記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

ベッドから布団がずり落ちるのをどうにかしたい!原因と対策

2017.11.20

ベッドから布団がずり落ちると寒くて目が覚めたり、布団がずれるのを治す為に何度も目が覚めてしまったり煩わしいですよね。

布団がベッドからずり落ちてしまうのはやっぱり寝相が悪いからなのでしょうか?

ベッドから布団がずり落ちる原因や対策についてまとめてみました。

こんな記事もよく読まれています

ベッドから布団がずり落ちるのを防ぐには家具の配置を見直そう

ベッドの場所を変える

ベッドの左右どちらとも壁から離して置いている場合は、ベッドを壁に寄せてみてください。この時、いつも布団が落ちる側を壁側にしましょう。

寝返りや寝相には人それぞれ癖があるので、ずり落ちる側にも傾向があると思います。例えば、大体右側に布団が落ちるという人はベッドの右側を壁に付ければ布団のずり落ちを解消できるはずです。

部屋の間取りや窓の位置などによっては出来ない場合もあると思いますが、レイアウトの変更が可能な場合はぜひお試しください。

ベッドの横に家具を置く

ベッドを壁に寄せることが出来ない場合などは、ベッドの横に家具を配置する方法も布団のずり落ち防止にはおすすめです。

ベッドを動かすことが出来なくても、サイドテーブルや椅子なら毎晩動かしてベッドの横に置くことが可能ですよね。

使う家具のポイントは、ベッドと同じくらいの高さかベッドより高い物であることと、ある程度の重さがあることです。

ベッドよりもかなり低い家具の場合は、ベッドとの高低差が出来てしまって布団が落ちてしまうためあまり意味を成しません。また、軽い家具も寝返りで布団が動いた際に家具が動いてしまう可能性があるため、ある程度の重さがあるものを選びましょう。

ベッドから布団がずり落ちるのを防ぐにはベッドガードを使おう

布団のずり落ちを防ぐにはベッドガードを使う

シンプルで使いやすいベッドガードを選ぶ

布団のずり落ちを防止するだけなら、ベッドフレームとマットレスの間に差し込むだけで使えるタイプがおすすめです。このタイプなら使い方がシンプルで比較的安く手に入ります。

ただし、このタイプは布団のずり落ち防止が目的なので、子供や介護などで転落を防止するための物ではありません。

小さい子供用の物はベビー用品売り場などに販売されていると思いますが、ベッドガードにメッシュ素材が張られているタイプなどが良いと思います。

介護で必要な場合は、しっかりと固定できるタイプで長さのあるベッドガードが良いでしょう。介護用品売り場で販売されていると思います。

丈夫なものを選ぶ

私が使っているものは、もともと子供と一緒に寝ていたときに買ったものでスチール製です。子供が成長した今も20年近く使っていますが、壊れることもなく布団のずり落ち防止に役立っています。

私のベッドガードはスチール製でかたいのですが、子供が使うならスチールにカバーが付いているものが良いと思います。

安全性が高いベッドガードを選ぶ

どんなものでも思わぬ事故が発生する可能性があります。特に子供が使う場合や介護用で使う場合は、予想もしないような事故が起こる場合もありますので、専用の安全性の高い商品を吟味しましょう。

ベッドから布団がずり落ちる対策は家にあるもので出来る

布団に大き目の洗濯バサミを使う

大き目の洗濯バサミで布団を固定する方法があります。この方法はいつも決まった方に布団が落ちてしまう人に向いている方法です。

落ちてしまう反対側の布団の端を洗濯ばさみで固定しましょう。布団に入るときは片側からしか入れませんが、ずれ落ちには一定の効果が期待できます。

なお、この時に使う洗濯ばさみは出来るだけ大き目で強度のある物を使用してください。

また、問題点としては、洗濯バサミを固定する場所がない場合は使えない手段だと言う事です。固定する場所が不安定だと、寝ている間に外れてしまうのがネックです。

布団をひもで留める

洗濯ばさみで固定する方法は手軽ですが、取り付け出来ないと意味がありません。そんな時は布団をベッドごとひもで巻きつけてしまう方法はいかがでしょうか?

ひもはどんなものでも構いません。ある程度自由に寝返りを打つためにはゴム製が良いかもしれません。

梱包用のビニールひもでも試してみましたが意外と効果抜群で、布団がずり落ちて寒い思いをしなくて済みました。

この方法の問題点は、見た目が悪いということでしょうか。

ベッドから布団がずり落ちるなら寝具を見直してみよう

毛布を確認

毛布の裏面を上にして敷き毛布替わりに使い、その上に掛け布団を掛けるだけでも布団のずり落ち防止に効果があります。

毛布の裏側は表より繊維が短くなっていて摩擦の抵抗が大きいので、毛布の裏面が表になるように敷くと掛け布団がずれにくくなります。

毛布の素材も、アクリルやポリエステルなどの合成繊維の物よりも、綿や羊毛などの天然繊維の方が摩擦が大きくなります。

アッパーシーツ

アッパーシーツとは布団掛け布団の下に敷く体に直接あたるシーツです。ホテルなどで掛け布団の下に使用されています。

アッパーシーツをマットレスの足元に入れ込んで挟み、マットレスの上に敷きます。その上に掛け布団を掛けて首元の部分のアッパーシーツを折り返して掛け布団を包むようにすると、掛け布団が固定されるのでベッドから布団がずれにくくなります。

デュベカバーを使ってずり落ち防止

デュベカバーは掛け布団の足元に掛けられているカバーの事です。これもホテルではよく見かけるでしょう。

デュベカバーは左右が長くなっているので、左右の余っている部分をマットレスに挟み込むと掛け布団を固定することが出来、ずれ落ちにくくなります。

ベッドから布団がずり落ちる場合は布団のサイズも見直してみよう

ベッドから布団がずり落ちるのが悩みで、ベッドのサイズより掛け布団のサイズの方が大きい物を使っている人は掛け布団のサイズを見直しましょう。

例えば、シングルベッドにセミダブルの掛け布団などを使用している人もいるでしょう。

ベッドより大きな掛け布団はしっかり包み込んで暖かそうですが、ベッドよりもはみ出る部分が多いので寝返りで重心がずれてしまうと重みが偏ってずり落ちやすくなる原因になります。

一度片側に重みが偏ってしまうと、後はどんどん落ちてしまう結果になり、布団が掛かっていなくて寒くて目が覚めるようになるのです。

包み込んで暖かそうと思ったのが逆効果になっていたというわけです。

 - 暮らし・生活