記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

ダメな人間はやっぱりダサい?ダメ人間から抜け出したいあなたへ

2017.9.12

自分はダメな人間だし、そんな人はやっぱりダサいよね。

そう感じていると、自分のことがたまらなく嫌になってしまうものです。

しかし、ダサいのはダメ人間だからでしょうか?自分を変えたいと思っている方、必見です!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

ダメ人間でダサい自分を変えたい時は

「自分の人生を変えたい」

そう思った時は“ものすごく大きなこと”をしなければならないと、漠然と考えてしまいます。しかし、大きなことをしなければ、本当になしえないことなのでしょうか。

実は自分の『何か』を変える時に必要なのは、“小さなこと”の積み重ねです。一つ一つ学ぶことや知識を増やし、または経験を積むことで、気づけば漠然としていた“ものすごく大きなこと”となります。

その時にようやく「自分の人生が変わってきているかも?」という実感を得る事ができます。小さなことをコツコツと積み重ねることで、去年と変わった環境をつくったり数か月前より気持ちが楽にさせることができるのです。

誰しも最初はダメ人間からスタートします。今社会やネット内で活躍している人や成果を出している人も、最初はダメ人間からだったのです。自分の得意なことが何なのか分からず、人よりも仕事ができないことで悩み、人付き合いすらもうまくいかない。と、自分がダサいと感じる方は多いです。

では、社会で成功を収めている人は、私たちと何が違うのでしょうか?それは、プライドや恥を捨ててがむしゃらに走り続けてきたことです。最初の一歩は勇気がいりますが、前に進むことが大切です。

本を読み、ネットなどで自分のできることを模索し、人に頼る。そういう行動を起こせる人は全体の2割ほどしかいません。行動を起こしてコツコツ努力することで、成功するのです。

おしゃれできない人はダメ人間?ダサい服を一新しよう

“服装を変えたところで、人生は何も変わらない。”確かにその通りかもしれません。普通に街を歩いている人は、『人生を変えるための服』を選んで着ているわけではないからです。服は毎日必ず着なければいけないもので、興味がない方でもオーソドックスな服装はされています。

自分に似合う色を探すことを難しく感じる方が多いです。確かに自分では気づかないけど、似合う色というのはあります。しかしそこにこだわり過ぎていては、何も選べません。その時は、そのアイテムのオリジナル色を買うと、普通におしゃれに見せることができます。

シャツ → 白
Tシャツ → 白、黒
ジャケット → ネイビー、黒
ジーンズ → ネイビー
チノパン → ベージュ
カーゴパンツ → オリーブ色
スウェット → グレー

これらのアイテムでコーディネートするだけで、おしゃれに見えますよ。

コーディネートを考える時は、特別な才能は必要ありません。周りのマネをして服を選んでいるのにダサく感じてしまうのは、選んでいる素材が違うのでしょう。

安い服は確かに求めやすいのですが、素材によってはコーディネートしづらいものもあります。ダサい服から抜け出すには、ファストファッションよりもセレクトショップなどで上記のアイテムを揃えるといいでしょう。

ダメ人間な自分、ダサい自分を変えたい!試してみたい事とは

「自分はダメ人間だ」「ダサい人間だ」と感じていると、そんな自分を変えたい気持ちが湧いてくることがありますよね。しかし、どんな方法で変えていけばいいのかが分からないという方がほどんどです。

その時は、理想だと思う人や憧れの人をイメージしてみてください。イメージすることができたら、次はそこに近づくためにすることを考えます。それを踏まえて下記の7つの方法を試してみましょう。印象が変わるので、少しずつ自信も出てきますよ。

①髪型を変える
ヘアスタイルを少し変えるだけでも若返って見えたり、カッコよく可愛く感じます。
②服装を変える
今のヘアスタイルに合う服に一新させてみましょう。
③スキンケアをする
お手入れに力を入れて、肌荒れがない顔を目指します。歯のホワイトニングも印象が良くなります。
④メイクの研究
女性はメイクの方法を変えるだけでも、ずいぶんと印象が変わります。
⑤ニオイを変えてみる
香水をつけてみたりシャンプーなどを変えて、さり気なく良い香りがするようにする。
⑥体型を改善する
ダイエットやジムで筋トレするなどで、身体のラインを変える。
⑦新しい趣味にトライする
習い事やスポーツを始める。

周りからダサいと思われる「ダメな男性像」とは

1.流行を気にしすぎる男性

自分がどう見られているのか気になるものですが、気にし過ぎてしまうと印象が悪くなります。流行に乗り遅れないように必死で、雑誌やネットなどで注目を浴びているお店や商品の話題ばかりだと、女性は引いてしまいます。

2.食べこぼしが多い

食事のマナーは、女性からは重視されています。ムシャムシャと食べ方が汚かったり、箸の持ち方が悪い男性は絶対にNG。なかには食べこぼす人もいるようです。食べ癖はなかなか直すことができませんが、普段から気を付けたいところです。

3.方向音痴

女性が方向音痴だと可愛がられますが、男性が道に迷ってしまうと「ダサい」と思われてしまいます。デート中に道に迷ってウロウロしてしまうと、彼女も歩き疲れてしまいますね。目的地までスマートに行けるように、方向感覚を磨きましょう。

失敗を恐れる人はダサい人間に感じる?持っている思い込みを捨てて

失敗を恐れている人は、『他人の目』を一番気にしています。「志望大学に合格しなければ人生が終わりだ」とか、「正社員で就職できなきゃ、ダメ人間だ」など、他人から『成功者』だと思ってもらえない状況を恐れています。

そのような人の『成功者』のイメージ像は、ものすごく小さくて狭いものなのではないでしょうか。狭き門に向かうから、競争率が上がって難易度が上がります。また、自己判断基準でないため、モチベーションもなかなか上がりませんね。

そのため、成功を収めることができなく、思い通りの努力ができない自分に嫌気がさしてしまいます。自分で『ダメ人間』のレッテルを貼って、ネガティブな心境で毎日を送ることになってしまいます。

成功というのは、そんなにも小さなものでありません。『完璧を目指すから、視野が狭くなって『成功』の定義も固まってしまいます。

しかしどのようなことでも、自立して生活することができ、自分らしく人生を歩めることが大切なのです。他人の評価にとらわれずに、自分で評価しながら生きることが、精神的にも安定します。

 - 人間関係・恋愛