記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

心理学の勉強方法!自分に合った勉強方法で心理学を学ぶ方法!

2017.9.1

心理学とは人の心の働きとそれに基づいた人の行動を学ぶというもの。

心理学に興味がある、心理学を本格的に学びたい!というまだスタート地点にいる方

数ある心理学の勉強方法をご紹介しています。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

心理学の勉強方法を探す前にどの専攻かを定める必要がある

心理学とはみなさんどんなイメージですか?何だか難しそう。人の心が読める。なんてイメージではないでしょうか?

そもそも心理学ってどのようなものを指しているのか、心理学の種類についてご紹介していきます。心理学には大きく分けて【基礎心理学】【応用心理学】があります。

【基礎心理学】において代表的なものは

  • 発達心理学
  • 学習心理学
  • 社会心理学
  • 人格心理学
  • 生理心理学

【応用心理学】において代表的なものは

  • 災害心理学
  • 臨床心理学
  • スポーツ心理学
  • 教育心理学

などがあります。心理学の勉強方法はその専攻する心理学によって異なります。

心理学を学ぶ時は人の心理学を主に勉強したいのか、それとも心理学を応用してそれぞれの目的に応じた分野で勉強したいのか一番最初の分かれ道をしっかり決めてから心理学を学びましょう。

私生活で活用できる心理学を勉強する方法は?

専門分野じゃなくたって心理学は応用できるのです。私生活、仕事にだって応用できます。心理学を学んでいてそれに基づいた行動を取れば、相手とコミュニケーションをスムーズに取ることができたり、私生活でもそれは応用できますよね!

生きていれば恋愛をするという機会があるはず。恋愛心理学などの本を読んでいるといざ恋愛した時、相手の行動で本当のキモチや、どうしたら相手を喜ばせることが出来るのかなど、恋愛テクニックも上達するでしょう。

ちょっとした人付きあいをうまくできるようになりたい。という時は本格的な心理学を学ぶより、書店などに行って恋愛なり、仕事なりの心理学の本を読むだけで充分コミュニケーションは取れるはず。

私生活で応用する場合は、心理学の勉強方法は”本を読む”という事をしてみてください。

心理学の勉強方法は自分のライフスタイルに合わせて!

心理学を学ぶには学びの場を選びましょう。

大学…全国各地に心理学を学べる大学があります。

心理学にも種類があります。どの心理学を専攻するのかをはっきり決めて大学の心理学を専攻しましょう。

通信制…心理学を学べる通信制の大学もあります。通信講座でも”生活心理学講座”という教材があります。

自分のライフスタイルに合った勉強方法を選びましょう。心理学を学ぶ人は

  • 心理学に興味がある!
  • 医療の現場や教育の現場で心理学を生かしたい!
  • ビジネスで人とコミュニケーションをとるのに心理学を学びたい!
  • 心理学を学んで子育てなどに役立てたい!
  • レベルの高い環境で心理学を学びたい!
  • 心理学の資格を取りたい!

という考えから心理学を専攻します。心理学は資格を取得するのは難関です。しっかり目標を定めて目標に突き進む必要があります。

心理学検定とはどんな検定なの?資格はどうゆうところで生かせる?

日本心理学諸学会連合認定が行っている心理学検定というものはご存知でしたか?

受検するにあたり、心理学部や心理学科などの所属や卒業に関係ナシに、希望する人すべてが受験対象者になります。

~心理学検定を受験する流れ~

  1. 申込受付期間中に申込をします。
  2. 受験票が届きます。
  3. 心理学検定試験日に試験会場にて検定試験を受けます。
  4. 検定結果通知が届きます。

~この検定で資格を取ったら何に役立てられるのか?~

心理学を学んだという証明になり、就職や、大学院進学に大きく役立てることができます。検定側も社会に対してのPRに力を入れています。

この検定に興味のある方は「日本心理学諸学会連合認定 心理学検定」と検索してみてください。そうすると公式ホームページが案内されるのでそちらで詳しい情報をご覧になることができます。

心理学を学ぶメリットはあるの?どんな時に役立てる?

そもそも心理学とは人の心の働きや人の行動を学ぶというもの。”心理学を学んで、人の心を操る”なんて事は心理学ではできません。

心理学に向いている人は”よく人から相談を持ち掛けられる”という人は心理学に向いていると言われています。人の話を聞くということって簡単なようで難しいんですよね!悩んでいる人の話を聞いてなおかつ、解決策も提示する。

更に、いつも冷静にでいられてどの視野からも見ることができる人が心理職に向いていると考えられています。正直今の日本の現状だと、「カウンセラーになりたい」という人の人数より、「カウンセリングを受けたい」という人の人数の方が少ないのが現状です。

心理学を学んだら心理職に就きたいと思う方もいると思いますが、心理職はなかなか離職率の低い仕事。実際に資格ももっているけど仕事にするというのは難しいものですね!

しかし、心理学を学んでいて役立たないという訳でもありません。日常、職場、交友関係などコミュニケーションがある場では必ず生かされます。

今回は心理学の勉強方法についてご紹介してきました。

心理学に少しでも興味がある方は少し心理学を勉強してみたらいいのではないでしょうか?まずは本からスタートし、それで面白いと感じたら、どんどん本格的に勉強に力をいれてみてください。

 - 教養・知識