記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

小学校に入ってからのママ友とランチは、たまにするのが◎

2017.8.27

小学校のママ友とのランチは、どのくらいの頻度でしていますか?

誘われたら嬉しく感じる?それとも苦痛?苦手なママ友から誘われた時の断り方はどう対処すべき?

そんなママ友とのランチ事情をまとめてみました。

こんな記事もよく読まれています

子供が小学校に入学するとママ友のランチは減る?

子供が小学校に入学し、ママの一人の時間が増えることで仲良くしているママ友とランチがゆっくりできる!と楽しみにしてる人も中にはいますよね。または、解放された!仕事を始めたいと考える人もいてさまざまです。

子どもの入学を機にパートや独身時代に働いていた仕事復帰をする人などもおり、濃厚な付き合いは減っていくでしょう。ランチが減ることをそれを残念に思う人・嬉しいと感じる人・・・。

私にはママ友がたくさんいますが子育てが終わった今、ランチや買い物や飲み会やコンサートや旅行などをママ友と過ごすことが日常になっています。

子育てしている時には時間も金銭的にも余裕がないことで、ママ友のランチはその当時減りましたが友情が続いていく限りは、子育てが終わったあとゆっくりすることもできますよ♪

小学校のママ友とのランチ、どれくらいの頻度でしてる?

子供が小学生になると、独身時代の友人や親しくなった子供のママ友とのランチに行くこともできママ自身もちょっとした楽しみが増えますよね。

ではママ友とのランチは、どのくらいの頻度でしてるのでしょうか?

私の知り合いのAさんはお子さんが小学校のスポーツ少年団に所属しており、そのママ友と参観日前に待ち合わせをして、ランチをして参観日前の時間を楽しんでいたこともあったそうです。

普段はお互いに仕事をしていてなかなか会うこともできないけど、参観日などの子供の行事にはお互いに休みをとることができる仕事の共通点などもあり、2~3ヶ月に1回の頻度でランチをしていたとのことでした。

子供同士が仲良くしているママにランチに誘われて行ったけど、幼稚園が違うこともあり話が嚙み合わず正直疲れたと言うママも中にはいました。無理に行くランチは極力避ける方が無難かもしれません。

苦手な小学校のママ友から、ランチに誘われた時の断り方

苦手なママ友とのランチほど、行きたくないものはありませんよね。しかし子供のこともあり、なかなか断ることができずに悩むママ友もいるのではないでしょうか?そんな時には、どんな言葉を言えば角が立たずに上手く断ることができるのでしょうか?

断るのに1番いい理由は、実家や親戚の家に行くなど相手が興味のない内容にしておくことです。ちょっと用事があるからと簡潔に断る場合でも、咄嗟の時にもこの方法を覚えておくと安心です。

もし、今後も誘われたくない時には、『また今度誘ってね』などの社交辞令は辞めて『誘ってくれたのにごめんね』の一言だけにしておきましょう。

気が向かない相手でも露骨に断ると、後々トラブルにもなりかねないくらいママ友の付き合いは子供が絡んでいる付き合いだけに面倒なこともあります。頻繁に誘われる時にはお財布事情を理由に、徐々にランチに行く回数を減らしていく方向に持っていきましょう。

小学校でのママ友の付き合いは必要?支障はある?

子供が幼稚園や小学校に入学すると、たくさんの友達が増えることは親としてとても嬉しいことですよね。ですがママにとって友達は必要でしょうか?

これは私の体験談ですが、子供に友達ができると話題の中で、「今日○○ちゃんがね~」なんていう話を耳にします。そうすると必然的にその子のお母さんが誰なのかを探します。

きっと相手の子のお母さんも、同じことを考えていることが多いです。なので、自然に挨拶を交わすようになりママ同士も気が合い仲良くなると言う感じになります。そうした付き合いから、子供が成人した今でもママ友の付き合いは続いています。

私の場合は幼稚園と小学校などで役員をしていたこともあり、学年を超えた顔見知りのママはとても多く今もその付き合いはまだあります。そのママ友の中には学校の先生だった人や看護師やスポーツ実業団やいろいろな職業に就いている人もおり、子供がいたおかげでいろんな面からたくさんアドバイスをもらえ、助けてもらったりといい経験をさせてもらうことができました。

なので、ママの性格にもよりますがママ友がいなくても知り合いのママが数人いると子供の交友関係や学校や学級の様子も知ることができ、安心もできますよ。

私立小学校はママ友同士の付き合いが大変!その覚悟とは?

子供を私立小学校に入れたいと教育熱心なママもいることと思います。入学するのに難関を突破するは大変ですが、合格できたら喜びもひとしおですよね。しかし、ママ友同士の付き合いはそれなりの覚悟がないといけないようです。

その理由にはどんなものがあるのでしょうか?

私立小学校は、ある程度裕福な方が多く両親の職業が医者や弁護士など高学歴の持ち主が多いこともありママ友同士ランチなどに行く時には、ケチると浮いてしまうこともあるのだとか・・・。

また、私立小学校を卒業していないママが目立つ行動をとると角が立ち陰で悪口を言われるなんてこともあるようです。

そういったところばかりではないと思いますが、私立小学校にお子さんを行かせることを考えるのであれば、入学前からある程度、ママ同士の付き合いも覚悟をして入らなければならいことをあらかじめ認識しておくことが必要です。

 - 子育て・学校