記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

仕事の初日から仕事を辞めたいと思うあなたへ!経験者の意見

2017.9.24

仕事の初日にしてもう辞めたいと思ってしまうこともあります。

仕事の初日に辞めたいと思うなんて良くないと思っても、もう無理だと思ったら辞める事しか考えられなくなってしまいますよね。

入社初日で仕事を辞めてもいい?初日で辞める人はいるの?そんな疑問に経験者の声を集めました。

こんな記事もよく読まれています

仕事の初日だけどもう辞めたい、辞めるのは悪いこと?

「良い事か悪い事か?と聞かれれば、悪いと思います。少なくとも良く事ではないでしょうが、無理に続ける方が悪い結果を生む場合もあります。どんな仕事でも相性がありますので、合わない仕事や職場ならすぐに辞めても良いと思います。」

「初日で辞めたいと思うのは悪い事ではありません。実際、私も辞めたことがあります。私の場合は、小さな会社だったし景気も良い時だったのですぐに別の就職先が見つかると考えたからです。自分で一日で合わない会社かどうか判断がついたらなら辞めてもいいのではないでしょうか」

「辞めるに値する理由があるなら、辞めて良いと思います。良くない事ですが、一日で辞めた会社なら履歴書に書かなくてもごまかせるでしょう。ダラダラ数か月働いてからやっぱり無理と辞めた方が、職歴として履歴書に書かなければいけなくて、転職活動の時に印象が悪くなると思います。私も一日で辞めた会社がありますが、その後入社した会社で3年経ちますが辞めたいと思いません。自分に合う会社と出会えてよかったと思っています。」

仕事を初日で辞めたい、1日で辞めたら給料はどうなる?

一日で辞めたとしても、数時間でも働いたのであれば、正社員でもアルバイトでも雇用者は給料を支払う必要があります。

もしも、支払いを拒否されたら、まずは支払ってもらえるように話し合いをしましょう。その話し合いが上手く行かない場合は、労基署に相談してください。

採用された場合、働く契約をしていることになります。数時間でも働けば給料を受け取る権利はありますが、雇用主にも様々な権利があります。雇用契約を一方的に破棄されたとして訴えられる可能性もゼロではありません。

費用や労力を考えればそこまでする会社はないでしょうが、1日で辞める事や給料の支払いで揉めた事をきっかけに何が起こるか分かりません。一日で辞める場合も、最悪の結果にならないように、理由や気持ちを正直に話しましょう。

また、職場によっては規定で「退職は○日前までに申し出る事」と決まっている場合があります。この規定を破った場合は給料から差し引く決まりがある職場もあるようなので、事前に確認するか、その規定を満たす期間は働くようにすると良いでしょう。

仕事の初日に辞めたいと思ったら中途採用なら辞めるのもアリ?

中途採用なら初日に辞めるものアリと考えた理由は3つあります。

1つは、自分にスキルがある場合、その会社にこだわらなくても他の会社でも必要とされるからです。中途採用をするということはほとんどの場合、人材不足で即戦力を求めています。即戦力となるスキルがあると判断されれば、他の会社に採用されます。

もう1つは、同じ業界に転職する場合、求められているスキルが同じなら仕事の内容を大体予想できます。その会社独自のやり方を覚える必要はありますが、例えば売上の上げ方や仕事の大まかな流れなど基本は同じなので土台が出来上がっています。

最後が中途採用なら初日に辞めるのもアリと考えた最大の理由です。入社して1日ならまだ雇用保険に加入していない可能性が高いです。雇用保険を見ると前職の職歴が分かってしまいますが、1日で辞める会社の雇用保険に加入していなければ、この職歴は無かったことに出来ます。

もちろん、履歴書に嘘を書いたり、嘘がバレた時は、解雇の可能性もありますが、転職する時にこの会社で働いていたことを黙っていてもバレにくいというメリットがあります。

自分のスキルに自信がある人は転職初日に辞めてすぐに次の会社を探すのも良いでしょう。

仕事を初日で辞めたいと思わないようにするには?

学校や部活、塾、バイト、前の職場、なんでもいいので、新しく何かを始めた時の事を思い出してみてください。

何かを始めるときは不安に感じるでしょう。上手くできない自分が嫌になることもあるし、慣れない事に疲れてへとへとになってしまうこともあります。

誰でも新しく何かを始めるときは緊張するし不安です。でも、全て挫折してきたわけではないと思います。ちゃんと不安や緊張に打ち勝って乗り越えた経験や気付けばその環境に慣れていたこともあるでしょう。

仕事の初日で辞めたいと思ったらどうしようと思うなら、これまで自分が新しい環境に直面した時はどう考えていたのか、何を理由に嫌になっていたのか分析してみてください。

新しい環境の中で自分が何に不安や不満を感じて、その時にどんな行動をしていたのか分析することで、自分の行動パターンが見えてきます。乗り越えた成功例を思い出して、対策を考えてください。

逆に、すぐに辞めてしまって後悔した経験がある人もいると思います。そういう人は、後悔しないためにどうしたらいいのか考えましょう。

入社後数日で辞める人は結構いる!その理由とは?

転職した会社がどうやらブラック企業のようでした。入社初日に社員からはっきり「ブラック企業だよ」と言われたし、入社初日の新入社員にさえその気配を感じ取ることが出来ました。

資格もスキルもあるしこの会社を辞めてもすぐに、次の仕事が見つかりそうだと思いました。しかし、さっさと辞めるか、もしかしたら自分は合う会社かもしれないからがんばってみるかということで迷って、一日で決断することが出来ず、他の人はどうなのか知りたいと思って調べてみました。

すると、入社後3日以内で会社を辞めたことがある人も沢山いました。最短で半日で辞めたという人も。入社数日で辞めた人は、「20時までみんな普通に仕事してて、20時が定時扱いだから」と言われるなど、募集要項と実際の労働条件にギャップがあった場合が多いようです。

実例として、「研修制度充実!未経験でも先輩社員が付くので大丈夫」と書かれていたので安心して入社したら、研修資料を自分で読んで一人で考えて行動しろというスタンスで放置されたのですぐに辞めた。という人もいました。

 - 職業・仕事