記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

幼稚園で怪我をしてしまったときの治療費や対応について

2018.5.18

幼稚園で子供が怪我をした場合の治療費はどのようになるのでしょうか?

小学校に入るまで、自治体によっては医療費がかからないところもありますよね。そんなときはどうしたらいいのでしょうか??

また、子供が怪我をさせてしまったときにはどのように対応したらいいの?落ち着いて、先生や子供の話を聞くよう心がけましょう。

こんな記事もよく読まれています

幼稚園や保育園で怪我をした場合、治療費はどうなる?

我が家の息子が幼稚園で怪我をした時は(遊具から転落、頭部を縫う)幼稚園の担任が病院に連れて行ってくれました。私は病院で合流しました。

その場で「この怪我は保育時間中に起きたことなので、治療費に関しては園で加入している保険を使うことになります」と説明がありました。

本来は私の住んでいる自治体でも、医療費は無料なのですが、一度保護者が支払い、その書類を提出することで、治療が終わってから保険から治療費全額とお見舞金が支払われました。

無料制度についてはこのような時は自治体の人から「使わないように」と言われるとのことでした。このことを病院でなかなか理解してもらえず少し手続きが面倒でした。保険については後日説明があり、病院へ提出し記入してもらう必要な書類をもらいました。

幼稚園で怪我をさせてしまったときの治療費は?

幼稚園でお友達に怪我をさせてしまったときは、まずは先生の話を聞く

子供の話を聞いて内容を確認してから、幼稚園や保育園の先生にどのような状況だったのか聞くようにしましょう。
子供は悪気はなく無意識に、自分の都合の悪い事は話さないことがあります。先生が把握している状況を聞いた後に、子供から聞いた話と比べならバラ、違う所がある場合はもう1度先生に確認するようにしましょう。

先生の話が正しいとは限りません。とても大事なことなので「うちの子供ははこのように言っていましたが・・・」と話してみましょう。お互いの話をすることで見えてくる部分もあります。

治療費について

治療や通院にかかる費用は?幼稚園や保育園で怪我をしてしまい、病院での手当や通院しての治療が必要な時、通常は園で全員が加入している保険が適用されます。

(園によって異なるので確認が必要)

しかし怪我の程度によって、保険が適用されない場合もあるので確認してみましょう。

一方的にではなく、子供同士の遊んでいて怪我をさせてしまった場合は、ある程度お互い様と考えることが多いです。中にはどのような理由でも治療費は怪我をさせてしまった方が負担するという考えの方もいます。謝罪した時に話の仕方や、様子を見て費用の負担について話し合いが必要か判断しましょう。

怪我をしたときの治療費や対応は幼稚園によってさまざま

幼稚園という場所は10あれば10の方針があります。教育ばかりではなく、このような「怪我をした場合の対応」も全く異なります。なので「わが園ではこのようにしています」という事例を回答としたとしても、お子さんが通っている幼稚園では「うちのやり方は違います」と言われると話が終わってしまいます。

怪我をした場合、すぐに保護者に連絡するという場合もあります。しかし病院に行って治療を受けると「大したことはない」と言われ、「こんなことでいちいち親を呼び出すの?」と逆ギレされることもあります。

幼稚園で怪我をしたときの治療費は何で支払う?

スポーツ振興センター

保育園や幼稚園、ほとんどの学校が入っている事故に対する保険です。学校管理下の事故と認められると、診療費用の自己負担分を支給してくれます。

今住んでいる自治体では、まる乳があり、乳児は保険診療は無料で受けられます。(行政が負担してくます)ですので自分で病院にかかると負担はゼロです。

スポーツ振興センターの場合、一度診療費を自己負担で支払う必要があるので、忘れた頃に返金されます。

今は保育料が減額されているのと、診療費がそんない高くなかったので、なんとかやっていけていますが、一時的な出費といっても金額によっては家計に響きます。

幼稚園で怪我をさせてしまったときの対応

その場にいた大人に話を聞く

先生やその場にいた大人に、あらためてその場の状況を聞きます。子供の話と違うところがあれば、その都度確認して、出来るだけ正確な状況を把握しましょう。

  • 相手の子供への謝罪
    話を聞いた結果、明らかに相手の子供(被害者)が悪かった場合でも、怪我をさせたことは事実なので、自分の子供と一緒に謝罪します。
  • 相手の親への謝罪
    何よりも怪我をさせてしまった事実について謝ります。その後で明らかにこちら(加害者側)に否がある場合は、状況も含めた謝罪と今後の対応について相手が納得してくれるまで話合いましょう。

相手が先にちょっかいを出してきたなど、こちらに故意がない場合は、角がたたないようにきちんと説明することも大切になります。

 - 子育て・学校