記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

ズボンのチャックが壊れた!色々な直し方と応急処置法

2018.5.21

ズボンのチャックが壊れたら焦りますよね。無理やり直そうとすると事態が悪化してしまう可能性もありますし、壊れ方によっても直し方が違います。

そこで、チャックが壊れた時の直し方をご紹介します!

バッグのチャックなどにも使えるので壊れたと思ったら捨てる前にまずは試してみてください!

出先で特別な道具がない時の対処方法もご紹介します!

こんな記事もよく読まれています

ズボンのチャックが壊れた!布が噛んでしまった時の直し方

ファスナーを閉めようとしたら途中で生地を噛んでしまい動かない!多くの人が一度は経験しているのではないでしょうか?

荷物を詰め込んだカバンでハンカチななどが噛んでしまったり。

小さい子供がいると、ファスナー付きの服を着せたときにうっかり噛んでしまって、急いでるのにイライラしたり。

チャックが布を噛んでしまったときの対処

まずは布を噛んでしまったファスナーは、ファスナーを動かすのではなく布を引っ張るのがポイントです。

そのとき、ファスナーにたいして水平に動かしましょう。誰かと一緒にいるときなら、手伝ってもらって布を引っ張りつつ、ファスナーを動かします。

噛んだのが厚手の生地だと、この方法が厳しいかもしれません。そんなときは、ファスナーをドライヤーで軽く温め、先の尖ったピンセットやつまようじなどを布とファスナーの間にひねるように入れます。

このとき、温めすぎないよう注意してください。

ズボンのチャックが壊れた!途中で止まって動かない時の直し方

ファスナーが途中で止まって動かない場合、無理やり力ずくで動かすのはやめましょう。

より状況を悪くしてしまう可能性があります。

とりあえず、一旦落ち対いてからファスナーを元の位置に戻す方法にスライドさせます。

多くの場合は、進行方向に不具合があるので、戻すのは容易なことが多いのです。

戻したところで、引っかかってしまった場所を確認してみましょう。

糸くずなどが引っかかっただけであれば、簡単に取り除けます。

ファスナーのエレメント(歯の部分)がずれている場合には、少し位置を調整するようにして直ることもあります。

ファスナーがスムーズに動かないのは意外とイライラしますが、絶対に力任せで解決しようとするのはやめましょうね。

元の位置に戻すことができたら、引っかかりの原因を確認しましょう。

エレメントがひどくずれているなどがあると、何度も同じところで引っかかってしまいますからね。

ズボンのチャックが壊れた!閉めても閉じない時やズレる時の直し方

ペンチでチャックのスライダー部分を締める

引っかかって動かなくなった場所を確認し、異物などがあれば取り除きます。

もしスライダーに隙間ができているようなら、ウエットティッシュなどで拭き、ペンチを使って少しだけ絞めてみましょう。

あまりきつくてもダメなので、ようすを見ながら少しずつ締めていきます。

閉めたときにファスナーが波打っていたり、かみ合わせがおかしい場合、ペンチを使います。

噛み合わせをむりやり離し、正しい噛み合わせに挟んでみましょう。

片方がスライダーから外れてしまった場合には、下の止め具を取り、ファスナーとスライダーを別にしてしまいます。

このとき細めのペンチを使うと良いでしょう。

調整したら、スライダーをゆっくり入れなおし、動作に問題が無ければ留め具を元に戻します。

ズボンのチャックが壊れた!動きが悪いチャックの滑りを良くする方法

動かないファスナーに鉛筆を使う

鉛筆の先をファスナーの歯(エレメント)にこつりつけてから動かしてみてください。

これだけでファスナーの動きが滑らかになることがあります。

潤滑油を使う

古いファスナーの場合は、錆によって滑りが悪くなっている可能性もあります。

錆びが付いてしまうと食い込みが抜けにくくなることも。

ファスナが-噛んでしまったポイントにミシン油などの潤滑油を数滴垂らしてから生地を引っ張ると、噛んでいたファスナーがスムーズに動くことがあります。

ミシン油などの潤滑油がない場合はサラダ油でも使えます。

石けんやリップクリームを使う

固形石けんやワセリン、リップクリームにも油分が含まれているので、綿棒の先に少量を取り、ファスナーの両側に付けると、スムーズに動くこともあります。

外出先でズボンのチャックが壊れた!どうやって応急処置した?

外出先でパンツのチャックが壊れてしまった、という経験を持つ人はどれほどいるでしょうか。

まさか、と思うけれど遭遇するかもしれないそんな事態。

  • 壊れたチャック部分を隠すように前傾姿勢
  • かつ、チャックにはさりげなく手を当てて周囲から見えないようにする
  • できるだけ手近な店で新品のパンツを購入

と、なれば問題ありませんが、近くに衣料品を扱う店があるかどうか。

応急処置としては、パンツの裏側からガムテープで固定するという方法があります。

ただ、きちんと閉まっていないのがわかってしまうので、まさに急場しのぎ。

女性なら持ち物に安全ピンがあれば使えますね。

キーホルダーに使われているキーリングをファスナーの引き手に通してからボタンに引っかけて固定すれば、勝手にファスナーが下がってしまうことは防げます。

髪を止めるゴムやヘアピンを上手に使う例もありますから、女性の持ち物にはファスナーでトラブルがあったときの対処道具が手に入りやすいかもしれませんね。

 - 暮らし・生活