記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

恋愛下手必見!職場の異性からの好意を勘違いしない為のポイント

2017.8.27

職場での異性からの好意を勘違いしてしまうと、後々仕事がやりずらくなる事も・・・。

上司の態度や異性からの優しさにも注意が必要です。 もちろん社交辞令にも。

自分が勘違いをしやすいタイプかどうか、客観的に判断をしてみて下さいね!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

職場の上司の好意、こんな時も勘違いはNG

こんな上司の好意を勘違いしてはダメ

  • ご飯に誘われた
  • 仕事のミスをかばってくれた

職場の上司にご飯に誘われた

みんなで仕事帰りにご飯を食べに行く。もちろん誘われても勘違いしたりしませんよね。でも二人っきりだったら・・・。勘違いしちゃいますよね~。

男性同士では、部下の悩みを聞いたりグチを聞いたり、大勢の前では話しずらい事や普段いえない事を話すいい機会。上司の部下の管理能力にも関係してきます。仕事熱心な上司ならその可能性は大です。

とくにあなたが仕事で失敗をしたり、元気がないような時には相談に乗ろうという上司の気持ちかもしれません。勘違いしないように気をつけましょう。

職場の上司が仕事のミスをかばってくれた

自分のミスも部下に擦り付けるような上司が多くいる中、部下の仕事のミスをかばってくれるような上司にキュンとしちゃいます。

でも勘違いしちゃダメ。仕事の出来る男ほど、ミスを人のせいにしないものです。普段からの上司の仕事態度を見ていたら、自分が特別扱いじゃない事はわかるはずです。ご注意を!

職場で好意がある?ない?勘違いしない為の見分け方とは

職場で面倒見がいい上司や先輩に、好意を持たれているのでは?と勘違いしない為にはどうしたらいいのか?

まず勘違いしやすいのは、じっと見つめられるような行為。いつも目線が合うという事は向こうが見つめているからじゃない?と思ってしまいますよね。間違いではありません。きっと何らかの理由であなたを見る機会が多いのかもしれません。若くてキレイであればもちろん。思わず目線が行ってしまう事もあります。

また私服で仕事をしている場合はセンスがいいんだなぁ~と見ていたりも。行為的に見ている事があったとしても、「好き」という感情があるかどうかは別です。

本当に大好きな相手をジッと見つめられますか?目が合ったらとっても恥ずかしいですよね。そう本当に「好き」という感情を持っている場合は意外と見つめられない物なのです。だからよく目が合っても、ただの行為なのかを見極める事が大切です。

職場で好意を勘違いする状況と原因について

いつも近くにいる男性や仕事で同じプロジェクトを任されている場合は、時には達成感を一緒に味わったりする事で高揚感を恋愛感情と一緒にしてしまう事もあります。また上記したように目が合うという行為も勘違いをしてしまう大きな原因となります。

男性と女性とでは見る意識が違うという事も重要です。男性はもともと狩りや敵から家族を守る事が仕事です。その為見るという行為が発達しています。注意深く周りを見る事で獲物を獲得したり、敵を瞬時に見つける事が出来ます。

そして女性は男性に選ばれるように身なりをキレイにしたり化粧をしたりします。男性は見る行為を日常的に行っていて、女性は見られたいと無意識に今でも思っている。

この二つの事が勘違いを招いてしまう原因となるのです。

職場での女性の社交辞令には、勘違いしないよう注意が必要!

女性が勘違いしてしまう場合を話してきましたが、逆に男性が勘違いしてしまう場合もあります。そんな場合の多くは女性の社交辞令が原因です。

一緒にご飯に行きたいですね~。などは女性はコミュニケーションの一つとして、日常的に使っています。会話を締めくくる時に使う場合も多く存在します。コレを好意がある。と勘違いしてしまってはいけません。

本気で結婚を考えるような年齢になると、なかなか出会いが無くなりますよね。しかし職場での社交辞令を真に受けて、ロックオンしてしまうと後々仕事がやりずらくなる場合もあります。

女性の社交辞令を見分ける力を身に付けて下さい。見分ける方法としては一度誘って断られたら、社交辞令の可能性はかなり大きいです。再度誘うのはよした方がいいでしょう。女性に本当に好意がある場合は、逆に予定を聞いてくるはずです。

断りっぱなしの場合は諦めた方がぶなんといえるでしょう。

職場の異性からの好意を勘違いしてしまうのは恋愛慣れの問題?

勘違いをしてしまうのは男性女性関わらず恋愛慣れをしていないから?勘違いする可能性が高いかどうかは普段の行動などをチェックする事で簡単にわかります。

恋愛の駆け引きが苦手、踏み込んだ会話はほとんどしない、付き合った人が極端に少ない、人と違うと言われることが多い、好意を持っている異性が周りにいると感じている、人目を気にしすぎる、好きな異性との会話が苦手、見た目は平均以上と自負している。

これらに半分以上当てはまる場合は、ちょっとした好意を勘違いしてしまう可能性大です。

今までも勘違いをしてしまった経験があるのではないでしょうか?

よく目が合う、話しかけてくることが多い、気が付くと近くにいる、仕事を手伝ってくれることがある。など好意と感じている事はただの勘違いだったり、誰にでもしている事だったりします。

勘違いを先に進ませずに、確証が持てるような事があるまではじっと我慢が必要です。アナタが勝手に好きになる分には構いませんが、相手も同じ気持ちだと思う事はNGですよ。同じ仕事場での勘違いはその後も引きずってしまう可能性があります。慎重になりましょう。

 - マナー