえなくなるという現象が見られます。

軽い断線とはいえ寿命は間近になっていることがわかります。なのでこういった症状が見られた時には買い替えを検討しておく必要があります。

 - 暮らし・生活