記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

高齢出産の年齢で世界最高なのは何歳か検証しました!

2017.8.31

近頃は、芸能人やセレブなど多くの方が高齢出産をされて、40代での出産も珍しいものではなくなりました

世界では、最高何歳までの方が妊娠・出産をされているのでしょうか。

高齢出産について調べてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

高齢出産の記録、最高年齢はなんと70歳!

世界の最高年齢

妊娠・出産を調べてみたところ、なんと70歳!インド人の方です。

この女性は、子供ができないまま高齢になり、それでも赤ちゃんが欲しいという強い願いを持ちながら不妊治療を始めました。不妊治療にかかった多額の費用は借金をしながら頑張りました。

提供された卵子を使っての体外受精で生まれたのは、男の子と女の子の双子でした。跡継ぎになる男の子を願っていた女性は、大変喜んだそうです。

自然妊娠でも最高年齢はイギリス人女性の59歳です。この方は不妊治療を受けていたのではないですが、持病の治療のためにホルモン補充療法を受けていました。その影響があり、妊娠に繋がったのではないかと見られています。

最近では、2012年に66歳で双子を出産したスイスの牧師の女性が記憶に新しいでしょう。

日本国内の最高年齢

60歳ということです。この方はアメリカで卵子提供を受けて、体外受精による妊娠・出産に成功しました。

自分の卵子による妊娠は49歳が最高年齢とされています。49歳でも妊娠可能な排卵があるというのは大変稀なことです。

高齢出産の最高年齢は70代でも年齢的にリスクもある

世界での自然妊娠の最高齢記録

アメリカの57歳の女性が、1656年に女児を出産しています。一般的に女性の閉経は50歳過ぎ頃に訪れ、早い方は40歳頃、遅い方では55歳頃と個人差があります。ですので、自然妊娠で50代後半の女性が妊娠をするというのは、大変まれなことです。

50代前半で自然妊娠するケースもかなり少ないですが、日本でも年に数件は50代女性の自然妊娠が報告されています。

高齢になると、どうして妊娠するのが難しくなるのでしょうか。それは卵子の質が低下していくことが関係しています。卵子は、胎児の時に一生分の卵子が作られ、それ以降は作られません。

女の子の赤ちゃんは生まれた時には、もう体内に卵子があり、加齢と共に卵子も老化していくのです。卵子が老化すると、卵子の中のミトコンドリアの働きが鈍くなり、卵子の質が低下していってしまいます。

卵子の質が低下するということは、卵子の発育不全、着床率の低下など、さまざまな点で妊娠が難しくなります。

高齢出産の最高年齢は更新されていく?世界的に高齢出産が増えている

高齢出産の概念が昔とは違ってきているように思います。日本は年々、高齢出産が増えてきていますが、これは日本に限ったことではありません。

WHOをはじめ、諸外国の中にも、日本と同様、高齢出産に関する定義がある国はたくさんあります。日本では少子化も大きな社会問題となっています。世界に目を向けても、少子化の問題を抱えている国は数多くあるようです。

アメリカやイギリス、フランス、スウェーデンなどの合計特殊出生率も、1960年代までは2.0以上ありました。しかし、1970年頃から下降線をたどり、日本同様に少子化の傾向が見られます。

一方、女性の社会進出は目覚ましく、女性のキャリア思考も強まっています。また、平均寿命の延びも高齢出産に影響を与えていると見られています。結婚をする平均年齢も高くなっているので、高齢出産が増えてくるのは当然ですよね。

芸能人や世界のセレブを見ても、高齢出産の方が増えてきていると実感します。

男性が高齢で子供ができた記録にも驚き!

男性の場合も、もちろん高齢になるにつれて生殖機能が低下します。しかし、女性ほど加齢の影響が生殖機能に影響しないと言われます。

男性が子供を授かった年齢の最高齢記録は96歳!インド北部に住む男性で、奥様は50歳代だったそうです。この妊娠に対しては、不妊治療なども行っていなく、自然妊娠での出産のようです。

自然妊娠は40代が節目と考えよう

妊娠に対して適した時期のことを妊娠適齢期と呼び、最も妊娠するのに適しているのは20代の間とされています。年齢ごとに自然妊娠できる確率は減少していってしまいます。

健康的な夫婦の1年間の妊娠率を年代別に見てみます。

  • 20代………80%
  • 30代前半…60%
  • 30代後半…50%
  • 40代前半…30%
  • 40代後半…5%

となり、40代の後半では一気に減ってしまいます。

理想は自然妊娠で赤ちゃんを授かりたいと思うのが普通ですが、なかなか自然妊娠ができないという方や、結婚自体が遅かったという場合は、あまり自然妊娠にこだわらない方がいいかもしれません。

女性は年齢とともに、妊娠しにくくなってしまうので、不妊治療を始めるならなるべく早めに始めた方が妊娠確立も上がります。

早めに不妊検査などを受けてみて、その結果をふまえて、今後の妊活に取り組んでみてはどうでしょうか。このまま自然妊娠を目指すのも良いですし、治療的なことに進んでみるのも一つでしょう。

 - 雑学