記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

子供2人目は欲しくない?2人目が欲しくない理由はコレ!

2017.8.28

子供はとても可愛いけど、2人目は欲しくないと思っている人が増えています。

2人目が欲しいけど産めないと思う理由は人それぞれあります。

欲しいけど2人目をためらってしまい産めないと思っている理由について調べてまとめてみました。

こんな記事もよく読まれています

子供2人目が欲しくないと思う理由はどんなことがあるの?

私は独身の時から子供が苦手だったので、自分の子供は1人しか産みませんでした。2人3人を育てる事は考えられませんでした。

一人娘の場合大きくなると「同士」になります。子供を早く産んだので40代半ばで自分の生活を楽しんでいます。同じ年の友達の中にはまだ子供が小学生とかいます。

今は子育ても完全に終わったので第2の青春を楽しんでいます。収入は少ないけど一応仕事もしているので満足しています。私的には子育てと自分の人生については満足しています。

収入が少ない場合子供の人数が多いといろいろ大変だと思います。子供が双子、三つ子なら一度にかなりの金額がかかります。でもわが子のためなら頑張れると思います。

ひとりっ子だと結婚が難しいや親の老後、介護の世話があるので難しいと言われています。しかし兄弟がいても揉める時は揉めます。ずっと仲良くいて欲しいとどの親も思いますがそんな保障はあるとは言えません。

なのでひとりっ子だからや兄弟がいるので安心とかそんなことはその時にならないとわからないのです。

子供2人目欲しくないと思う理由は経済的の他にも理由がある

経済的理由で2人目が産めない?

「2人目」をためらってしまう理由として専業ママ、仕事をしているママ問わずに2人目が産めない理由のトップは「経済的に不安だから」でした。

実際、子供を育てるためにかかるお金は結構な金額になります。私立中学に通わせようと思ったら年間100万以上はかかるのが一般的。

我が家の子供たちは地元の保育園→公立小学校→公立中学校に行かせています。それでも学校にかかる費用として、毎月の給食費、教材費、体操着や制服代などがかかり、塾や習い事などにもお金がかかります。

1人でも大変なのに2人以上いたらその倍、3倍になってしまいます。このご時世夫の給料は上がることはあまり期待できません。ママが再就職をしても預かってくれる保育園が見つからなかったり、年齢の壁があったりして思うようにいかない事も。2人目を産むことに不安があるのは当然です。

また、「夫の仕事の帰りが遅く子育てを手伝ってもらえない」「実家が遠いので助けてくれるひとがいない」などがあり2人の育児を全部ママがやらないといけなくなるので頼れる人がいない事も2人目を産むことに踏み切れない理由になっています。

子供2人目が欲しくないのは、全部母親任せになるから

「子どもは親の鏡」と言われています。子供の育て方は親によって違って来ます。だから全部母親の責任にされるので子供は欲しくないという人もいます。

「2人目、3人目を産めない」理由として教育費の問題の他に「無料労働の母親の存在」があります。子供会、PTAの役員を当たり前のように働かされることはとても不愉快で負担もあります。仕事をしていると役員になることはとても難しく困難なことです。しかし「仕事をしているからPTAに参加しないのは不公平」と仕事をしている人は役員をしなくてもいいという話は聞きません。

「働いている女性を応援しよう」と言うこと聞いたことはありません。私が子供を産むのが嫌な理由である「無料奉仕をしている」ことが一番になります。

共働きの家庭2人目はどうする?2人目で得られるメリットとは

仕事をしていても、していなくても子育ての経験のある人なら「育児は楽しい」と思う瞬間はありますよね。楽しい子育てでも仕事をしている女性にとって出産、育児は社会で肩身が狭いです。共働き家庭の9割で「2人目は欲しいと思っているけど無理かもしれない」と言う不安を持っています。

仕事や年齢、経済面など不安に思う理由は色々ありますが、仕事をしているので2人目は諦めてしまうことは勿体ないです。職場や家庭、両方の環境が整えば仕事をしているママでも2人目、3人目を持つことが出来ます。

「仕事が好き」「子供が好き」と思うならどちらも諦めないで下さい。好きな仕事をしながら育児をしましょう。共働きだからこそ2人目を持つことにメリットもあります。

仕事をしていて子育てしていると「小さな子供がいる女性は職場に迷惑をかける」「仕事ばかりしていて子供が可愛そう」と言われることもあります。

自信をもって「仕事もしたいし、子供も欲しい」と言いましょう。共働きで忙しいから2人目は無理なんて言わずに、忙しいからこそ2人目の子供を持つことで得られるメリットも大きいです。

一人っ子の場合メリット・デメリットはこのようなことがある

2人目を作らないメリットは?

ゆっくり向き合える事。そのために煮詰まってしまう人もいますが、私も娘もじっくり向き合って自分のペースを大事にするタイプだったので良かったと思います。小さな子供がかかりやすい病気は兄妹感染で長引いたりすると聞きますが、そのようなことがないので良かったです。

大きなメリットは経済的なメリットをあげられる人が多いですが、娘の受験時期の私立小学校の説明会の時は確かに生徒の6割がひとりっ子と言っていました。

一人っ子のデメリットは?

経済的メリットのある一人っ子だけど、逆に一人っ子なのでいくつも習い事をさせたりして子供への投資が偏ります。いくつもの教育は弊害は家計の負担だけでなく子供へのプレッシャーにもなります。

教育は余裕をもって、せっかく子供と向き合える一人っ子ですので子供の成長に合わせた習い事を選択して下さい。一番のデメリットは兄妹がいた方が心強いこともあるし、育っていく中で得るものは多くあると思います。

 - 子育て・学校