記憶に知識をクリップ

記憶に知識をクリップ│ログクリップ

派遣の面接で不採用に?不採用にならないためのポイント

2017.8.26

派遣の場合、顔合わせという面接のようなものがあります。

派遣は面接に進めば採用されたも同然という噂もありますが、それは噂にしかすぎません!派遣の面接で不採用になるケースはあります。

派遣の面接で不採用になる人の特徴や不採用にならないためのポイントをまとめてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

派遣の面接で不採用に!派遣にはどんな基準はあるの?

派遣の場合、緊急の募集とそうではない募集がありますが、緊急案件ではない場合は、企業の責任者と顔合わせをするのが一般的です。

顔合わせとは、一般的な面接とは少し違います。(紹介予定派遣を除く)顔合わせをする=合格したも同然と思っている人もいますが、それは間違いです。

企業が派遣会社から人材を採用する時は、企業にも派遣会社にも法的にいくつかの決まりがあります。企業は労働者を差別してはいけないという法律があります。そのため、派遣でも年齢や性別、障害の有無を理由に断る事は出来ません。

とはいえ、企業から派遣会社に希望する人材や必要なスキルは伝えられます。その希望をもとに、派遣会社は登録スタッフの中から人材を選び、派遣先へ打診します。

顔合わせの前に企業が求めるのはどんな人物なのか、なぜ登録スタッフの中から自分が選ばれたのかを派遣会社に聞いておけば、顔合わせ後不採用になる確率を下げる事が出来るでしょう。

しかし、派遣会社が利益を追求するあまり、マッチング業務を疎かにしている場合もあります。その場合に不採用になるのは派遣会社に原因があるでしょう。

派遣の面接でも準備不足だと不採用になる可能性が!

派遣の場合、一般採用のような面接は行われませんので、顔合わせまで行けば採用されると思っている人もいるようですが、実際は顔合わせを通過できる確率は30%ほどだと言われています。

顔合わせ出来れば採用されたも同然という噂からすると、30%は意外と低い勝率だと思いませんか?そこで、顔合わせで失敗しないために出来る事をご紹介します。

派遣の場合、自分が興味のある会社を面接する事は少なく、派遣会社から「こんな仕事があるけどどうですか?」と打診を受けて「仕事内容や時給」などで、打診を受けるか受けないかを決める人が多いと思います。

そのため、顔合わせまで会社の事について何も調べていない人が良くいます。そして、そういう人が不採用になるケースは多いです。派遣であっても、これから働く可能性のある会社について多少質問が出来る程度には調べるようにしましょう。

なお、顔合わせには、派遣会社の営業担当者も同席するのが一般的です。派遣会社によっては営業担当が常にリードする方針の会社もありますが、そうじゃない会社の場合はすべて担当者に頼りっきりでは失敗する可能性もあります。一般の面接のように自分の言葉で話せるように準備しておいて損はありません。

派遣の面接で不採用になってしまう原因とは?

派遣会社から仕事を紹介されて、顔合わせに言ったら不採用…。派遣は普通の面接とは違うのに、なんで不採用!?と虚しさや苛立ちなど複雑な気分になるでしょう。

派遣社員を採用する場合、企業が派遣社員を面接し採用するか不採用にするかを決める事を法律で禁じられています。そのため、派遣では面接は行われませんが、派遣スタッフと企業の顔合わせは存在します。

企業はいくつかの派遣会社に派遣の打診をし、各派遣会社がスタッフを紹介して、その中から決める場合もあります。そうなると、派遣の顔合わせでも企業側は一般面接と同じような所をチェックすると思いませんか?

面接の場合は、第一印象が大切だと言われています。派遣の顔合わせでも同じことが言えます。時と場所をわきまえた服装が出来ているか、清潔感はあるかなどを見られていることを理解し、相応しい服装で行きましょう。

面接を受けて不採用になるとこんなにも落ち込む

派遣の面接で不採用になると落ち込みますよね。私も、何社も不採用になって落ち込んで心が折れかけたことがありました。面接に落ちるのはこんなに辛い事なんだと思いました。

その時は離婚したばかりで、まだ小さい子供を連れて実家に戻りました。いずれ実家を出て子供と二人で暮らすことを考えていましたが、まずは仕事を決めてお金を貯めなければなりませんでした。

子供が小さいので、土日が休みの事務職に絞って仕事を探しました。事務職の給料は安かったですが、子供と二人ならなんとか暮らしていけると思いました。

子供がいることは不利になるかもしれないけど、すぐ決まると楽観視していました。何故なら私は今まで面接まで行けば落ちたことがなかったのです。アルバイトも就職の面接も落ちたことがなかったので、就職活動に時間がかかったことがありませんでした。

しかし、現実は甘くありませんでした。面接で落とされる会社が多く、仕事が決まるまで数か月掛かりました。今思えば大袈裟だったかもしれませんが、今まで面接に落ちたことのない私は、面接で落とされただけで心が折れそうでした。

それが立て続けに数社落とされると、立ち直れないと思うほど落ち込みました。とはいえ、今は無事に暮らしています。

派遣の面接で不採用になるって、よくある事なの?

派遣の面接で不採用になることはあります。面接以前の書類選考で落とされることも良くあります。書類選考で落とされることが多いから、顔合わせまで行けば合格も同然と思っている人が多いのかもしれませんね。

ちなみに、私は紹介してもらった仕事が立て続けに書類選考で落とされたこともありますし、派遣会社から紹介されて顔合わせに行った会社も少なくありません。

最近は、派遣で3社受けました。そのうち1社はすでに不採用になりましたが、書類選考の結果待ちと顔合わせの結果待ちがそれぞれ1社あります。

派遣で不採用になる原因は、緊張で自己PRが上手くできなかった・派遣先企業が求めているスキルや人物像と合致していない・派遣先企業との相性が悪かったなどが考えられると思います。派遣でも不採用になったら、不採用にあった理由を考え、次に生かせるようにしましょう。

私が先日顔合わせ後に不採用になった時は、担当者からの質問に簡潔に答えてしまったのですが、もっと相手に分かりやすくもう少し詳細に説明出来たらよかったかもと反省しました。

 - 職業・仕事