記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

センター試験の成績通知はいつ届くのか…。詳しく解説します!

2018.5.23

ようやくセンター試験も終わったと一安心の受験生の人も多いでしょう。とはいえ成績通知がいつ届くのか気になりますよね。

そしてその成績通知が高校にもいくのか気になるところですが、それはないと言われています。

2019年までとなるセンター試験ですが、その成績通知がいつまでに届くのかについて詳しく説明します!

こんな記事もよく読まれています

センター試験の成績通知はいつ届く?届かないこともある?

センター試験の結果は、すべての大学入試が終わった後に順次発送されます。なかなか届かないと思っていても、そもそもまだ発送されていない可能性もあります。

また、センター試験の結果はセンター試験を受験した人全員に届くわけではありません。大学入試センターは出願時に成績通知を希望した受験生にだけ結果を郵送しています。

そのため、出願時に成績通知を希望していなければ、いつまで待っても届きません。希望した場合は、試験料と別に通知表送付の手数料を支払っています。

手数料の支払いをした覚えがなければ希望していないということになるでしょう。

あまりにも届かない場合は、大学入試センターに問い合わせてみた方が良いかもしれません。

センター試験は推薦で合格している人も受験!いつ成績通知は届く?

進学校ではすでに推薦で合格している人にもセンター試験を受けるように定めている学校があります。その理由は、合格したあとに羽目をはずしたり、まだ受験が控えている生徒に悪影響を及ぼさないためという理由と、大学入学後に一般受験の生徒と学力の差が出てしまわないようにするためと考えられます。

センター試験を受ける事で、一般受験の生徒と同じように勉強し、気を抜かないようにするのが目的という訳です。

とはいえ、推薦で合格したらセンター試験を受験しない人の方が多いのではないでしょうか。センター試験を受験しなくても悪い事ではありません。しかし、合格を貰えると一気に気を抜いてしまう人が多いです。

気を抜いて羽目を外してしまった結果、推薦を取り消しされてしまうケースもあり得ます。推薦を取り消されると一般入試に切り替えしなければいけません。

センター試験を実際に受けないとしても、大学入学後の学力に差がつかないためにも一般受験と同じように勉強はつづけた方が良いと思います。

なお、センター試験を受けた場合も手数料を支払って希望しない限りセンター試験の結果を郵送してもらうことは出来ません。

センター試験の成績通知よりも平均点が知りたい!いつわかる?

大学入試センターからセンター試験の平均点が何点だったか発表されるのは1月下旬です。中間発表を行ってから2日程で点数の調整をした平均点が発表され、2月上旬に正式な平均点が発表されます。

大手予備校でも平均点を発表しますが、大学入試センターからの発表よりも早いので、大手予備校の点数を参考にする人もいます。もちろん大手予備校が発表する平均点はそれぞれの予備校が独自に算出しているため大学入試センターの平均点とズレる場合があります。

ただし、先ほど説明した通り、平均点は中間発表の後で正式発表となります。大学入試センターの中間発表は受験生全体の半数程度の点数から算出するため、中間発表の平均点と調整後の平均点は正式発表の点数が変わることも多いです。

しかし、大手予備校になると受験生の人数も多いため、正式な平均点に近い点数が算出されると言われています。出来るだけ早くより正式な平均点を知りたい人は大手予備校が発表する平均点を参考にすると良いでしょう。

センター試験で自己採点と実際の点数との差がわかるのはいつ?

大学が受験性の点数を知るのは、願書を締め切った後になるでしょう。大学受験の願書提出の時にセンター試験の成績表の請求票も一緒に出します。大学が願書を受理するとその請求票にて大学入試センターに受験生の成績を請求して受験生の点数を知ることになります。

受験生には受験が終わってから手続きをした希望者にのみ郵送しています。自己採点と実際の点数を確認出来るのは、この郵送が届いた後ということになります。

センター試験後は自己採点をする人が多いですが、自己採点を何のためにやるのかというと自分のためです。

予備校に通っている人は、予備校に自己採点の結果を提出していますが、これは予備校が点数の平均を算出してボーダーを決めるために行っています。自己採点の結果を予備校に提出したからといって、大学側に送られたりするわけではありません。

なお、浪人生は自己採点のほうが良い点数で実際の結果の方が悪いケースもあります。実際の点数と自己採点の点数を比べて自分の反省材料などにします。

センター試験に関する疑問にお答えします!

センター試験の検定料について

センター試験の検定料には2種類あります。検定料は2教科以下と3教科以上に分かれていて、2教科以下で出願した後に3教科以上の受験に変更できませんので注意が必要です。必ず自分が何教科受けるのか確認してください。また、志望校を変更する生徒もいますので、出来るだけ3教科以上で申し込んでおいた方が安心です。

なお、センター試験の結果の郵送を希望している受験生は、申し込みが必要です。

高校では履修していない科目のセンター試験について

高校で履修していない科目をセンター試験で受験したい場合、ほとんどの場合は受験が可能です。ほとんどというのは、大学によって違うためです。

例えば、履修は世界史Bだけど世界史Aを受験することは可能です。しかし、認められていない場合や一部の大学では高校で履修したものに限るなどの条件が付けられている場合もあります。

必ず志望校がその科目の受験を認めているかどうかを事前に確認しましょう。

 - 子育て・学校