記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

赤ちゃんの洗濯を毎日する必要性と、その理由について

2017.9.8

赤ちゃんはとても汗をかくと言われています。なので毎日洗濯をして清潔なものを着せることがとても大切です。

洗剤はどんなものがいい?また干す時には外?それとも室内?と思うママもいるのではないでしょうか?

ここでは赤ちゃんの衣服を洗濯する時の、大切なポイントをまとめてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

赤ちゃんの肌着などの洗濯は毎日するのは当たり前?

病院に入院した時に赤ちゃんの肌着は毎日取り換えてくれていたけど、家でも同じようにすべき?と思う新米ママも多いのではないでしょうか?

ただ寝ているだけの赤ちゃんですが、新陳代謝が活発で実は意外にも汗をかいているのです。気が付いたら首や背中に汗疹ができているなんてこともありますので、赤ちゃんの肌着や衣服などもこまめに取り換えてあげ、洗濯はできるだけ毎日しましょう。

毎日洗濯することで水道代もあがるのでは?と思いますが、まさにその通りです。我が家も娘の肌着を毎日取り換え洗濯して、水道代が一気に増えて水道局から「家族増えましたか?」と連絡がきたほどです。

言葉の話せない赤ちゃんは、肌着が汗で汚れていても訴えることができません。肌着の見た目がキレイであっても肌着には目に見えない汗や汚れがついてますので、毎日きちんと取り換えてあげましょう。

赤ちゃんには毎日洗濯した清潔な服を着せましょう。

寝ている間に人はコップ1杯分の汗をかくと言われています。赤ちゃんも寝ている間は、同じように汗をかくと言われています。大人と比べると汗をかく量は大人よりは少ないかもしれませんが、肌着は毎日取り換えてあげましょう。

また肌着の上にパジャマを着せる時期がありますよね。そんな時にはパジャマも毎日取り換えるもの?と思いますよね。パジャマも毎日でなくても良いですが2~3日を目途に、新しいものに取り換えてあげましょう。

パジャマは肌着の上に着せているから汚れてないんじゃない?と思ってしまいますが赤ちゃんに教える習慣としても、お風呂に入ったあとは新しいパジャマに着替えるんだよと言うことも教えてあげることも大切なのです。

そう言ったことも教えてあげるために赤ちゃんには、いつも清潔なものを着させてあげることが大切なのです。

毎日洗濯する赤ちゃんの服はいつまで分けて洗う?

赤ちゃんが新生児のうちは洗濯物を分けて洗いますよね。しかしいつまで分けて洗えばいいのかな?と思うママも多いのではないでしょうか?

赤ちゃんの洗濯にはお風呂の残り湯は使わず、洗剤も赤ちゃん洗剤の物を使用している家庭が多いと思います。では、赤ちゃんのパジャマや衣服はいつから大人と一緒にしていいんだろう?と考えますよね。

赤ちゃんの衣服を一緒に洗う時期は、一般的には大人と一緒にお風呂に入る時期からと言われています。洗剤や柔軟剤もこの時期から、大人と同じものにしても良いでしょう。ただ肌の弱い赤ちゃんは肌荒れをすることがありますので、様子を見ながら洗濯をしましょう。

もし肌荒れをする症状が見られた時には、すぐに赤ちゃん洗剤に戻すなどまたは低刺激の洗剤を使用しましょう。あまりにもひどい肌荒れの時には、かかりつけの小児科で診察を受けるようにしてください。

赤ちゃんの服を洗濯する時には石鹸と合成洗剤の違いを把握しよう

赤ちゃんの衣服を洗濯する時には、洗剤などの成分や用途がどのようになっているのかを調べて買うママも多いと思いますが、石鹸や合成洗剤どちらを選んで買えば良いかをお悩みのママもいるのではないでしょうか?

まず石鹸の成分について調べて見ると、衣類を柔らかく仕上げるメリットがありますが、水に溶けにくいこともあり、すすぎが不十分になってしまうと衣服が黄ばんでしまうと言うデメリットもあります。

合成洗剤については、繊維の奥まで入り込み衣類の汚れを落としてくれる役割がありますが、洗濯を繰り返し行うことでゴワツキがでてくるともあります。

赤ちゃんの衣服を洗濯する時にはまず、石鹸と合成洗剤の違いを把握した上で購入する必要があります。赤ちゃんの洗剤を選ぶ時には、どんな添加物が入っているのかも注目し選ぶことが大切です。

赤ちゃんの洗濯物は外に干すことで菌の増殖を防ぐ

赤ちゃんが小さなうちは、洗濯物を外に干すか迷うことありますよね。外に干すことでカラッと乾くこともありますが、外気に触れることで肌や体内への影響が不安と感じるママも多いと思います。

でも家干しだとなんだか生乾きの匂いがするし、毎日洗濯だと干す場所もないと感じてしまうこともあります。

でも赤ちゃんの衣服は、外に干すことことが良いと言われているのをご存知でしょうか?外に干すことで、菌の増殖を防げると言われているのです。うんちなどのシミが落ちない時には洗濯物を紫外線に当てることで、シミを薄くする効果があるとも言われています。

気に入ってる赤ちゃんの服にシミがある時には、こまめに外干しすると徐々にシミも消えていくことも稀にはあるようですので、是非試してみてはいかがでしょうか。

しかし春先の花粉や黄砂が飛ぶ時期には外干しは危険ですので控えましょう。注意報が出ている時には赤ちゃんの体内に影響を及ぼす危険性も考えれますので赤ちゃんの健康を守る為にも、これらの物質が多く飛ぶ春先は、注意が必要です。

 - 暮らし・生活