記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

子供が就職したら保険証はどうなる?手続き方法やその条件

2017.12.17

親の扶養から外れるようになる子供の就職。保険証の手続きはいったいどのようなものなのでしょうか?

就職に限らず、アルバイトの収入が高い場合も手続きが必要のようです。

子供が扶養から外れるときの手続きや条件について紹介いたします。

こんな記事もよく読まれています

子供が就職した場合は保険証が変わります!

子供が就職した場合や、アルバイトで収入がある場合など被扶養者の条件を満たさなくなったときには、扶養からはずす手続きが必要となります。

その条件は、継続的な収入が年間130万円以上得られる場合となります。扶養している子供のパート・アルバイトの収入が増えたときや就職をしたときなどになります。

この扶養を外すタイミングは、年間収入の限度額を超えてからではありません。働きだしたときや収入をもらいだしたときから、被扶養者からはずすことになります。就職の場合は、就職先で健康保険に加入になると思います。扶養をはずす手続きをしましょう。

雇用保険や失業等給付を受け取るときも扶養から外すようにしてください。

また、子供が就職しなくとも扶養の関係がなくなったときには手続きが必要となります。例えば、結婚をして結婚相手の扶養となった場合は自分の扶養から外してください。

扶養からはずれたら、被保険者本人として国民健康保険や他健保に加入したり新しく扶養される被扶養者の扶養家族となる手続きが必要となります。

子供の就職が決まり入社後の保険証の手続きとは?

健康保険には2種類あり、国民健康保険か社会保険になります。自営業などのように企業に勤めていない場合は、国民健康保険に加入となります。学生のうちは保険料は、被保険者である親が支払います。

一般企業に入社した場合、その企業が加入している社会保険団体の健康保険に入ります。
就職が決まったら今入っている健康保険から脱退しましょう。就職した会社の社会保険に加入となるため、今入っている健康保険から脱退する必要があります。

この手続きは、会社がすべてしてくれるものとは限りません。自分でしなくてはいけない手続きもあるので手続きの準備をしておきましょう。

しかし、例外もあります。企業によっては社会保険に加入していないところもあり必ずしも今入っている健康保険をやめなくともいい場合もあるので、就職が決まったら会社に確認をすることが大切です。就職後に、保険料の負担をすることのないよう前もって聞いておきましょう。

子供が就職したら、その保険証は会社に返還

保険証の手続きは、個人ではなく会社の事務処理として行います。まずは、子供から保険証を回収し子供が会社に入社したら会社の総務、又は事務担当者に渡しましょう。シャチハタ以外の印鑑が必要になるかと思います。

健康保険だけでなく、税金の扶養からも抜く必要があります。会社から、扶養控除等(異動)申告書をもらい提出しましょう。この手続きを忘れてしまうと、年末調整のときに税金を徴収されてしまいます。

扶養に入れるときよりも扶養をはずすほうが手続きは、簡単なものになります。扶養に入れるときは、確認が面倒であったり必要な添付書類があったりします。

健康保険と、税金の扶養からも抜く手続きを忘れずにすることが大切です。社会保険の切り変えは退職日の翌日となります。切りかえの手続きに時間がかかる場合は、会社や市役所に相談しましょう。

国民健康保険の加入の手続きは、退職日から14日以内となります。国民健康保険は加入の手続きをしなくとも、保険料は発生するので気をつけましょう。

保険証をきりかえる必要があるのは?ない場合とは?

子供の就職先が、社会保険の適用事業所ではないときや就労条件が短時間労働である場合は社会保険に加入することはできません。この場合、国民健康保険に加入となります。

社会保険に切り替わるときには、会社から渡された被扶養者(異動)届に必要事項を記入しましょう。年金手帳を持っていれば、その年金手帳と一緒に提出してください。

しなくてはいけないのが、国民健康保険の脱退手続きとなります。国民年金の脱退続きは必要ありません。

国民健康保険の脱退手続きは市役所で行うのですが、加入した社会保険の保険証や社会保険の資格取得証明書、国民健康保険証、運転免許証などのような本人確認のできるものが必要となります。

会社で手続きをして、社会保険の保険証があなたの手元に届くのは、書類を提出してから約2週間後位になるかと思います。会社によって、社会保険の手続きを行った日付で「資格取得証明書」を発行してくれるところもあるようです。国民健康保険の脱退手続きには社会保険の保険証もしくは資格取得証明書が必要です。

子供が会社に就職したけど辞めた場合はどうなるの?

会社で働いている場合、会社の健康保険に加入しています。しかし、会社を辞めれば国民健康保険に加入となります。他の人の扶養家族などではなく、会社の健康保険等に入っていない期間は国民健康保険に加入となります。病院にかかる・かからないは関係ありません。

国民健康保険料も支払う必要があります。国民健康保険への切り替え手続きをせずに保険料を支払わないでいると、未加入期間の保険料をのちに支払うようになります。

国民健康保険に加入していなければ、治療は保険がききません。全額負担となります。滞納していた分の保険料を支払わないと、それから国民健康保険に加入しても保険はきかないので気をつけましょう。

国民健康保険「料」であれば時効は2年となり、国民健康保険「税」であれば時効は5年となります。これより前にさかのぼり徴収はされませんが、病気やケガにそなえて手続きしておくことをおすすめします。滞納した保険料を一度に支払うのが難しい場合には、分割して支払いましょう。

 - 暮らし・生活