記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

一人暮らしでご飯を上手に作れる女性なるための方法!

2018.3.19

一人暮らしを始めるとご飯を自分で作らないといけないですよね。女性の場合は自炊している人も多いはずですよね。

忙しいと食生活は自分だけなので適当に済ませてしまいがちになったりしてしまいます。一人暮らしの場合食費はどのくらいかかっているのでしょうか。節約はどのようにしたらいいの?

一人暮らしで、上手に自炊する方法や食費について調べてまとめてみました。

こんな記事もよく読まれています

一人暮らしをしてご飯と作るのは女性の方が多い?

一人暮らしなのに、ちゃんと自炊をしている方って何がきっかけで自炊をするようになったのでしょうか?

元々料理が好きだったからという方は意外と少ないって知ってましたか?

一人暮らしをするから自炊を始めたと、一人暮らし自体がきっかけになっている方は実は一番多いんです。

また外食やスーパーやコンビニなどのお惣菜が苦手だから、社食や近所に食堂がないなどの自炊しなければいけない状況がきっかけで始める方もいらっしゃいます。

その他にはダイエットの為なんて方も少なくはないようですね。

では、どうやって作っているのか?気になりますよね~。

チョット前までは料理は料理本を見て作るのが一般的でしたよね。今はというと・・・、やっぱりネットを使ってレシピをみている方が一番です!

次に多いのが家族に教えてもらって作るというもの。

これは今も昔も変わっていませんね。

次にどんな食材を良く使っているのかを調べてみたところ、キャベツやもやし、玉ねぎなどで、ここはいつも料理を作る主婦とかわりがないという事がわかりました。

もやしって価格の変動が少なくって安い!自炊の強い味方という所でしょうか。

一人暮らしでご飯をきちんと作り上手に自炊している女性とは?

最初に自炊に気合を入れ過ぎてはいけません。一人暮らしを始めたばかりの頃は自分の理想に近づけようと自炊も頑張りがちです。

でも無理をしてしまうと長続きが難しいんです。

毎日自炊をしている女性は、いい具合に手を抜いていたりして無理がかからないようにしているんですよ。

ちゃんと栄養バランス良く自炊を完璧にこなしているように見えても、ご飯はまとめて炊いてラップにくるんで冷凍庫へ!という方も少なくはありません。これだけで毎日少量のご飯を炊くために、釜を洗って米をといで、という手間を省くことができてラクチンですよね~。

お米さえあれば、納豆と野菜サラダでもOKですしインスタントのお味噌汁をつけてもいいですよね。

もっと健康に気を付けたいのならば、雑穀米や玄米にして冷凍しておいてみてはどうでしょうか。

まず基本はお米!これさえあればすぐにご飯を食べる事が出来ます。

また休日などに料理を作ったら、これも小分けにして冷凍庫へIN!自炊がとってもラクになりますよ~。

一人暮らしの場合ご飯を作っている女性は痩せている?

一人暮らしの女性は痩せているます!

逆に痩せている人に聞いてみると自炊をしていると答える人が多いんです。

やっぱり女性が自分でご飯を作る時は、健康に気をつけたヘルシーな物を作る傾向にあるようです。

よく作るものを聞いてみると、冷蔵庫にあるものを入れたスープ。

ポトフやミネストローネなんてオシャレに聞こえますが、鍋に余った野菜やウィンナー、ベーコンを入れてコンソメやトマト缶で味付けするだけでOK。

余ったらパスタを入れてスープパスタ、ご飯とチーズを入れてリゾットに変身です。

洋風のスープに飽きたら、和風の鍋にする事も味付けを変えるだけ!

鍋のスープを冷蔵庫で保存しておけば、うどんを入れて食べたり、雑炊にして楽しむことができますよね。

私が家にあると便利だと思う食材は豚肉!野菜と炒めるだけでもいいし、もちろんスープや鍋に入れればコクが違います。

豚肉だけしかなくても、味付けをして豚丼に!

後は日持ちがするキムチや納豆、安売りしていた野菜、生野菜が高い時は冷凍野菜を買っておきます。

ご飯がない時の為に乾麺と麺つゆもあると便利ですね。もちろんパスタが好きな方は常備しておくといいでしょう。

こんなふうに自炊をすると、面倒なカツや天ぷらなどの揚げ物が少なくなる所も健康的なのかもしれません。

一人暮らしで間違っている節約の仕方は?どんなことがあるの?

ご飯や料理を休日などに作って冷凍保存をしておくと、平日のご飯作りがラクになるのですが、方法を間違えるとせっかくの保存食が無駄になってしまう事があります。

料理を冷凍保存をする時は使いまわしが出来るものを選ぶこと。鳥そぼろなどは、そのままそぼろ丼にしても良し、卵焼きに入れても良し、肉じゃがにいれても、炒め物に使ってもと万能です。

しかしカレーを沢山作って冷凍してしまうと、カレーが大好きな人ならともかく、だんだんとその味に飽きてしまう事も少なくありません。

冷凍保存をする時は料理に使いまわしがきくかどうかを考える事も大切です。

また毎日食べたいものを優先してしまう方は、作り置きに向いていません。

その他にも一人暮らしの自炊でやりがちなのは特売で買い過ぎてしまう事。安いと思って大量の食材を買い込んでしまうと、結局は使いきれなかったり食べきれなかったりと無駄になる事が多いです。

自分の使える量を購入する事が、節約につながります。

一人暮らしの食費、みんなの平均はどのくらいなの?

エンゲル係数って聞いた事がありますか?食に関する費用を給料などの収入で割ったものがそれにあたります。

この係数が高いほど食に使うお金が多いという事です。

この数値は15~18パーセントが理想的なんです。

ではみんなの食費の平均はというと、それは社会人や学生など生活スタイルによっても違いが出てきます。

付き合いなどの多い社会人ですと、会社の帰りにご飯を食べたりランチに行ったりする事もあり食費の平均は約4万円程度です。

学生はというと、親からの食材の援助があったり、安く食べられる食堂を探したり、学食があったりと、良く食べる時期であるにも関わらず食費の平均は約2万円ほどなんです。

食費って、かけようと思えばいくらでもかける事が出来るんですよね~。

もしエンゲル係数がとっても高いという方は、食費の他にかけるお金が減るという事ですから生活も少し苦しくなっているかもしれません。そんな時は食費を見直してみる必要があるのではないでしょうか。

 - 暮らし・生活