記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

幼稚園の送迎どうしてる?自転車でのお悩み事情はこう乗り切る!

2017.9.12

幼稚園の送迎を考えた時、自宅から近い場合は自転車が便利ですよね。

しかし雨が降った時はどう乗り切ればいいのか、不安を感じるママも多いのではないでしょうか?

また、自転車は普通の自転車と電動自転車とどちらがいい?
そんなお悩みをまとめてみました。

こんな記事もよく読まれています

幼稚園の送迎は自転車、バス?どのように送迎している?

我が家の息子が自宅から徒歩10分の場所にある幼稚園に入園しました。
自宅から近いこともあるので、天気の良い日は基本的に自転車で送り迎えをします。
歩きにしようか、バスにしようかと悩みましたが、子供の入園前に幼稚園やバス停を通ると、子供が幼稚園に行ったあと2時間くらい立ち話しているママ達を見かけることが何度もあったので、それを避けるためにも自転車が1番良いと思いました。

2時間もあれば家事や掃除や買い物など、用事を足すこともできます。

さすがに雨の日などで天気が悪い時には車を使いますが、車がない時は最悪タクシーかもしれません。
しかし幼稚園への自転車で送迎する事は急なアップダウンがある坂を通るので、正直キツイです。
またお迎え時に自転車ですぐ帰宅するので、お友達との関りや情報が入ってこないのは正直寂しい部分もありますね。

今は下の子がいないので自転車でも良いですが、2人目が出来た時にはさずがにバスにしようかと思ってます。

幼稚園の送迎は安全性のある電動自転車が心強いサポーター

子供が幼稚園に入園し自転車で送迎しようと考えた時、一般的な自転車を使用する人が大半ですが、できることなら子供とママの安全性を考えた電動自転車を選びたいものです。
小さな子供がいると何かと忙しいこともあり、できるなら時間をかけずに時間だって有効に使いたいものですよね。

そんな中、自宅から幼稚園まで徒歩で片道15分かかる距離でも、電動自転車なら5分程度。片道10分の時短と、往復の距離を合計すると約20分の時短をすることも可能ですし、何よりも体力を消耗することも軽滅されますので、忙しいママには嬉しいですよね。

子供を乗せる安全性のある電動自転車には、自転車の前部や後部に子どもを乗せて走ることを前提に設計された自転車であることから、ママにとって電動自転車は心強いサポーターと言えます。

幼稚園での送迎の自転車と電動自転車のメリットとデメリット

先ほどの記事で電動自転車のご紹介をしましたが、自転車と電動自転車のメリットとデメリットを比較してみましょう!

では普通の自転車のメリットにはどんな良い点があり、デメリットにはどんな点があるのでしょうか?

〇普通自転車のメリット

・購入する時の金額も安価なものが多く、バッテリー代もかからなし充電をし忘れたなんてこともない。
・ダイエットやスリム体型を維持できるし、体力作りにも効果的。

〇普通自転車のデメリット

・急な登坂とか長い時間の距離は正直しんどい。
・荷物が多い時など、バランスが不安定。
・足腰に負担が掛かり体力を維持するのが心配。

ただ子供が幼稚園の間だけしか自転車の送迎でしか使うことがなければ、電動自転車の購入は無駄なだけかもしれません。

〇電動自転車のメリット

・とにかくペダルが軽く、坂道や遠い距離でも楽々に乗ることができる。
・体力の消耗が少なく疲れることが少ない。
・親子での安全性がある。

〇電動自転車のデメリット

・購入時の金額が高いしバッテリー代がかかるし切れるとペダルは思い。
・バッテリー代も2.3年で買い替えが必要。

正直、普通の自転車にするか電動自転車にするかはそれぞれのメリット・デメリットでかなり迷いますが、長い目で見た時や安全性のことを考え決めるしかなさそうですね。

幼稚園の自転車送迎で雨の日のはこんなグッズで快適に!

幼稚園の送迎も毎日お天気であれば嬉しいのですが、雨降りでお天気が悪いこともありますよね。
そんな時にはお子さんの好きなレインコートとレインブーツで、雨を遮りましょう!

今はいろんなキャラクターのレインコートやポンチョやレインブーツなど、数多くありますよね。
しかし雨の日は上下が分かれているレインコートで、しっかり雨を遮りたいもの。

ですが、上下が分かれているレインコートだとお子さんが幼稚園に着いて脱ぎ着するのも大変なんだそうです。
ではポンチョは?と思いますがポンチョだと濡れてしまい、特に風が強い日は服が濡れてしまうこともあります。

なので膝下までしっかり隠れる防水性のしっかりしたレインコートを着せると、自転車に乗せても雨を遮ることができますし、レインブーツを履かせることによって、濡れるのを防ぐことができますよ。

またママにおすすめなのが、レインバックです!普通のバックにかぶせるだけで雨をしのぐことができますので一つあるととても役に立ちます♪

また、大きめの透明のビニール袋を用意しておくとお子さんだけでも突然の雨をしのぐこともできます。

雨の日予想をして折りたたみ傘やカッパはいつも常備しておこう!

子供の幼稚園の送り迎えの時、急な雨で親子でずぶ濡れになったと言う体験をしたママもたくさんいるのではないかと思いますが、そんな時は帰宅後玄関で大忙し状態で洗濯物も増えるし、さんざんですよね。

そんなママの負担を少しでも減らす為に雨の日を予想して、バックにタオルや折りたたみ傘やカッパなどを入れておくと急な雨でも、困ることがないようにしておきたいものです。

最近は晴れていても突然豪雨になることもあるので、何が起こるかわからないので自転車のように天候に左右される乗物を利用する時には常に準備しておくことが大切です。

特に春先や秋は、天候に左右されることも多くあります。なるべく雨に濡れないようにこんな方法で乗り切っていきましょう!

 - 子育て・学校