記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

友達と喧嘩して無視された時の対処法と注意点をご紹介します

2017.12.18

いつも仲のいい友達とでも、時には喧嘩してしまうこともありますよね。
気が付いたら無視され仲直りしたくてもできないことも・・・。

そんな時にはどうキッカケを作り仲直りすれば良いのでしょうか。

また恋人同士のケンカで無視する理由なども併せてご紹介します。

こんな記事もよく読まれています

友達と喧嘩になって無視された時の対応はどうするのがいい?

仲の良い友達と喧嘩して仲直りしたいと感じても、無視されて仲直りのキッカケが見つからない時、ありますよね・・・。

そういった場合に自分がどう対応することで、相手は話をしてくれるのだろうと悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

無視をされた状態の時には、時間も必要なのですが、大切なポイントは「いつも通り普通に接する」ことなんです。

正直挨拶をしても無視されてしまうと落ち込むし『もういいや』と思いますが、本当にその相手と仲良くしたいのであれば、すれ違う時などに手を振ったりして『自分は怒ってないよ』とアピールすることが1番の仲直りの近道なのです。

無視が続くと辛くて悲しいと思いますが、友達との関係を修復したいのならぐっと我慢すべきところなのです。

友達と喧嘩し無視されている時にはこんな方法を試してみよう

些細なことで友達と喧嘩になり、謝ったけど無視をされている時など、仲直りしてくてもキッカケがなく仲直りできないこともあります。

友達の性格にもよりますが、そんな時には他の友達といる時や人の多い場所で声をかけると、あからさまに無視ができない状況になり口論することを避けるでしょう。それを狙って勇気を出して声をかけてみましょう。

友達の反応やリアクションがこわいと感じる人には、このきっかけ作りが仲直りのオススメな方法です。

また友達に無視されていることを他の友達には、絶対に愚痴ってはいけません。そうするとその友達が誰かにそのことを言ってしまう可能性があり、トラブルに発展することもあります。

愚痴ったことが、いつの間にかその友達にも伝わり周囲に広まってしまう危険もあるのです。
特に女同士の喧嘩の場合は、絶対に他の友達に愚痴らないようにしてください。

喧嘩した友達と仲直りしたいけど、無視状態・・・。そんな時には

喧嘩した友達と一日も早く仲直りしたいけど、相手が無視をし続けて全然話をしてくれないと言う体験をしたこともあるのではないでしょうか?

私も中学時代そんな体験をしたことがあります。

ある日の授業中、トイレに行きたくて我慢をしてました。いつもは仲良しの友達2人と3人でトイレに行くのですが(女子によくあるあるですよね・笑)もう一人の友達がおらず、我慢できなかったので、2人で行く事に・・・。

そうして事件は起きました・・・。

教室に行っても、友達がおらず保健室をはじめ他のクラスへも行ってみました。
最後に音楽室をあけると、クラスの5~6人の女子に囲まれ泣いていたのです!
すぐさまかけより『どうしたの?』と聞いてもクラスの女子みんなが無視!事情を聞いても何も話してはくれません・・・。

その後何度も話しかけましたが、無視状態が続くのでしばらく距離をおきました。
その後どのくらい時間が過ぎたのかはわかりませんが、突然謝ってきました。
正直理由はわかりませんが、無理に仲直りせず時間を置いて良かったのかと思いました。

恋人を無視する時は「時間を置きたい」と考えていることも

恋人と喧嘩した時に腹が立ち無視している時に、何度もしつこく謝られると余計に腹が立つなんてこともあるようです。

この場合は少し考える時間が欲しいと思う事があるのです。
男女問わず喧嘩になった時には、イライラの感情を処理するまでに時間がかかる場合もあり、それを静めたい時もあるのです。
無視する側にもさまざまな理由があるのですが、自分を気持ちを落ち着けることや、もしくは相手の反省をみたいなどの理由から無視をし時間を置きたいと思うこともあるのです。

しかし女性の場合は、怒っていながらも「ほっといて」と言う場合は大抵かまってほしいことの裏返しでもあったりする。

そんな場合多くの男性は放っておくべきだと思ってしまいますが、自分の彼女がかまってちゃんタイプなら、そこの部分をあらかじめ見抜いてあげられると仲直りはすぐできるかもしれませんね。

恋人同士の喧嘩で無視し続ける人は依存心が高い人

恋人や友達同士の喧嘩で無視し続ける人は、実はとても相手に対しての依存心が高い人なんです。

それで相手の気を引きたいなど、相手が困っていることを楽しんでいる場合もあるのです。

構ってほしいという気持ちの裏返しが『無視』なんです。
無視する人はいつも自分を気に掛けてもらえることを嬉しく感じ、長期戦に持ち込むわけです。特に恋人同士に関しては、もっと愛してほしいという依存心の表れから、無視する期間が長くなると言われてもいます。

また友達同士の場合は、自分とだけ仲良くしてほしいと思い他の友達と仲良くすることを嫌います。

恋人や友達同士においてこういったタイプの人と付き合う場合には、正直注意が必要です。

 - 人間関係・恋愛