記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

幼稚園からピアノの習い事を始めたい!こんなメリットも!

2017.9.3

今は幼稚園の頃から習い事に行く子供はたくさんいますよね!習い事の種類もたくさんあってどんな事を習わせると良いのか迷うこともあると思います。

そこで!脳にも良いと聴く「ピアノ」の習い事について調べてみましたよ!

親は大変かもれませんが、始めてよかった事もあるようです。習い事を始める時に大切なことなども紹介します。

こんな記事もよく読まれています

幼稚園からピアノの習い事!こんなレッスンがありますよ!

幼稚園からピアノを習いたい!でもまだ難しいかな?どんなレッスンをするのかと心配しているお母さん。
教室によって違いがありますが、私の子供が通っていた教室のグループレッスンは「耳を育てる」事を大切にしてレッスンをしています。この耳を育てるとは「絶対音感」というものです。

ピアノを弾く時にもまずは音を聞いて弾くことから始めます。音に触れて音を楽しむことがベースです。それから幼稚園の年長さんか小学生になってから楽譜を読むレッスンが始まりますよ。また、グループレッスンはみんなで合奏を楽しむ事もできました!

また、個人レッスンもあります。すぐにピアノを弾きたくなる気持ちもわかりますが、幼稚園のお子さんはまだ楽譜が読めなかったりピアノを弾く事が難しいので、始めはリズム・音階を覚える事に時間をかけてレッスンする教室が多いです。この時間はとても大切な時間です。ピアノで実際に音を弾いて聴き、手を叩いてリズムを身体に覚えさせます。

ひらがなを書くことができない子でも音符が読めるようになるために、ワークで音符やリズムについての勉強をします。このワークを続けると、最初は簡単な音符もうまく書けなかった子でも、ト音記号も上手にかけるようになりますよ。

ピアノの習い事を幼稚園のころから始めるのは大変!こんな体験談。

年長さんになったらピアノを習わせてあげる。
そう、子どもに言っていたのでまずは体験レッスンに行く事にしました。

当日、仕事が終わり一時保育を頼んであった0歳の子供を抱き、長女をお迎えに。週末はたくさんの荷物があり、家に置いてから体験レッスンに行こうか悩みましたがそのまま教室に行きました。教室に入ってみると、長女と同じぐらいの歳の子、その子の上品なお母さん、そして年配の先生がいました。そして開講するならこのメンバーになる説明がありました。

この2人ならグループレッスンの意味がないなと思いながらも、0歳の子供を抱えて教室の後方に行こうとしたら「お母さんはお嬢さんの隣に座ってください」と。0歳の子供がレッスンの邪魔をしないかと不安でしたが長女の隣に座りました。

そしてレッスンが始まりテキストを渡されて見てみると、このレッスンはお母さんが隣に座っていることが前提でカリキュラムが組まれていたのです!しかも1年間!

そこでテンションが低くなっている時に0歳の子供が電子ピアノのスイッチを押してリズムが流れ、ピアノを打ち鳴らして喜び始めました。隣のお母さんもお子さんも困惑して、長女はメソメソと泣いてます。これではレッスンになりません。すごい疲労感を感じた体験でした。

ピアノの習い事を幼稚園から始めてよかった事は?

子供がピアノを習って良かったというお母さんの声を紹介します。

  • 私も趣味で弾くので娘にもと思い、3歳からピアノを習わせました。宿題がたくさんあるので、毎日続けて練習する習慣をつける事ができました。習い始めてから1年は過ぎ、発表会やステージに立つことも増えました。この発表会などに向けて目標を持って頑張る事ができるのでピアノを習ってよかったと思います。
  • 5歳ぐらいでピアノを習い始めました。基礎の音階練習で苦労することもありましたが、地道にコツコツと練習を続ける事で楽譜を読む事ができるようになり、自分の好きな曲が弾けるようになった事がうれしかったみたいです。楽譜が読めると、難しい楽器にも挑戦することができて子どもはとてもよろこんでいましたよ!楽譜が読めると小学校に行ってからも役にたちますよね!

と、このような声がありました。幼稚園の頃から目標を持って頑張れたり、練習を地道に続ける事ができるはとてもステキな事ですね!

脳によいから?!習い事で一番いいのはピアノ?!

ピアノを弾いて演奏する。これは練習したら簡単に見えますが、実はとても複雑な動きになっています。

ピアノを弾いて演奏する事は、

  • 目で楽譜から音符、休符、ペダル・強弱などの情報を読む
  • 脳でこの目の情報によって指・足などに指令を出す
  • 指は両手が違う動きに・足はコントロールしてピアノの鍵盤やペダルを使いこなす
  • 耳でこの音を聞き取り、イメージ通りになっているかを確かめる

といったこの4つの動作を連続してスムーズに、そして感情豊かに表現しているのです。

人間の脳は右脳と左脳があります。右脳は知覚と感性を司り左半身と連動して支配するのに対し、左脳は思考と理論を司り右半身と連動して支配していると言われています。この右脳と左脳の両方が刺激を受けて発達し、人として活性化して理想的なバランスを持って成長することができます。

と言う事は!両手で演奏しているピアノは脳の発達によい影響があるって事ですよね!この右脳と左脳を同時に動かせる動作、ピアノ以外ではあまりみかけないそうですよ!

幼稚園で習い事デビュー!人気の習い事は?

幼稚園から習い事を始めるには、どんなものが人気なのでしょうか?そして習い事を始めるときに大切な事とは?

男の子も女の子にも人気なものは、スイミングやトリミックがありますよ!そして習い事を始めるには、子供のニガテを克服したいから習い事をさせるのではなく、好きな事を伸ばしてあげるために習い事をさせる!という考えが良いでしょう。

例えば、水が怖くて泳げないと困るからという理由でスイミングを習うと、子供は克服できないととても辛い思いをすることになります。そしてもっとニガテになってしまうという良くないパターンになる場合があるからです。長い目でみてあげる事が大切な事になってきます。

子供が音に合わせて踊る事が大好きだからリトミックを習おう!と決めたら、習い事が楽しくなりますよね!子供が笑顔になる習い事から始めてみましょう!

 - 子育て・学校