記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

独身と既婚で生活環境の変化で関係が悪化?友人関係を続けるには

2017.9.24

お互いに独身の時は頻繁に遊んだ仲でも、既婚者になると友人の生活が変わってあまり遊べなくなることがあります。

また、結婚している友人からの何気ない上から目線発言にイラっとした経験をした人もいるのではないでしょうか。

独身と既婚、お互いの立場が変わってしまっても変わらず付き合うための方法を調べました。

こんな記事もよく読まれています

既婚者の友人に言われてイラっとくる独身女性への一言

「高望みしてるんじゃない?」「市場価値を考えないと」など何様発言

理想が高い、自分の市場価値が分かっていないと言って妥協させようとする発言をしてきます。例え親友だとしても、こんな風に言われたら、何様だよ?とイラっと来てしまいます。結婚ありきの発想から来る発言にも反発したくなります。

「結婚したらわかるよ」という上から目線発言

確かに実際経験しないと分からない事もありますが、最初から「どうせわからないよね」というニュアンスの発言をされると上から目線に感じて、結婚してるのがそんなに偉いのか?とイラっとしてします。
そう思うなら結婚生活の悩みは既婚者同士で話せばいいのにって思ってしまいます。

「子育てに比べたら仕事してるときの方が楽だった」という自分の方が大変発言

育児も大変でしょうが、何が大変なのかは人ぞれ違うんじゃないんですか?
自分中心に考えている発言に「私の苦労だって知らないくせに」と思ってしまいます。ただ子育ての大変さを話してくれればいいのに、どうして仕事の大変さと比べるのでしょうね。

既婚者の友人と独身の自分が友人関係を継続させる方法

結婚するとどれ位生活が変わるかどうかは人それぞれ度合いは違いますが、子供がいなければある程度自由があっても、子供が出来ると子供中心の生活になってしまいます。誘っても断られたり会える場所が制限されてしまうこともあって、いつのまにか疎遠になってしまうこともあります。

誘っても断られることが増えたら、「落ち着いたらランチでもしよう!話聞かせてね」と寛大な心でメールを送りましょう。独身で子供のいない自分には、結婚生活や育児の本当の大変さは分かりませんが、話を聞くことは出来ます。

たまには友達と会って日々の生活の不満やストレスを話すのもストレス解消になりますので、今はその手助けをしてあげる時期だと思えば良いのです。

相手から連絡が来るまで待つのではなく、気に掛けていることが分かるように時々メールやLINEを送ってみましょう。なお、メールよりLINEの方が気軽で返信率が高いと思います。

また、友達の家に遊びに行くのも良いでしょう。出産後や子供が小さい頃は外出が難しくなります。産後1~2ヶ月経ったら友達の家にお祝いを持って行きましょう。
無事に生まれたと報告があったら、「赤ちゃんに会いたいし少し落ち着いたらお祝いを渡しに家にお邪魔するね」と言っておくと良いと思います。

赤ちゃんが生まれると、想像以上に生活が一変してしまいます。友達の体を気遣うメールを送り、家に行くのも友達の体調を考慮して最初から長居しないようにしましょう。

ある程度外出できるようになったら、子連れに優しいお店などをリサーチして、子供と一緒でも気にならない場所に誘うと既婚者の友人とも長く友人関係を続けられます。

友人が既婚者になった!独身の自分は友人の生活の変化にどう感じる?

独身同士楽しく過ごしていたのに、一方が結婚したら今までと同じように過ごす事は難しくなります。友達が結婚して生活が変わってしまうことについて、独身の女性はどう考えているか意見を聞いてみました。

多くの独身の人は、「今まで通りに遊べなくなるのは仕方がないこと」と割り切っているようです。しかし、「寂しく感じる」「取り残されている様で焦る」「劣等感を感じて落ち込む」と感じる人もいます。

寂しさを感じたり焦る気持ちが芽生えた人は、結婚を急いだり自分の趣味を充実させたり仕事に打ち込んだり、他の道を探すようです。

少数派として、「子供の手が離れたらまた沢山遊ぼうと約束している」という意見もありました。子供に手のかかる時期が過ぎればまたゆっくり会える時間が出来るはずと考えて、今はあえてお互いの人生を歩もうという事でしょう。

長寿の時代ですから、育児期間よりも子育てが一段落してからの期間の方が長い可能性が高いので、一時的にあまり会わない期間があってもまたゆっくり会える時が来ます。

当然人生は何が起こるか分からないので、友達の子供が巣立ったころには自分はまだ子育て中の可能性もありますし、お互いに必要としていなくなってるかもしれません。

今は寂しく感じても友人との関係の変化をどう受け入れて乗り越えるかがポイントです。いつか笑って話せる思い出に変わるように今を充実させましょう。

独身女性は既婚者の友人より一人で過ごす方が楽?

昔からの友人の中で独身は私だけです。そのため、既婚者と話が合わなくなってきてしまい徐々に疎遠になって来ています。

既婚の友人と会うと大体旦那や子育ての愚痴を聞かされます。仕方ない事ですが、やっぱり聞いているだけでも疲れてしまいます。

既婚者の友達ばかりなので、友達と行動することも減って、基本は単独行動です。旅行も一人で行きますが、一人旅では行きたくても行きにくいところもあります。

既婚の友人の旅行話を聞いているときに、思わず「良いな」と言ったら「独身の方が羨ましい」と長々話されてうんざりしました。お互いの生活が変わってしまったので、独身時代の感覚で付き合うことは出来ないと諦めています。

私は一人暮らしですが、正直言うと家族がいる友人が羨ましいです。でも、結婚していないのは自分のせいだし、言われても友人も困ると思うので言いません。

今は、一番気楽に付き合えるのは昔からの友人ではなく、仕事仲間です。既婚未婚に関わらず、経済状況が似ていて、話も仕事から家族の話や趣味まで色々な話題があるので一緒にいやすいです。

既婚女性は独身女性のどんなところが羨ましいのか?

独身女性は好きな物にお金を掛けれる

独身時代は何にお金を使っても文句を言われることはありませんが、結婚したら自由に使えるお金が限られています。

特に子供がいる家庭の場合は、子供にもお金がかかるし自分のために使えるお金がほとんどなくなってしまうこともあります。独身の友達が趣味やファッション、美容にと自分にお金を使っているのをみて羨ましくなってしまうのも仕方がないでしょう。

キャリアを積み重ねている姿

子供がいると特に、外に出る機会が減って子育てが生活の中心になります。さらに、「○○ちゃんのママ」のように一人の女性として見られる機会も減ってしまいます。

そうすると、社会復帰出来るか不安になったり、一個人として認められてキャリアアップしていく独身の友達を見て羨ましく思ったりしてしまうこともあります。

結婚をすると生活の中心が家の中になるので、話題も育児や夫など生活に関わる事が多くなります。独身の人からすると夫や子育ての愚痴は世間が狭く感じてしまうこともあるでしょう。

独身の人も仕事やプライベートの愚痴を言うこともあると思いますが、関心のない内容だと聞いている方は辛いのはお互い様です。

 - 人間関係・恋愛