記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

コバエが大量発生!屋外から家の中の侵入を防ぐ防御対策と方法

2018.3.17

夏の梅雨時期頃から大量発生するコバエ・・・。屋外から自宅の中に侵入し私達を悩ませる原因です。

そんな時どんなことに注意をし、普段から予防や対策をすれば良いのでしょうか?
屋外ではベランダや玄関、自宅の中では生ごみにも注意が必要になってきます。

ここでは屋外から家の中の侵入を防ぐ防御対策と方法について、調べまとめてみました。

こんな記事もよく読まれています

コバエが屋外に大量発生する原因と対策方法

コバエが外からやって来るのは侵入経路があるからです。

まずは窓周りをチェック!窓の桟などにコバエが入り込める隙間はありませんか?

また暖かい時期に発生するコバエですから、窓を開けている事も多いでしょう。窓を開ける時は網戸を忘れてはいけません。

網戸をしていてもコバエが侵入してくるときは、網戸の目をする抜けている可能性があります。

網戸の目を小さいものに変えるなどの工夫をして見ましょう。

その他にも玄関や寝室の窓付近には殺虫器を取り付けたり、ベランダには虫が嫌がるハーブなどを置くことも効果が期待できます。

コバエが侵入してくる隙間を塞ぐことと、コバエの侵入が考えられる場所には嫌がる臭いを発生させることで家の中に大量に入り込んでくることを防げます。

屋外の家の周りにコバエが大量発生!その原因と注意すべき点とは?

家の周りで大量に発生している時には、雨水などが溜まる場所を徹底的に排除する事。虫が溜まっている水に卵を産み付けてしまう事があります。

また花壇に入れている肥料などから発生する場合もあります。

大量に発生してしまった虫は家の中にいれないように注意をするしかありません。

いつも発生をする時期、春先や秋口の朝方は窓を閉めるようにしたリ、コバエの侵入する場所を無くすように対処をしましょう。

網戸に殺虫スプレーをかけるだけでも一定期間の効果は期待できますし、網戸にコバエや虫がビッチリと張り付いている。なんて時には屋外に扇風機を置いて窓に近寄らないように風をおくるのもいいと言われています。

また換気扇を使用する際も部屋の中の気圧と外の気圧の違いによって、虫が窓に引き寄せられる事もあるようです。

一日中窓を閉めっぱなしにしたり換気扇を回さないという事は無理ですが、虫が大量に発生している時や時間帯によって、窓を閉める、換気扇を止めるなどの注意をすると良いのではないでしょうか。

屋外で大量発生したコバエを家の中の侵入を防ぐ方法

虫が家に侵入をしてくるのは窓や換気口だけではありません。玄関など人が出入りをするのと同時に入り込むことも考えられます。

しかし、これはどうにもならない気がしますよね。

でも家の玄関のポーチライトに沢山の虫が群がっていたら・・・。家に入り込む確率もグンとアップしますよね。

出来るだけ家に入らないようにするには、家の周りになるべく虫がいない状況を作る事が一番。

ポーチライトにいつも虫が群がっているならば、電球を変えてみるという手もあります。
虫が好む光をカットした防虫用の蛍光灯なども販売されていますので、検討してみてはどうでしょうか。

また窓から虫がよってくる光が漏れないように、防虫フィルムというのもあります。

どうしても虫が嫌い!家に入り込むのは嫌!という方なら、両方を使用して虫対策をする事も出来ます。

もし窓の網戸に貼り付いたコバエなどの小さい虫を見つけたら、内側から外に向けて殺虫剤を吹きかけるのも有効です。お試しを!

網戸から侵入してくるコバエの侵入を防ぐ防御方法

網戸の目をすり抜けてコバエが侵入してくるなら、網戸の目を細かな物に変えるといいですよ。とお話ししましたが、実際にどのような物にするのがいいのかをご紹介しますね。
網戸にも防虫に適したもので26メッシュの物があります。

このメッシュは1インチの中にどれほど網戸の糸が入っているかというもので、26メッシュなら1インチの中に26本糸が張り巡らされているという事になります。

このメッシュの数が大きくなればなるほど、虫の侵入は防げるという事です。

しかしこの数は大きければいいというものではありません。虫の侵入は防げても通気性が悪くなってしまうからです。

虫が発生するのは夏場ですから、窓を開けても通気性が悪く風通りが無くなってしまうと開ける意味が無くなってしまいますよね。

なので通気性と虫が入ってこないという2点が丁度良く交わう物を探す事が重要です。

また極小のコバエの対策としては、やはり発生する時間帯には換気扇や窓を開けないなどの工夫や黒色のボードやガムテープなどを使って、虫が入りやすい場所は目張りをするなどの対処を施すのが効果的です。

コバエは台所の家の中から発生する!密閉と乾燥で発生を防ごう!

どこからか侵入してきたコバエは家の中で大量発生する事があります。

大量発生しやすい場所は食べ物が捨てられているゴミ箱や三角コーナー、飲み残したジュースやビールが入っている缶の中など・・・。

コバエは臭いに敏感な為、生ごみなどを放っておくとそこに卵を産み付けます。エサと水分があって絶好の場所なんですね。

その為、臭いを残さない事が重要なポイントになってきます。

毎日出る生ごみは寝る前に、しっかりと口を縛り密封をしてフタつきのゴミ箱などに捨てましょう。

ゴミ箱にも乾燥材などを蓋や床にセットしておくと良いでしょう。

また生ごみの袋の口を縛ったら、その上から新聞紙でくるみ再度ゴミ袋に入れて縛るなどの袋を二重にする事も効果的です。

食べ残しがないように、台所に生ごみを置かないようにしてコバエの大量発生を防ぎましょう。

 - 暮らし・生活