記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

排水溝掃除は毎日がおすすめ!簡単掃除でキレイを保とう

2017.8.30

排水溝って掃除をしてみると、想像以上に汚れていて手間も時間もかかったという苦い経験をした人も多いでしょう。

そんな風にならない為には、毎日の掃除が欠かせません!

ここでは排水溝を掃除をする際に知っておきたい情報をまとめてみました。

こんな記事もよく読まれています

お風呂の排水溝掃除は毎日やってキレイを保とう!

お風呂の排水溝掃除をしてみると、想像以上に汚れが溜まっていてキレイにするのが大変だったという経験はありませんか?

その為、お風呂の排水溝掃除は意を決しないとなかなかやる気になれないという方も多いようです。そんなことにならないためには、毎日掃除をすることをおすすめします!その方が大変!と思うかもしれませんが、毎日ピカピカにする必要はありません。

お風呂を上がる際に毎日髪の毛を取って、歯ブラシなどで軽く磨くだけでも、その後の汚れ具合が全然違うんですよ。パーツを取り外して掃除するのは、週1回程度で大丈夫です。

汚れていると掃除に時間もかかってしまうため億劫になりますが、毎日掃除をしていればそのような心配もありません。お風呂上がりに軽く掃除をする習慣をつければ、いつでもキレイを保てます!

後々面倒くさいことにならないためにも、毎日ほんの少しだけ頑張ってみてください。

毎日の掃除でピカピカ!シンクの排水溝のぬめりには、重曹が大活躍

毎日掃除をすれば良いものの、ついつい後回しになってしまう排水溝の掃除。ついこの間掃除をしたばかりと思っていても、数日後にはヌルヌルになっていて嫌な思いをした方も多くいるはずです。

そんなヌメリをとりたい場合には、重曹が大活躍してくれます。方法は簡単。排水溝に大さじ3くらいの重曹をかけて、そこに更に重曹の半分の量くらいのお酢をかけます。約5分間放置をして、最後はお湯をかけるだけでヌメリが無くなるのです。

また、重曹は排水溝以外にも様々な場所で活躍してくれます。ヌメリだけでなく、水垢や油汚れまでも落としてくれるのです。

重曹でお掃除をする際は一緒に、使い終わった歯ブラシや、霧吹き、クエン酸などを使うと良いでしょう。これらをキッチン周りにひとまとめにして置いておけば、いつでも気軽に掃除をすることが出来ますよ!

毎日の排水溝掃除は、やる時間を決めて習慣づけることが大切

毎日やりたい排水溝掃除ですが、習慣づけをするためには時間を決めることが大切になります。「夕食の食器洗いの後」など時間を決めておくことで、掃除し忘れることもなくなります。そして毎日の習慣にすることで、面倒くさいという気持ちも少なくなることが出来るのです。

やはりおすすめの時間は、夜です。全ての食器を洗い終わったら、その流れで排水溝の掃除をするようにしましょう。毎日掃除をしていれば1日でひどい汚れになることはありませんので、ほんの2.3分で排水溝掃除を終わらせることが出来ます。

確かに食器洗いもやるまでが面倒ですが、やり始めてしまえば10~15分程度で終わりますよね。そこにほんの2.3分追加するだけです。

掃除をする際は、市販の「お酢のスプレー」なんかも汚れやヌメリを軽減してくれる効果があります。そして掃除した後には熱湯をかけることで、消毒することも出来るのです。ただ、熱湯をかけるとお湯が冷めていく途中で雑菌が増えてきてしまいます。その為、最後は水で冷やしてあげると更に効果に期待が持てます。

毎日掃除をしないと、排水溝は何故こんなに汚れるの?

掃除をしないと汚れるという原理はわかりますが、それにしても排水溝ってすぐに汚れるし、汚れ方もヒドイ気がしませんか?

ここで覚えておいていただきたいのは、もし排水溝に流れる水がきれいな水なのであれば、こんなにも汚れることは無いということ。排水溝が汚れるということは、それだけ汚い水を流しているからなんです。

例えばお風呂場で流す水について考えてみましょう。

お風呂場ではシャンプーやリンスの他、皮脂やふけ、抜け毛などが一緒に流れて行きます。布おむつや靴を洗う場合などは、砂や泥、排泄物までも流すことになるのです。

この雑菌の種類や量が多ければ多いほど排水溝は汚れます。そしてその雑菌は、お風呂場の温度や湿度が高ければ高いほど更に繁殖してしまうのです。

[排水溝にひそんでいる主な汚れ]

  • オレンジやピンク色をしたヌルヌル汚れ→酵母
  • 白いガサガサした汚れ→石鹸カス
  • 黒いべっとり汚れ→クロカビなど
  • 抜け毛、綿ぼこり など

キッチン周りはこまめに手入れをしよう!

風水でも、水回りをキレイにすると良いって言われていたりしますよね!そして中には、キレイを保たないと気が済まないという人もいるようです。

彼女たちはキッチン周りのスポンジやブラシなどを沢山持っていて、用途によって使い分けているんだとか。毎日こまめに掃除を続けていると、何年経ってもキレイなままを保つことが出来るのです。そのため、お客さんが来た時にはあまりのキレイさに、驚かれることもあるみたいですよ。

そしてあなたのご家庭では、夕飯の食器洗いを奥様とご主人様のどちらが担当されていらっしゃいますか?最近では、優しいご主人が食器洗いをやってくれるというご家庭も増えているようです。

しかし、仕事で疲れて帰ってきたご主人に、シンクや排水溝掃除までお願いするのはなかなか気が引けますよね。もしシンクや排水溝をキレイに保ち無いのであれば、そこは奥様が担当してみてはいかがでしょうか?

 - 暮らし・生活