記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

結婚指輪にダイヤが入っているものは職場でもOKか検証しました

2017.9.1

結婚指輪にダイヤが入っているデザインのものは結構ありますよね。

特に女性は、結婚指輪は常にしているという方が多いでしょう。

職場によっては、ダイヤの結婚指輪に対し、さまざまな意見があるようです。結婚指輪について調べてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

ダイヤ付きの結婚指輪、職場へ付けていく?いかない?

結婚指輪や婚約指輪、大切な指輪だからこそ身に付けていたいと思いますよね。

婚約指輪の場合は、ダイヤモンド付きの指輪が大半でしょう。婚約指輪をもらって、結婚するまでの期間はそんなに長くはないですよね。

付けていく派の意見としては、そんな短い期間だからこそ付けたいという考えもあるようです。結婚後は、結婚指輪をすることになるので、その後はなかなか婚約指輪を付ける機会というのも少なくなりますよね。

付けていかない派は、大事な物だからこそ無くさないように家に大切に置いてある、という意見もあります。

そして、普通の指輪よりも目立ってしまうため、職場のお局様の妬みの対象にされそうだから、なんていう意見もありました。

職場にダイヤの結婚指輪をしていくと…。こんな同僚の態度

中には、職場でこのような体験をした方もいます。

結婚指輪を職場にしていくと、結婚そのものに嫉妬する独身の同僚から「そんなに結婚指輪を自慢したいの?」「職場にまで結婚指輪をしてくるのはどうかと思う」というようなネガティブなことを言ってくる人がいたというのです。

そんなことを言われる、指輪を付けていきにくくなりますよね。翌日には、結婚指輪を外して行ったのに、さらにグチグチと言われる…。本当に困りものですよね。きっと、何をしても文句を言いたいのです。

そんな時には、右から左に聞き流しましょう。あなたに非があるわけではありません。その人は、文句を言ってストレスを発散しているだけです。

職場でのダイヤの結婚指輪や婚約指輪に対してのルール

結婚指輪や婚約指輪に対して、職場でルールがある企業というのは少ないでしょう。

でも、海外では少し違うようです。

海外では、どんなに大きなダイヤが付いた婚約指輪でも日常的にはめている人が多いといいます。そのような文化から、「ドリンクにダイヤの指輪が落ちて、お客様のノドにつっかえると大変」ということから、安全面を考えた米スタバが、従業員に対して「ダイヤの婚約指輪」を禁止したと言うのです。それに対して、男女差別だ、という意見が上がりネット上では論争に発展してしまいました。

どの職場でも、ある程度の服装規定はありますが、この「ダイヤの婚約指輪着用禁止」には、大きな波紋が広がりました。

そして、ダイヤや石のついた指輪の他、時計やブレスレットという、食品の中へ落ちる危険のあるものも禁止となっています。ただし、結婚指輪はOKとなっているようです。

職場にも付けていきやすいダイヤなし結婚指輪も人気

100名の方に「結婚指輪は、ダイヤ付きがいいですか?それともダイヤなしがいいですか?」という質問をしてみました。

結果は、ダイヤ付きが良いと言うのが41人。ダイヤなしが良いというのが59人という結果でした。アンケートからはダイヤなしの方が多い結果となりました。

ダイヤなしの方の意見をご紹介します。

  • ダイヤにこだわるよりは、全体的なデザインが自分の好みであるかの方が重要。
  • シンプルなデザインの方が飽きが来ないから。
  • 職場に付けていくことを考えると、あまり派手ではない方が付けていきやすいから。

などどいう意見がありました。

一方、ダイヤ付きが良いという方の意見は。

  • 一生付けるものだからこそ、少し華やかさが欲しい。
  • リングの片隅に小さく入ったダイヤのデザインがステキ。

などという意見がありました。

ダイヤ付きが良いという方も、大きいダイヤがいいというよりは、さりげなくダイヤの入ったデザインが良いという方が多いようです。

ハーフエタニティなら、シンプルもダイヤも楽しめる

結婚指輪を職場にしていくか、いかないかでも、選ぶ基準は変わってきます。

初めから、付けていかないと決めているのであれば、どんなデザインでも大丈夫なのです。大きめのダイヤが付いていても、派手な目立つデザインでもOKですよね。休日のお出かけや旦那さんとの食事の時などに付けるように付けていきましょう。

普段も付けたいのであれば、ダイヤは入っていても少し控えめなデザインの方が付けやすいですよね。

職種にもよりますが、あまり派手過ぎないデザインの方が無難です。そして、中にはハーフエタニティを選んだという人もいます。職場では、ダイヤの部分を内側にして使い、お出かけの際はダイヤが外側に見えるようにして使っているそうです。

ただ、指輪は周りやすいものですので、気付くと反対になっている場合もあるようです。大切な結婚指輪。お気に入りの指輪を見つけて下さいね。

 - マナー