記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

ソフトテニスの練習メニューを行うにはこのやり方がオススメ

2018.5.23

ソフトテニスを初めた時には、誰よりも人一倍練習をする方法で上達するしか方法はありません。そんな時どんな練習方法のメニューを行えば良いのでしょうか?

学校以外の練習方法で自宅でできる、上達への練習方法について調べまとめてみました。
その他にも試合に出た時に、実力が発揮できない場合の対処法などにちてもご紹介します。

こんな記事もよく読まれています

ソフトテニスが上手くなりたい!そんな時の練習メニュー

ソフトテニス初心者は、まず「ボール突き」から

ラケットとボールがあればできる練習方法です。

まずはラケットを正しく握って持ちましょう。そして、ラケットを使ってボールを地面にポンポンと「突き」ます。地面にバウンドさせて、跳ね返ってきたボールをまた「突く」、これを繰り返し行います。

慣れるまでは、なかなか続けることは難しいかもしれません。コツは、ラケットがボールに当たる瞬間にラケットを止めるようにすることです。「当たる瞬間に止める」ことは、ボレーの基本動作に結び付いていきます。

ラケットに慣れてくれば、だんだんと続けてできるようになります。諦めずに練習を続けましょう。

次は、ボールをできるだけ遠くに飛ばす練習です。広い場所が必要になりますが、できるだけ体全体でボールを打ち、遠くに飛ばすことが目標です。

助走をつけて行っても良いでしょう。遠くにボールを飛ばすにはどうしたらいいか考えて、腕だけではなく体全体を使ってボールを打つようにしましょう。

初心者がソフトテニスを上達する為の練習メニューはまず素振りから

ソフトテニスは「素振り」が大切

初心者はまずラケットの基本的な振り方をしっかりと体に覚えさせるようにしましょう。

ただし、何も考えずにただ素振りをすれば良いというわけではありません。素振りをする時には、試合で自分にボールが飛んできて、そのボールを打つことをイメージするのです。イメージトレーニングのひとつだと思って素振りしましょう。

勢いで素振りするのもNGです。ラケットが正しく振れているかどうかを確認するためにも、ゆっくりと行うようにしましょう。イメージとしては1回の素振りに約5秒かけるようにしましょう。ゆっくり行うのは意外を難しいもの。その分正しいラケットの振り方を身に付けることができるでしょう。

フォアハンド、バックハンド、サーブ、スマッシュ、ボレー、どの打ち方でも打てるように体に覚えさせましょう。

ソフトテニスでの練習メニューには打つ前のためを作る練習法も取り入れよう

威力があるボールを打つためには「ため」が必要

その「ため」を作る練習も取り入れるようにしましょう。

ボール出しの人には、その人の目線からボールを出すようにお願いしましょう。

自分は左足を上げて片足立ちになります。そして右足でけんけんをします。この時ラケットは引いておきましょう。

そして、ボールが地面についたらけんけんをやめて膝でためを作りましょう。打つと同時に前にジャンプする感じでためを前にのせていく感じにします。

ジャンプする時には前にまっすぐ飛んでいく感じです。打点は前になるようにしましょう。

右足のけんけんが終わったら、足を変えます。

簡単に思えますが、実際にやってみるとボールが飛ばないことがわかります。何回も練習するうちに、ためるタイミングがわかってきます。そうすると、片足だけでも威力があるボールを打つことができるようになるでしょう。

ソフトテニスの試合でボレーができない!そんな時には迷いを捨てよう!

ソフトテニスのボレーが苦手な理由

「ボレーで打たれるかもしれない。」という迷いがあるからでしょう。その迷いは捨てるしかありません。

迷ってしまうことによって、動きは鈍くなります。そして迷いが強くなればなるほど、動けません。最初の一歩目が遅れてしまうのです。

ではどうすれば良いのか?その答えは「コースを絞ること」です。

「クロスかもしれない。」「ストレートかもしれない。」などと考えてまうのが迷う原因です。前衛は相手と距離が近い分迷っていては手遅れとなります。

「クロスかもしれない。」ではなく「クロスにくる。」と決めましょう。そしてボレーに出るのです。反対側は思い切って捨てる勇気を持ちましょう。

練習と同じ感覚で、ボレーするようにしましょう。

一人でもできるソフトテニスの練習方法はコレ!

一人でするソフトテニスの練習方法

練習相手がいない時は壁打ちも効果的です。

しかし、素振りで正しいフォームが身に付いてから始めた方が良いでしょう。

フォームが固まらないうちに壁打ちを始めてしまうと、ボールを打つことに意識が集中してしまうため、フォームが崩れてしまう可能性があります。そうなると、きれいなフォームが身に付かないのです。

壁打ちはストロークの練習だけではありません。ボレーやスマッシュの練習もできるのです。

そのためにも、基本的なフォームが身に付いてから行うようにしましょう。

しかしボール打ちであれば、部屋の中でも行うことができます。6畳くらいの部屋の広さがあれば問題ありません。

初心者はまずたくさんボールを打つことが大切なのです。そのためにも、一人の時間を使って練習しましょう。

 - スポーツ・アウトドア