記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

夫との喧嘩で無視が続く時は、冷却期間を置くことも大切

2017.8.30

夫と喧嘩し無視されるのが続くと、そんな中同じ空間にいるのは辛いもの。

喧嘩すると旦那が黙り込む!話し合いにならない!しかしそれには〇〇な理由がありました。

話し合いができない時には、メールも効果的です。その内容とは!?

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

夫と喧嘩し黙り込み無視する夫の心理にはこんな理由があった!

夫と喧嘩すると大抵は妻が言いたいことを言い女性の方が口が達者なこともあり、夫が黙り込むと言う夫婦の方が多いのではないでしょうか。

実は夫が黙り込むのは、口が回らないと言う事ではないのです。実は男性には、男性ホルモンの一種の「テストステロン」と言うのがありそのホルモンにより喧嘩するとキレやすくなってしまうので、怒りを抑える為に黙りこむのです。

さらに男性の激しい怒りは暴力に繋がることもありますので、そんな気持ちを抑える為に黙りこむと知っていましたか?

そんな黙り込む夫を「何も言わず逃げた」と言う奥さんがいますが、夫は最悪の事態を避ける為に冷静な状態に保とうとしてるのです。

夫が黙った時にはキレる寸前の合図だと把握しておくことで、夫婦喧嘩を悪化させずにすむのだと認識しておきましょう。

夫と喧嘩し無視されてる時には、怒りが収まるまで時間をおこう

夫婦喧嘩したあとも私は悪くないし!と思ってる妻は多いはず。私の気持ちを聞いてほしいと妻の方が感情がヒートアップしていること、ありますよね・・・。

そんな時に早く問題を解決したい事ばかりを考えて夫に、私の話をちゃんと聞いて!としつこく話しかけていませんか?実はこのヒートアップしている気持ちの時に、無視されている夫に話しかけるのはNGなんです。

まずは妻自身の気持ちが落ち着くまで、待ちましょう。そしてお互いの冷却期間を置く事で冷静に話せるようになるのです。

クールダウンして夫が仲直りするために少しでも冷静になろうと努力しているところで、妻がヒートアップした状態では問題を解決するどころかさらに悪化してしまい、仲直りする気力も失ってしまうのです。

しかし冷却期間が長すぎてしまうとお互いに疲れも出て、意地を張り素直になることもできなくなってしまうこともあります。心が離れ最悪の事態になることも考えられるので、喧嘩後2~3日はお互いの怒りが収まるまで時間をおいてみることが必要です。

夫と喧嘩し無視されてる時にはメールで気持ちを伝え仲直りしよう

夫との喧嘩後仲直りしたいけど、無視されていて話し合いができないことありますよね。直接謝りたいのに、夫はそんな気がなさそう・・・。

そんな時にはメールで謝ったあとに「仲直りしよう」と伝えてみましょう。その時気を付けなければならないのは、仲直りのメールを送る時に言い訳する事。言い訳は相手の怒りをかうことがあるのでNGです。

すぐに返事が来ない場合がありますが、大抵男性は仕事中などだと一度にいろんな事を考えることができないので、ここはグッと我慢して返事を待ちましょう。何度もしつこくメールを送るのは辞めましょう。

また、相手を責めるような内容の文章は絶対に避けましょう。仲直りしたくてメールを送ってきたんじゃないの?と思われますので、素直に「仲直りしよう」と気持ちを伝えることが仲直りをするポイントです。

夫婦喧嘩が悪化しお互い無視していても、話し合いは必要?

結婚生活も10年、20年も過ぎれば喧嘩になると同じ空間にいても話をせずにお互い無視状態でも気にせずに生活を送る人もいますよね。その理由には、いろんな思いがあるようです。

Aさんは喧嘩の理由に借金、浮気、がありそのたびに夫は「俺が悪かった。俺が悪ければいいんだろ。謝ってるから許してほしい」それだけで理由は言わない。

不安はいつもつきものでこの10年間、何の解決にも至らなかったそうです。

こんなしょうもない夫なので一緒にいるうちは話し合いもムリだと感じ、ある時夫の荷物をまとめ、実家に帰れと家から追い出したそうです。離れることにより気持ちもまとまりお互い冷静になり話し合をしようと、気持ちも切り替わったそうです。

一度離れてお互いの将来について冷静に考え見つめなおすことができなければ、一緒にいる意味さえわからなくなってしまいます。

喧嘩した時は、先に謝るのがムカつく!でも先に謝る方が利口!

夫と喧嘩した時に自分が悪くないのに、先に謝るなんて絶対に嫌だし負けを認めたことになるから、絶対に嫌だ!と言うひともいますが、そもそも夫婦喧嘩に勝ち負けなんてあるのでしょうか?

もし先に夫が謝ってきた時には、自分も相手を不愉快にさせたことに対しては謝りましょう。悪い方が謝るべきだし、自分は何も悪いことをしてないのに!?と感じるかもしれません。

喧嘩の理由にもよりますがもし許せる範囲であれば、自分の中のルールを変え不愉快にさせたことに対して謝る方が、人としても成長でき何よりも今後の喧嘩を回避できることもあります。

また先に謝る方が勝ちではなく、利口と言えます。もし先に謝ったのに夫が横柄な態度の時は、私の方が一枚も二枚も上手なんだからと見下してやりましょう!と言うのは冗談ですが、結婚生活は忍耐と我慢です。

我が家の夫婦喧嘩は長くて1日です。どんなに大きな喧嘩しても同じ部屋で寝る。翌日は朝に謝ると言うのがなんとなくルールになっており、結婚生活も早25年。

男性は年をとると絶対とは言えませんが、夫の方から先に謝ってくるようになると耳にします。まさに我が家の旦那もそうなってきました(笑)

 - 人間関係・恋愛