記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

つわりで辛い…。夫が家事に協力してくれない時の対処法

2017.8.29

お腹の中に赤ちゃんがいると「つわり」という症状が起きることがあります。

つわりには個人差がありますが、つわりを我慢しながら家事をこなすのはとても大変な事です。

つわりで苦しい時は夫に助けを求めたくなりますよね!でも家事に協力してくれない…。そんなときの対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

つわりで辛いけど夫に家事を頼めない・・・。辛さを理解してほしい

男の人は「つわり」の辛さを理解できないかもしれません。でも、つらい状況を理解してもらいたいというママたちはたくさんいます。

「つわりの辛さが理解できないからしない」のではなく「理解する努力」をしてあげてください。つわりには個人差があり、症状も人それぞれです。

食べ物を受けつけずに吐いてばかりいることもあれば、特定の匂いを嗅ぐと吐き気がしたり、動きたくても動けない状態のことだってあります。こんな状態の時に「家事くらいちゃんとして!」などという冷たい言葉はかけないでください。

家族のみんながお腹を空かせていることも、快適に過ごせるように掃除をしなくてはならないことも、ママたちが一番わかっています。でも、体が辛いんです。

「無理しないで、休んでていいよ」こう言ってもらえるだけで、つわりに苦しむママの気持ちは楽になります。「つわりは病気じゃない」と言いますが体はとてもしんどいのです。責めないで、優しい言葉をかけてあげてください。

つわりって何?夫にも理解してほしい家事が出来ないママの本音

つわりが起きてしまう原因は未だ解明されていません。妊娠したことによりホルモンのバランスが変わってしまったからという説や、妊娠自体が原因という説があります。

妊婦さんのほとんどが、妊娠4週目からつわりを感じるようになります。妊娠3か月頃になるとつわりのピークを迎え、妊娠中期に入るとだんだん落ち着いてきます。ですが個人差があるため、人によっては全くつわりを感じなかったり、出産直前までつわりに苦しむ人もいます。

つわりの症状がひどくて水分をとることも出来ず、通院して点滴をしたり、ひどい時には入院する人もいます。

このような辛い症状が起きている時は、家事をやらなきゃ!と思っていても出来ないことの方が多いのです。つわりがどんなものかわからなくても、ママの辛さを理解してあげてください。

妻のつわりがひどい!家事はどうしたらよいか悩む夫

私の妻は現在二人目を妊娠中で、ひどいつわりと戦っています。つわりのせいで何もすることが出来ないようで、家の中はかなり悲惨な状態になっています。

足の踏み場もなくなって洗濯物が山積みになってきたところで、僕が何とかしなければと思い積極的に家事をするようにしました。

ですが今悩んでいるのは、この妻の「つわりだから仕方ない」が限度を超えているような気がするのです。はっきり言うと、女を捨てているのではないかと思うのです。

一度は恋に落ちた二人なのに、もう少し身なりに気を使えないものかと。

一人目の妊娠中は結婚してまだ間もないころだったせいか、今よりはもう少し綺麗にしていたのです。ところが今の妻は、僕が何かを言うと基本逆切れ。僕はつわりを経験したこともないし、辛さだってわからないと思います。でも、「妻だけが大変」というように思わないで欲しいのです。

僕は妻のように家事は出来ないけど、今の状況をどうにか協力しあって乗り越えていかなければと思っています。

辛いつわりの症状・・・。夫にも分かって欲しい

赤ちゃんが出来たとわかった時、夫婦そろって喜んだのではないでしょうか?でも、その喜びもつかの間。ママになった女性の体には「つわり」という変化がやってきます。

つわりの辛さは人それぞれだと思いますが、何かしらの症状は大半の人に表れます。つわりがひどくて家事を出来ないという人もいます。でも、家事をしないと旦那様や家族が困ってしまいます。わかっているけど出来ない・・・。それがつわりです。

旦那様に「つわりが辛いから何も出来ない」というと、甘えだと思われてしまうかもしれません。でも本当に体が辛い時は何も出来ないですよね。しかもそれがずっとだと、動く気力もなくなってきます。

何も出来ない事を旦那様に理解をしてもらいたい時、看護師さんにお願いしてつわりの辛さをお話ししてもらうのも良いですよ。

さすがの旦那様も病院関係者の人がいう事には耳を傾けるでしょうから。赤ちゃんに会えることを楽しみにしながら、つらいつわりを乗り越えてくださいね!

つわりが辛い時に夫が出来るのは家事だけじゃない

妊娠初期の頃の女性はとてもデリケートです。つわりという辛い症状のほかに、気持ちの面でもナイーブになっています。些細な事でも気持ちの浮き沈みが激しくなり、怒りっぽい、涙もろいなどの変化が出てきます。

こんな状態の時、奥様は旦那様に辛く当たってしまうかもしれません。旦那様にしてみれば腹の立つ話しかもしれませんが、どうか怒らないであげてください。

どうしても腹が立った時は、奥様のお腹の中にいる自分たちの赤ちゃんのことを考えるようにしましょう。奥様の態度に腹が立っていても、これから生まれてくる我が子のために二人で乗り越えていきましょう。

「産まれてくる子供のことを考える」

そうやって、これから生まれてくる可愛い我が子のためにも、一緒につらい時期を乗り越えていってくださいね!

 - 人間関係・恋愛