記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

タンスの引き出しが開かない?無理やり開けない対処法

2018.3.24

タンスが古かったり、何か物が引っ掛かっていたりすることで、タンスの引き出しが開かないときがありますよね。

では、タンスの引き出しをどうしても開けたいときは、何か開ける方法はあるのでしょうか?

また、梅雨時でタンスの引出しがきついときや、鍵がかかっているタンスを開けることは可能なのでしょうか?

そこで、タンスの引き出しが開かないときの様々な対処法についてまとめてみました。

こんな記事もよく読まれています

タンスの引き出しが開かないのですが

我が家のタンスが空かない時、一番に疑うのは何かが引っかかっていないかどうか。

そんな時はまず、定規などを使って引き出しの上部を探ってみます。

詰まっているものを見つけたら、定規をタンスと平行にして詰まっているものを取り除きます。

もし何も詰まっていない、引っかかっていない場合は湿度で木が膨張している事が考えられます。

開かない引き出しの上下の引き出しを引っ張り出して、もう一度チャレンジしてみて下さい。

最初よりも開きやすくなったと思います。

タンスを引き出す事が出来たら、きつくなった部分をカンナで削るのがいいのですが。

カンナを使ったことがない方には難しいですよね。

またカンナが家にないという方やカンナに自信がないという方は、サンドペーパーを板などに巻きつけて削ってみて下さい。

多少のきつさがあるタンスなら、この方法でも十分にスムーズに開け閉めが可能になるはずです。

タンスの引き出しが開かないときに指を突っ込むのは危険!

タンスの引き出しなどが空かない時、とりあえず力ずくで引っ張ってみる。次に何が引っかかっているのか手で探ってみる。そんな気が短い方は要注意です。

目に見えない部分で何かが引っかかっているのですから、手で探ってみるのは危険ですよ。

またタンスであれば衣服の可能性は高いですが、机の引き出しなどは文房具は引っかかっているかもしれません。

安易に手で探れませんよね・・・。

先ほども紹介したように長めの定規があれば、それで探ってみる。また台所にある物でも代用が可能です。

フライ返しなどは平べったくなっていて、長さもあるので重宝します。

引き出しが空かずにイライラせずに、何か適当な物を探して引き出しに挑む事をオススメします!

タンスの引き出しが開かないときはロウを塗るのが一番?

冬の時期の乾燥が原因でタンスの開け閉めがきつくなってしまう場合、暖かくなるとその症状はだんだんと収まってきます。

なので大げさな処置は施す必要がないように感じます。

まずはタンスの滑りを良くする方法を試してみて下さい。最初に微妙な膨らみはカンナやサンドペーパーで削る事をご紹介しましたが、多少の摩擦なら引き出し部分にロウを塗るだけでも改善します。

方法もとっても簡単です。引き出しのすれている部分にロウを擦りこむだけでOK!

チョット擦りこみずらいですが、上手くロウを擦るこむことができれば問題解決です。

また木製品のタンスは風が直接当たる事を嫌います。

冷房や暖房の風がもし直接当たる位置にタンスがあるのなら、風が当たらない場所へ移動すると良いでしょう。

タンスが長持ちしますし、タンスの開け閉めもラクになるかもしれませんよ!

梅雨時になると引出しがきつい!扉があたって閉まらない!

冬場の乾燥が原因でタンスの引き出しがきつくなる事のとは反対に、梅雨の湿度がある時きにも木が膨張してきつくなってしまう事があります。

このような時の対処法も乾燥の場合と同じです。

膨張して引き出しずらくなっている場所をカンナやサンドペーパーで削るか、スライド部分にロウを塗り付ける方法になります。

またタンスには開き戸が付いていて、そちらも締まりずらくなる場合があります。

実はこれはタンスに微妙な傾きが生じているから!?

水平にタンスを置かずに傾いたまま使用してしまうと、家具にねじれが生じて扉らが正常に閉まらなくなってしまうのです。

コレを調べるにはタンスを正面から見て、扉の位置にずれが生じていないか確認をして見ましょう。

もしこのままにしてしまうと金具が壊れてしまったり、家具に傷が付いてしまう恐れがあります。

タンスが水平に保たれていないと感じたら、タンスの下に新聞紙などを入れて調節してみて下さい。

鍵が掛かった引出しを開けるには?

鍵がかかった引き出しを強制的に開ける場合、傷が付くのを覚悟するのならこの方法で開くことが多いのでご紹介いたします。

まずは引き出しの鍵の仕組みから、鍵をかけた時に出っ張りが上部に飛び出してロックする仕組みになっています。

もう少し詳しく説明をすると、そのでっぱりがタンスの横板にしっかりとはまるようになっているのです。

なのでその横板をでっぱりの分だけ押し上げる事が出来ればロックは解除されます。

そこで横板を押し上げる方法ですが、鍵がある引き出しの隙間からドライバーなどを入れて力ずくで横板を押し上げます。

なのでタンスに傷が付いてしまう可能性がとっても高くなってしまうんです。

大体タンスの鍵のでっぱりは6ミリ程度なので、その分押し上げる事を目安に頑張ってください。

この際上の引き出しを抜いておく事がポイントです。上の引き出しを抜くことで、押し上げる事が可能になります。

もし上の引き出しにも鍵がかかっていたりして上部の横板を持ち上げる事が出来ない場合には、鍵を開ける事が出来ない可能性が高くなります。

 - 暮らし・生活