記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

修学旅行の荷物は宅配!その理由や荷物を少なくする技を紹介

2018.5.15

イマドキの修学旅行の荷物は宅配が主流?荷物は自分で持たせた方がいいという反対派と、合理的でいい賛成派と分かれそうですね。

修学旅行の荷物を宅配にするのには、どんな理由からなのでしょうか?

確かに、帰りはお土産も増えて送ったほうが楽だよなぁと感じます。修学旅行のカバンの選び方や荷物を少なくする方法なども紹介します。

こんな記事もよく読まれています

修学旅行の荷物は宅配が当たり前?

修学旅行で困るのが大きくなる荷物。
昔は大きな荷物を持って歩いたものですが、今は違います。

行きも帰りも、手荷物以外は宅急便で済ませるのです。

小学校や中学校、高校と修学旅行はありますが、宿泊日数は違えど、全生徒手荷物以外は行きも帰りも全て宅急便で現地や自宅へ送ってしまうのです。

修学旅行へ行く前日か2日前に荷物を学校へ持っていきます。
そして朝教室へ入る前に、集まった荷物を業者のトラックへクラスごとに積んでいくのです。学校まで荷物を運ぶのが大変な場合は、保護者が車を出して生徒を何人かピックアップして運んでしまうことも。

特に自宅から学校まで遠い場合は、大きな荷物を持たせて登校させるのは危ないかもしれません。

荷物を送ってしまえば、当日はリュックサックや肩から下げるカバンのみで済みます。出発から帰宅まで両手いっぱいに荷物を抱えることもありません。
手荷物には貴重品、しおりや飲み物くらい。

ただ宅急便を使うかどうかは学校の方針によるものなので、全ての学校で行っているわけではありません。

修学旅行の荷物を宅配にするのはどう思う?

イマドキの修学旅行は、宿泊に関連する重たい荷物は全て宅配便に任せ、帰りもホテルから各家庭へ一直線。本当に便利な世の中になったものです。

でも本来修学旅行は、自分で責任が持てる程度の荷物を自らが持参し、荷物が多くなっても帰るまで責任を持って持ち帰るまでが学習では?と感じてもしまいます。それはもう古い考えなのでしょうか。

お気軽に宅配便を利用するのは、なんだか学習ではなくレジャー旅行のように感じてしまいます。

確かに今は便利な配送システムがありますので、自分で荷物を持っていくよりも合理的かもしれません。荷物が身軽なので楽ですし、新幹線などの乗り継ぎで動く際も便利でしょう。全てが貸切バス移動というわけではないので、移動を考えたら荷物が無い方が絶対に楽です。

でも宅配便を利用するのは決してタダではありません。
お金の使い方として果たして正解なのか・・・という疑問は残ってしまいます。

修学旅行の荷物で宅配を頼むときにも便利なキャリーバッグの選び方

修学旅行の最近の定番といえば「キャリーバック」です。

キャリーバックといっても素材や形が様々なので、何を選ぶべきか迷うと思います。

キャリーバックには、「ソフトケース」と「ハードケース」があります。

ソフトケースは素材が軽いので、荷物が重くなった時に有利ですが、柔らかい分雨にも弱く、乱暴に扱われてしまうと潰れてしまうこともあります。

ハードケースはソフトケースより重量があります。
重さはありますが、飛行場内で多少乱暴に扱われても中身に影響が出る事はほぼありません。雨にも強いですし、中に染み込んでしまうこともありません。ただ重さがある分、誤って階段で落としてしまうと大変危険です。

キャリーバックの金額には幅がありますが、値段の差はどこにあるのか。

これは、キャスターの作りを見ればわかります。

タイヤの部分のことですが、キャスターは常に地面と接触している個所なので、そこがもろいとキャリーバックの役目がなくなり使用できなくなってしまいます。
丈夫さを全面に出している物を選ぶことで破損を防ぐことができますので、選ぶ際のポイントにしてください。

修学旅行の荷物を入れるカバンはどのくらいの大きさがいい?

カバンの大きさにも迷いますが、宿泊日数によって大きさも変わってくると思います。

中学生なら2泊3日、高校生なら3泊4日くらい修学旅行を行うと思いますが、目安としては、2泊3日から3泊までなら25L~35L、3泊4日なら40L~50L、5泊なら60Lとなっています。

1泊2日か2泊程度が多い小学生の修学旅行であれば、30Lくらいのものを用意すれば、中学生まで使う事もできるのでおすすめです。

荷物の量は個人差がありますし、男子よりも女子の方が荷物も多くなるでしょう。大きめのバックを用意するなど、ある程度余裕のある方が安心かもしれません。
大きさに余裕があれば、お土産が増えても困ることがありません。

中学生は2泊3日あるので、リュックよりはボストンバックの方が便利です。マチが広く型崩れがしないものを選ぶと荷物の整理もしやすいのでおすすめです。

高校生になればある程度好みも出てきますので、好きなブランドや気に入ったデザインのものを好きに選ばせるといいのでは?男子であればスポーツブランドが主流となっています。

できるだけ修学旅行の荷物を減らしたい!どんな方法がある?

荷物はどうしてもかさばってしまうもの。
特に衣類やタオル類はしまい方に苦労してしまいます。

工夫して持っていく必要がありますが、、おすすめは「衣類圧縮袋」です。ホームセンターなどで売られていますが、大中小を衣類に合わせて使用し、小さく折りたたんで詰めていくのです。
かなり荷物がコンパクトになるのでぜひお試しください。

寒くなったときのため、汚れてしまった時の替えに・・・と予備の服を用意してしまいますが、なるべく持って行かない方が荷物も増えません。
携帯用の除菌もできる消臭剤もありますので、衣類にスプレーすれば翌日も問題なく着られます。工夫が大切です。

衣類が汚れた時はホテルでつまみ洗いをして干せばすぐに乾きます。

バスタオルも必要に思いますが、大きなバスタオルを用意するのではなく、細長い汗拭きタオルを数枚持っていくだけで充分。使いまわしがいくらでもできますし、バスタオルよりもすぐに乾きます。

お風呂用に2枚あれば足りますし、他の用途でも使えますのでバスタオルより細長いタオルを準備しておきましょう。
洗顔料なども試供品を持参すれば、旅先で捨てれば荷物になりませんよ。

 - 子育て・学校