記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

面接の採用を断る時は相手の立場に立って考えよう!

2017.12.17

面接をして採用の連絡をもらった後、理由があって採用を辞退したいこともあるでしょう。

面接をして採用されたけど断るのは失礼になる?面接で採用になったけど辞退したいのであれば早めに断る連絡した方がいい?

採用する側の立場に立って考えましょう。

こんな記事もよく読まれています

面接をして採用されたけど断るのは失礼になる?

採用されたのですから、断るのは確かに良いことではありませんが、そんなに悪いわけでもありません。

会社側も断られることに慣れていますし、採用されてからすぐに辞められてしまうよりは、採用前に断られる方がダメージも軽く済みます。

面接をして採用を貰っただけで、会社と雇用契約を交わしてもいないので、採用を断ったとしても違法とはなりません。
もし雇用契約を交わした後で断ったとしても、一日も働いていないおであれば給料が発生したわけでもないですし、特にアルバイトの場合は問題なく辞退できるでしょう。

雇用契約を交わした場合、本来であれば「退職は意思を伝えてから2週間後」となっているので問題になることもありますが、トラブルになると会社側にとってもデメリットでしかないので、言ってくることはまずないでしょう。

ただし最低限の礼儀は必要なので、採用を断ってしまう事への謝罪はしっかり行いましょう。残念ながら、断りの電話も無しに初日から来ないバイトもいますので、連絡を入れることだけで良い印象を残すこともできます。

面接で採用になったけど辞退したいのであれば早めに断る連絡を!

採用後何かしらの事情によって辞退したい場合もあるでしょう。
その場合はなるべく早く連絡し、採用を断る旨を伝えるのがマナーです。
本来であれば、採用連絡して受諾したにも関わらず、後になって「やっぱりやめたい」というのは、会社にとても大変迷惑な話です。

あなたを採用したことによって、アルバイトの募集を停止されたい可能性もありますので、突然働く人がいなくなったとなると、採用側に余計な時間や費用などの手間を発生させる事になりかねません。

働けない、採用を断りたいと決断したのであれば、すぐに相手側に伝えることが最も重要です。断り方は電話でも構いませんので、「先日採用通知をいただきました○○と申します。せっかく採用を頂いたのに申し訳ございませんが、事情により辞退させてください。本当に申し訳ございません。」などと伝え、もし明確な理由があるのであればそれを伝えても問題ありません。

一番やってはいけないのが、採用されたのに何の連絡もせずにばっくれることです。これは採用側にとって一番迷惑な事ですし、場合によっては損害賠償を請求されるかもしれません。

面接を受け採用された時に断るときは、お詫びを必ず伝えることが大切

採用を辞退したい場合、一番良いのは電話でお詫びを直接伝えることです。こちらの誠意を見せることもできますし、採用側も納得してくれるはずです。
ただ相手が不在だったり忙しくて電話でやり取りできない場合もあります。もし今までメールでもやり取りをしているのであれば、メールで伝えても問題ありませんが、丁寧な文面を心掛けて送ることが大切です。

採用を断る理由を詳しく聞かれないことの方が多いですが、一言「採用を辞退します」と伝えるよりは、何かしらの理由を述べた方が相手側も納得してくれるはずです。
内容は「一身上の都合で」でもいいですし「学校の部活が忙しくなって」「先に他のアルバイトが決まってしまったので」などでも構いません。

電話で採用を断る旨を伝える場合、何も準備せずに電話に向かうと、何を言っていいのか分からなくなることがあります。
上手く話せるか自信がなければ、内容を予め紙に書き、それを見て電話するといいでしょう。

採用を断る時に便利な辞退理由は?

採用を断る際、都合の良い嘘を言えばいいのでは?と捉えがちですが、採用をくれたのですがから、こちらも誠意をもって対応をするべきです。辞退理由を正直に伝えるのも方法もひとつの断り方です。

もう一社面接を受けて採用をもらい、そちらの方で勤務しようと考えたのなら、正直にそのことを伝えても問題ありません。
「他に面接を受けていた企業からも採用の面接を頂き、通勤時間や将来携わりたい仕事のスキルを学べるバイトでもあるので、大変心苦しいのですが今回は辞退させてください」と伝えましょう。

辞退理由が特になく、気が変わったなど個人的な理由によって採用を辞退したい場合は、相手が納得するようなもっともらしい理由を伝える必要があります。
「せっかく採用のお話が頂いたのに大変申し訳ございませんが、今回は一身上の都合により辞退させていただきたいと思います。」
などが無難でしょう。

もし病気によって働けない場合は、正直にそのことを話した方が相手に誠意が伝わります。

採用を断るなら相手の立場に立って考えよう

辞退する理由は何にせよ、一度は応募して採用を貰った求人です。相手の貴重な時間を割いて面接を受けたのですし、時間を掛けて選考してもらったのですから、感謝の気持ちと自分の都合で断る事になってしまったという申し訳ない気持ちを伝えることが大切です。
どうせ働かないのだし、特別話す事もないからといって適当な態度を取るのはマナー違反です。自分がされたら嫌ですよね?相手の立場に立って考え、嫌な言葉を使わないようにしましょう。

辞退を伝える時は必ず敬語を使いましょう。
タメ口は論外ですし、感情的にならないように意識することも大切です。電話で辞退を伝える際はお互いの顔色はわかりまんので、言葉1つで相手に与える印象は違ってきます。
相手が理不尽な怒り方をしてくる可能性もありますが、冷静に話してお互い納得するような話をしたいものです。

電話で辞退の連絡をする際は、電話をするタイミングにも注意が必要です。飲食店であれば、昼や夜の営業時間帯など、お店が忙しい時間帯は避けるべきです。

 - 職業・仕事