記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

コンビニバイトのきついところはココ!でもそれだけじゃない!

2017.12.15

コンビニのバイトって誰にでも出来て、簡単そうなイメージはないですか?

コンビニのバイトには様々なサービスがあり、覚えることもたくさんあります!

実際に、コンビニでバイトをしてきついと感じたこととはどんなことだったのでしょうか?

こんな記事もよく読まれています

コンビニのバイトできついと感じたところ

コンビニのバイトは楽でしょ?そう思っている方人も多いのではないでしょうか。
実際にコンビニでバイトをしていた人の体験談を聞いてみました。

確かに高校生のバイトがいたり誰にでも出来そうですが、仕事の内容はそんなに簡単でもないんですよ。
業務の内容は、思ったよりたくさんあります。
レジでの接客はもちろんですが、商品の管理や陳列作業の他簡単な調理までします。加えて様々なサービスがあります。
コピー機の使い方を聞かれたり、荷物や宅配の受付をしたり、公共料金の支払いもあります。
それらのやり方を全部覚えなくてはいけません。
お客さんが少ない時はいいのですが、混雑する時間帯などはレジ打ちのほかにもサービスをこなさなくてはいけないので本当に大変です。
二人体制ではぜんぜん回らない時もあります。
コンビニはスピード勝負的なところがあるので、並んでいると露骨にイヤな顔をする人もいます。

コンビニのバイトはきついって本当?こんな人にオススメです

コンビニでバイトする際のデメリットを聞いてみました。
見ての通りコンビニの中はそんなに広くはないです。その狭い中でレジ打ちの作業や商品の陳列や廃品の管理などを数人体制で行います。また掃除やゴミ箱の管理もしなくてはいけません。

そしてキツイと感じる時が、忙しい時間のレジでの業務です。
またコンビニは人件費をかけないように、少ないぎりぎりの人数でお店を回さなけれがいけません。
人によって働く時間は違うので同じ時間のシフトの人と合わないときや、相手が仕事をしない人の時はストレスが溜まってしまいます。

コンビニのバイトはこんな人にオススメ!
一日に働く時間が2時間や3時間という短時間の勤務を希望する人にオススメです。学校に通っている学生や、フルで働いているけれど空いた時間に少しだけバイトして収入を増やしたいという人にも向いていると思います。

コンビニバイトがきついのは時間にもよります

子供を幼稚園に通わせているという主婦の方に聞いてみました。

幼稚園の送迎の他に家事や洗濯、食事の準備などやることはたくさんあります。
ですので、家から近いコンビニを選びました。
私が働いているコンビニは24時間やっているので、働く時間の融通が利いて主婦の方も多く働いています。なので仕事でわからないことや困ったことがあると聞きやすくて助かっています。

コンビニで混む時間帯はやはり昼の時間です。しかも立ちっぱなしなので足がむくんだり痛くなってきます。
お昼の時間が過ぎるとある程度はゆっくりできますが、予約販売や仕込みや発注、宅配便などもあるのでやることは結構あります。

シフトの時間を深夜帯にしていましたが、朝早い時間はどんなものかと働いてみたら規則正しい生活が送れることに気付き、体の調子も良くなった感じがします。

コンビニの仕事の内容はこんな感じでした

コンビニによって業務の内容は多少変わってくるでしょうが、主な作業はほぼ同じではないでしょうか。
私がバイトしているお店の仕事の内容はこんな感じでした。

「レジ打ち」
「接客」
「店内清掃」
「商品の陳列」
「商品の発注」
「簡単な調理」

メインとなるのはやはり「レジ打ち」ですね。
公共料金の支払いやチケット販売があります。他に宅配便の受け付けなど。
ですが、やることは決まっていて誰にでも出来るようにマニュアル化されているのですぐに仕事が出来るようになっています。

店舗によっては売り上げを伸ばすために、自分達でPOPを作って努力しているところもあります。

勤務の形態はシフト制で、働きたい時間や日にちを希望をします。学校の授業や自分の生活に合わせて自由な時間で働くことが出来ます。

コンビニのバイトで大切なこと

コンビニでバイトをする上で大切なことは何だと思いますか?
それは「明るい笑顔」と「挨拶」です。

バイトだからといってお客様の対応の仕方が悪いというのはよくありません。
例えば挨拶です。
「いらっしゃいませ」や「ありがとうございます」は基本ですが、キチンと言えていないとクレームがくる場合もあります。

コンビニは小さな子供から、年配の方も良く利用されています。
レジ打ちや商品管理や清掃などさまざまな業務をこなしながら、色んな年齢層の人に合わせた親切心や細かな心配りも必要です。

バイトを始めるまえにそれらを、研修で教えてくれるところもあります。元気で明るい笑顔で接客することが大切のようです。

 - 職業・仕事