記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

自分の性格が嫌でイヤでたまらない。自分は自分でいいじゃない

2017.9.22

自分の性格が嫌になる時ありますよね?
なんであんなこと言っちゃったんだろうとか、どうして○○さんみたいに振る舞えないんだろうとか。

そもそも、自分で自分のことちゃんと知っていますか?
いつでもどこでも、ワンパターンではないはず。
性格を変えることはできません。
ですが、環境を変えたり、外見を変えたり、行動や考え方を変えることはできます。

自分に自信を持って!
自分が思うよりも周りはあなたのことを認めていますよ。

こんな記事もよく読まれています

自分の性格が嫌になってしまった時には

自分で自分のことをイヤになって落ち込む時、ありますよね。
そんな時は「変わりたい」と願ってしまいがちですが、変わったところでまたその変わった自分に自己嫌悪を抱いてしまうのではないのでしょうか?

そもそも、性格とはどんなことを意味するのでしょうか?
・恥ずかしがり屋
・ひょうきん
・マジメ
・嘘つき
・明るい
・根暗
・おおざっぱ
・控えめ
などなど、色々言われますよね?

ひょうきんで明るいけど、ひとりでいる時は根暗とか、控えめでまじめに見えるけど実は嘘つきだとか、一言でその人の性格を語ることはできないでしょう。

性格とは「気質」であり、持って生まれたものです。
その「気質」に育った環境や、両親からの影響、生活環境や、役割としての立ち位置などによりその人の性格であり、人格が作り上げられます。

おっとりした気質の人が途中からせっかちさんに変わることもありませんし、恥ずかしがり屋さんはいつまでたっても恥ずかしがり屋さんです。

その上で、「おっとりして優雅だけれど、作業は早い」ですとか「恥ずかしがり屋だけど、スピーチは上手」という個性が生まれてきます。

性格は変えることはできません。
ですから、自分を知って、自分の性格を「生かす」努力をしましょう。

自分の性格が嫌でイヤでたまらない!でも変えることはできないよね

性格を変えても仕方ありません。性格は変えられません。変えられるのは、考え方ととらえ方です。

常に誰かの幸せを妬んでしまうような、嫉妬深い自分の性格が嫌なら、誰かに幸せが訪れたと聞いた時に、嫉妬心を抱かずに素直に「おめでとう」と喜べる自分にならなければいけません。

人生、喜ばしい出来事なんて、そうあるわけではありません。
誰かに訪れた幸せを、自分のことのように喜べないと自分にも、幸せな出来事はやってきてはくれませんよ。

他の誰かに変わることはできません。常に誰かにどう思われるかを、考えて行動してしまってはいませんか?

誰にどう思われようと自分は自分。
嫌われないように振る舞っていては、いつまでたっても自分で自分のことを、好きになることはできません。

コンプレックスがあるから自分の性格が嫌なの?

自分にコンプレックスがあるから、自分で自分のことを好きになれないのですか?
どんな自分が嫌いですか?あなたは自分で自分のことをどの位知っていますか?

自分の性格が嫌になってしまうのはどうしてでしょう。自分のイヤなところを紙に書き出してみましょう。

そのイヤな部分を正すのではなく、認めて受け入れるのです。どんな自分も自分です。

正直で正しく、素直なままでいたくない時もあるでしょう。
ちょっと誰かに、意地悪してしまいたい気持ちのこともあるでしょう。

人間ですから、普通のことですよ。

意図的に誰かを陥れるように画策するようなことはいけませんが、いい人でいることに疲れる時もあるでしょう。

そんな時は「疲れているんだな」と思って、休むようにしましょう。

自分のことを妬んだり、他人に何かをしてあげたくない時は心が疲れているだけです。
あなたの性格が悪いわけではありません。

自分の短所は相手にとっては長所かも!

おしゃべりが下手で、会話が上手にできない自分のことが、嫌だと思っていても、相手は「物静かで一緒に居ると落ち着く」と感じているかもしれませんよ。

自分がイヤだと思っている性格的なことを、他人もネガティブにとらえているとは、限りません。

元気の押し売りでは、ありませんが、明るいことが目障りになることもあります。

自分が他人から認められるように振る舞ったとしても、相手がそう受け取るとは限りません。

おしゃべりが下手なら、聞き上手になればいいのです。
誰かに好かれるのは心地の良い事ですが、好かれるための行動をとってはいけません。

変わりたい自分。あなたには色々な面がある

自分の性格が嫌というよりは「変わりたい」と、思っているのではありませんか?

もっと、別の自分に!今の自分に満足はしているけど、最後のピースが埋まらない!

そんな気分の時には「髪型を変えてみる」!

人間、不思議なもので、外見を変えると違う自分になったような気がするものです。
根本的な解決にはなっていませんが、性格は変えられるものではありません。

性格を変えられないのなら気分を変えてみませんか?

「制服効果」です。

囚人と看守の制服を交換して一週間過ごす研究の話を知っていますか?

制服の効果は時として、人格まで変えてしまうようです。

ですから、清楚でおとなしい雰囲気に憧れているなら、白いブラウスが似合うスタイルを演出してみるのです。

地味なことに嫌気がさしているのなら、真っ赤なセーターを着てみては?

他の誰かに変わることもできないし、持って生まれた性格を変えることもできません。
ですが、演出することはできるでしょう。
そうしていくうちに、なりたい自分に近づいてくるのでは?

 - 人間関係・恋愛